たらら~んとしたブログ

歌舞伎・演劇・映画などの感想やら、非日常な日常やら、たらら~んと書いてるブログ。
MENU

騒音歌舞伎「ボクの四谷怪談」

初日観劇。

戯曲「ボクの四谷怪談」-橋本治~、すばる 2012年 10月号に掲載。



橋本治は「桃尻娘」だけじゃない!

スポンサーサイト

魔法の万年筆 5/14

※超ネタバレ注意

前回が「ヴァージニア・ウルフ~」だったせいもあり、約1年ぶりの吾郎さんの
舞台「魔法の万年筆」は、ひじょうにガッカリな内容だった。一言で言います
と、面白くないのである。なんで翻訳劇風にしたのかさえ、意味がわからない!
まあ、翻訳劇風にした方が、ファンタジックな雰囲気になるからでしょうが……。

ラッパ屋主宰の鈴木聡とは「謎の下宿人」以来のタッグなわけです。正直、私に
は「謎の下宿人」もそれほど面白くなかったので、今回は予想通りに駄目な感じ。
そうなんです。今回は芝居自体はまるで期待してなかった。PARCO劇場とい
う小さな劇場空間で、喜怒哀楽を表現する稲垣吾郎を近くで観たい! それが、
私の目的であり、うっかり面白かったら儲けモノみたいな気持ちだったのです。
だから、別に凹むとかはなく。やっぱりな~でした。こればかりは趣味もあるし、
好きな人は好きなのかもしれない。私にピンとこないだけかもなので、これか
ら観に行く方は、私の感想などは気にせず劇場へ行って下さい。

鈴木聡の戯曲はイマイチ面白くないけれど、”温かさ”がある。根底に人が好きと
いう作家の人柄が滲み出ている。そこが私の鈴木戯曲を褒める?時の一番の美点
です。人間を描く時に、やはり作家性というものが出ると思うのです。三谷さん
は愚者への愛、駄目人間讃歌なテイスト。これはご自身を見ていてもよくわかる。
鈴木さんは”憎めない人”が好きなんだろう。人としてどうかなという短所は
あっても、憎めない。許せちゃう。そういう人間を描くのはとても上手いと思う。
ただ、話が凡庸でつまらないのです。今回は吾郎ちゃんの舞台を「夜曲」以外は
全部観ている私が観て、最もつまらない舞台だった。

「魔法の万年筆」タイトル通り万年筆という小物を使った、小物回しという手法
を使った物語です。主役は万年筆です。吾郎演じるパーカーは、デパートで万年
筆を販売していたデルタに一目惚れ。彼女が選んでくれた「とても書き易い万年
筆」が、パーカーに幸運をもたらし新進気鋭の小説家として開花する。そこに
現れるアメリカで支持される文豪モンブランと、その行き遅れの娘・セーラー。
パーカーは、愛するデルタよりも、地位と財産に目が眩みセーラーを選ぶ。
・・・よくあるお話です。結局、地位と財産は手に入れても幸せにはなれず、挙句
万年筆は紛失してしまう。今度はその幸運(文の才能)をもたらす「魔法の万年筆」
と財産を巡って、セーラー兄、亡霊モンブラン、愛人ぺリカーノなどが争い始め…。
最後、パーカーは「地位や財産よりも、身の丈にあった幸せな愛の生活」がいい
と目を覚ますのですが・・・不幸に終わってしまうというオチ。
なんだかもう話はつまらない。ところどころの小ネタで笑うだけです。
吾郎さんや、小林隆、山崎一など好きな役者が出ているから耐えられましたが、
そうでなければ爆睡したかもしれません(笑)

・・・と酷評ですが、楽しく観ました。なにしろ、吾郎さんが愛らしいのです。
優柔不断で、女好きで…でも憎めないという稲垣吾郎にぴったりな役だったし
吾郎さんが泣いたり、笑ったり、狼狽したりする姿はどうにもチャーミング
山崎一のモンブランパパも可愛かったし、河原雅彦の父の愛に飢えた馬鹿な
兄貴もグーだった。は~、しかしせっかく使える役者を揃えたのに、戯曲がこれ
じゃなぁ~。至極もったいない。なんちゃって翻訳劇。ちょっとシニカルな人間
喜悲劇……。すんごく軽い。なにも伝わるものがない。観た後に何も残らない。
残るのは、吾郎さんのチャーミングさだけ。まあ、たまにはこういうこともある
ね~。「コンフィダント」「薮原検校」の後に観たのも悪かったな(笑)

今日は、PARCO劇場に勘太郎くんも観に来てましたよ。

いろいろ観てます。

『橋を渡ったら泣け』『三月大歌舞伎・昼/夜』『四月大歌舞伎・昼/夜』『末広亭』
『ヘドウィグ・アンド・アングリーインチ/ツアーFINAL』『コンフィダント・絆』・・・。 

舞台も落語もこちょこちょ観てます。映画は『ホリディ』を最近観ました
まったく感想などはUPしていませんが、ちょこっとだけ感想を書いておきます。

ヘドウィグの大千穐楽は10列目での観劇。アンコールに2曲「アングリーインチ」と
「The 0rigin of love」を歌ってくれました。感想は散々書いたから省きますが、
本当に14㎝ヒールでお疲れ様って感じで、ただそれだけでした。「皆さんの一生分
のお酒を飲もうと思います!」と最後に言ってたので、是非そうしてください。って、
そうしただろうと容易に想像できる。

四月歌舞伎座は、男女道成寺と魚屋宗五郎がイイ!! また来週観に行くので、時間
があればちゃんと感想書きたいです。

「コンフィダント・絆」は、ほんとうに面白い。今年に入って、いろいろ観ましたが、
上半期NO1は決定だと思われます。三谷さんの脚本は良いですねー。役者陣もいい。
なんで、これ2回分くらいチケット取らなかったのだろう。もう一度観たい~~と、
久々に思った舞台です。感想は書けたらゆっくり書きたいのですが、まだ始まって
間もないですし、面白い舞台は「面白かった」だけでいいからなー。満足。満足。

「ホリディ」も良かったです。ラストあたりのジュード・ロウの可愛さはなに!!
この映画は30~40歳くらいの独身・働きマンに大いなる夢を与えてくれますよ。
「ブリジット・ジョーンズの日記」みたいな夢物語なんですが、いい夢見たな~~。
私も5月にいよいよ「ホリディ」で海外行きますけど、あんな出会いはありえない(笑)
ジュード演じたグラハム並みのイケメンに遭遇するのはまずないし、ジャック・
ブラック演じたマイルズのような、見た目は三枚目のおデブちゃんでも才能溢れる男
もそうそういません。ただのデブならいるだろうけども(笑) 
グラハム、イケメンだけど×1の子連れなのよね。でも、奥さんとは死別というのも
上手いな~。脚本上手い!! 

最近はとりあえず大ハズレがないので、観劇方面充実しております。

  

【大阪】ヘドウィグ・アンド・アングリーインチ 3/23

大阪観光+ヘドウィグ観劇をしてきました。

大阪はノリがいいと聞いていましたが、1曲目から総立ちで盛り上がっていました……
と、思う。今回ありがたいことに良席だったので、客の空気とか興奮とか見えない位置
だったんですよ。山本ヘドウィグを観るのもあと2回(この日と大楽)なので、じっくり
観ておこうというのもあって、周囲はどうでもいい。

ですが、23日はたぶん不調で、綺麗に流れる筈の涙も見れず、歌も東京とは違った
つらそうな感じで、良い意味でも悪い意味でも『ボロボロなヘドウィグ』でした。
イツハクの中さんは、とても良くなっていて、これで万全体調な山本さんだったら、
今回のツアーNO.1のステージが見れたのになぁと思うと、ちょっと残念でした……。
舞台はナマモノだから仕方がないですねー。感想は前回の総評と一緒です。トミーへの
愛を謳いあげる山本ヘドウィグです。

私は何度も行ってはいますが、山本さんFANではないのです。ゆえに、今回は歌が
生で聴けてよかったな~くらいで、ジョン様のヘドがやはり好きみたいです。
そして、他の演者&演出のヘドウィグが見てみたいという気持ちが高まっています。
ヘドウィグ・アンド・アングリーインチは、ミュージカル嫌いの私が「オペラ座の怪人」、
「CATS」、「シカゴ」、「ロッキーホラーショウ」に並んで、演目だけで喰い付く
ものになりました。だからね、いろんな国の、いろんな人のヘドウィグが観たいです……。
来日公演とかないのかな~。全編英語でいいから!! (→字幕付で)

ちょこっとだけ、感想でした。
山本ヘドウィグ、歌がいいのでCDになるといいな~。英語も聴きやすいし・・・。

banner_02.gif   にほんブログ村 演劇ブログへ

↑ポチっと、ブログランキング 検索にもどうぞ!

ヘドウィグ・アンド・アングリーインチ (千穐楽)

ヘドウィグ千穐楽のレポを書こうかと思っていたら、忙しくてもう10日ですよ!!

千穐楽、カーテンコールで「The 0rigin of love」を歌ってくれましたよ。
明日はないので、大熱唱の山本ヘドウィグでした。無事に楽が来てよかったね。
満身創痍でギリギリっぽかったですが、役者は舞台に立つと気力でなんとかなるも
のですね。すごいなー。役者ならできて当たり前なんですが、それでも感心してしまう。
それは勘太郎の膝も一緒。

私はもう悟りました。

今回の山本ヘドウィグは、たぶんですが、「瑞々しいヘドウィグ」であるのと同時に、
「愛の人、ヘドウィグ」がいちばん伝えたかったことなんだと思います。
『The 0rigin of love』をいちばん好きだといい、『裏切られてもボクは人が好き』と
言う山本ヘドウィグの解釈ですから。人間愛に溢れ、周囲の人を決して憎まない愛
のかたまり・山本ヘドウィグ。

どうして、最後(暗転前)、山本ヘドウィグはトミーのいる方向を見つめているのか。
それは、トミーに裏切られても、愛する気持ちは変わらない。ぼやくことはあっても
恨まない。そういう意味なんじゃないかしら?
だから、アングリーインチ(バンド)もイツハクも虐げないのかな~って。
ドラァグに戻ったイツハクに、自分の口紅を塗ってあげるのも、そういう愛の表れで、
イツハクの未来が幸せであるようにと祈っている。
もちろん、隣に自分が寄り添うことはないトミーの未来も幸せであるようにと祈って
いる・・・そういう山本ヘドウィグなのではないかな?

はじめに歌うWicked Little Townでの、トミーを愛するその純粋で、初々しくも見え
る様子とかを見ても、そうとしか私には思えない。

はー、やっとスッキリした。

歌舞伎町に舞い降りた愛の天使・ヘドウィグっていうことで、今回の公演については
纏めておきます。ヘドウィグは、あと大阪で1回、厚生年金千穐楽で1回見ますよ!
なんだろう、コレ。ヘドウィグ好きなのね、私。
大阪は南座のついでですけども・・・。

banner_02.gif   にほんブログ村 演劇ブログへ

↑ポチっと、ブログランキング 検索にもどうぞ!

このカテゴリーに該当する記事はありません。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。