たらら~んとしたブログ

歌舞伎・演劇・映画などの感想やら、非日常な日常やら、たらら~んと書いてるブログ。
MENU

境線に「ネズミ男列車」が新登場!

漫画家・水木しげる先生の故郷、妖怪の住む街・境港に「ネズミ男列車」が新登場!(19日)
ネズミ男FANの私は、産経新聞で記事を発見して大喜び。新聞によると、鬼太郎と並ぶ
人気者と、ネズミ男のことを讃えてくれております。そうか、そうだったのか!!
鬼太郎グッズでよく見かけるのは、鬼太郎はおいといて、次点は「目玉の親爺」だったので
新聞の評価に嬉しくなりました。
ともあれ、「鬼太郎列車」に続いて、「ネズミ男列車」も走らせてくれるJR西日本・境線に感謝! 
絶対今年中に見に行くぞ!

ちなみに「鬼太郎列車」は4両あり、鬼太郎+妖怪ファミリーが描かれています。
93年に水木しげるロードが完成した際に、一緒に作られました。米子←→境港間を走って
おります。必ずこの列車に当たるとは限りませんが、私が境港を訪れた3~4度のうち、毎回
見られたので、行けばまず見られます。
0011aaa.jpg
↑これが鬼太郎列車。前回訪れた時に撮影。

000123ab.jpg
↑水木しげるロード。妖怪のブロンズ像が86体並んでいます。
その果てには「水木しげる記念館」があり、境港の人気スポットです。

0000124.jpg
↑ブロンズ像。メジャーに鬼太郎で。

境港は妖怪の街でもありますが、魚介も美味しいので旅行には最高です。
あと、水木しげるロードには、妖怪神社、妖怪パンの店、鬼太郎茶屋・・・と水木関係の
SHOPが集結しているので、水木さんFANなら一度は行くべし。私は第二の故郷だと思い
込んでいるくらい、境港が大好きです!
映画「妖怪大戦争」の舞台にもなりましたよね

sakaiminato2.gif
●詳しくは境港の観光HPを→http://www.sakaiminato.net/ (※ネズミ男列車も載ってます!)

いや~、「ネズミ男列車」が登場とは。本当に嬉しいサプライズでした。嬉しい~

banner_02.gif   にほんブログ村 演劇ブログへ

↑ポチッと、ブログランキング 検索にもどうぞ♪

スポンサーサイト

ズーラシアのX’mas  

入園ゲートと、ペンギン前がクリスマスデコレーションされ、ズーラシアでもいよいよ
クリスマスへのカウントダウンが始まりました。

よこはま動物園「ズーラシア」
交 通●JR横浜線「中山」駅、相鉄線「鶴ヶ峰」「三ツ境」駅下車。各駅からズーラシア
行きのバスで約15分。
入園料●大人600円、中人300円、小人200円。※毎週土曜日は小・中・高校生の入園
無料。要学生証。

【クリスマスイベント】
12/23~25 「クリスマス IN ズーラシア」動物たちに餌のプレゼント!
☆23日→ホッキョクグマ、ニホンザル、オカピ。
☆24日→ゾウ、かわうそ、メガネグマ。
☆25日→バク、ライオン、カンガルー。 ※時間等は要確認。 

☆12/24→ズーラシアブラスコンサート(ころこロッジ)※時間は要確認。

★管理人Aのお薦めスポット★
※写真をクリックすると大きな画像で見られます。
P101000200.jpg
↑やっぱり、ゾウさん。イブの日は、ゾウさんに餌をあげるチャンス!! 参加者には、
記念シールが配られるそうですよ!
P1010013.jpg
↑ホッキョクグマ。私のいちばんのお気に入りです。大きな体のしろくまさんがプールの中
で泳ぐ姿はとにかく可愛い! 目が離せなくなりますよ。 
私が行った日は、オレンジ色のボールで延々と遊んでいました。
P1010016.jpg
↑キンシコウ。なんだかラブラブなお猿さんでした。寒いし、くっついていたいのかな?
P1010019.jpg
↑ズーラシアといえば、オカピ。シマウマとキリンを混ぜた感じの不思議な動物です。
P1010018.jpg
↑ズーラシアは植物園のようでもあり、四季の木々も楽しめます。紅葉が綺麗でした。
P1010004.jpg
↑クリスマスデコレーション。天然のクリスマスツリーは素敵です。
P1010003.jpg
↑オマケ。どの子の餌かは不明ですが、歩いていたら鮭?の干物のようなものを発見。
餌をこうやって準備しているのですね。初めて見つけたのでビックリしました。

あと、只今ズーラシアでは「ヤブイヌの五つ子ちゃん」が大人気です。夏に生まれた5匹の
子犬たちが仲良く遊ぶ姿はほんとうに可愛いです♪ 11月2日から公開されました。
チェックをお忘れなく!

・・・というわけで、動物園でクリスマス。今年のプランにいかがですか?


●お気に召したらポチッとどうぞ。↓

banner_02.gif

このカテゴリーに該当する記事はありません。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。