たらら~んとしたブログ

歌舞伎・演劇・映画などの感想やら、非日常な日常やら、たらら~んと書いてるブログ。
MENU

五月大歌舞伎

今日は急遽、耐えかねて歌舞伎座・昼の部に行って来ました。三階席からですが、
どうしてももう一度「車引」が見たかったんですよ~。
いや~、良かった車引。今日は何故だか泣けちゃったわ。勘太郎ちゃんの梅王丸は、
なんとなく彼の将来性が垣間見える感じで頼もしかった。七之助もすごく頑張ってる。
声が腹から出せないと、パパに散々怒られていたのが嘘みたいに、三階席まではっきり
と台詞が聞こえて感動しました。
それに付き合ってくれた海老蔵様。海老様は居るだけで華やかだし、存在感があるので、
中村屋兄弟だけでは、浅草歌舞伎にようになっちゃうところが、大歌舞伎にまで
押し上げてくれるので有り難いですよ。海老様が浅草に出てくれたらな~。

そうそう、今日は荒川良々君を見かけました。
あと、本日の桟敷席は銀座の高級クラブ・グレの総見となっておりました。綺麗~。
涼やかな夏着物のホステス様たちが並んでいましたよ。美人です。
女優以上に美人さんもいました。グレのママは有名ですよね~。光安さんとかいう。
今は、お雇いママを置いてるらしいですが・・・。

そう。今月は結局、三度、歌舞伎座に足を運びました。

昼の部×2回。夜の部×1回。

昼の部は、車引、芋掘長者、芝居前、髪結新三です。
芝居前は口上がわりの演目で、両花道に歌舞伎役者(幹部俳優)勢ぞろい。
華やかだったですね~。
新三は勘三郎さんが素敵でね。惚れ直しましたよ。
(感想は今回書きません・・・)

夜の部は、義経千本桜(四の切)、鷺娘、研辰の討たれ。
鷺娘は、すごく綺麗でした~。
久しぶりに踊りで凄く感動しました。
まさにバレエの瀕死の白鳥のようです! 最後に痛めつけられて、死んでいく感じの
演出は、ほんとうにアンナ・パブロア(だった筈)の瀕死~から盗んだらしいですが。
雪が降る中で踊る玉三郎さんは、錦絵以上の美しさ・・・。
は~。本当に鷺娘は良かった!! 
演出からなにから素晴らしくて、もう一度見たいくらいです。

研辰も面白かった~。また大阪で観るので感想はその時に書きますね。
野田さんはやっぱりスゴイです。


banner_02.gif


スポンサーサイト

函館五稜郭祭り

函館に行って来ました~。

お花見と、五稜郭祭りが目的の2泊3日(13~15日)。
なにをしているんだろう? 歴史上の人物・土方歳三、伊庭八郎に惚れ込んでしまった
せいで、ついに函館まで行ってしまうなんて!!

同行は歌舞伎好きメイトのお友達でした。
彼女は新選組や史実の土方さんにはあまり興味がないのですが、昨年の大河ドラマ・
新選組!の山本土方(耕史くん)には夢中なので一緒に行きました~(笑)

初めて見た&行った五稜郭。タワーから見るのですが、ほんとうに星型なんですね!!
当たり前なのに感動しましたよ。そして、五稜郭内も散歩しましたが、サクラが綺麗で
良かったです。今年は東京で花見が出来なかったので、一ヶ月遅れに函館でお花見。
なんか贅沢ですわ~。一度、南から北までサクラ前線に合わせて、旅を続けてみたい
んですよね。家に戻らず延々と国内旅行というのをやってみたいです。当分は叶わぬ夢
ですけれどもね。

そして、資料館。(函館博物館の分館です)
伊庭八郎の迷子札に、切なくなってみたり。伊庭は心形刀流・伊庭道場の跡取り息子で、
いわゆる武家のお坊ちゃんなのに、なんで函館まで来ちゃったかな~。幕末遊撃隊。
隻腕の美剣士・伊庭。最後まで幕臣である誇りを棄てなかったんですよね~。男前です。
五稜郭で販売している資料に、伊庭の写真も載っているのですが、可愛い顔してます。
いわゆる、イケ面です。その上、男らしいなんてやっぱり素敵!!

土方さんも大好きなんですが、彼の美貌については今更、私が書き綴らなくても、
皆様の知るところですので・・・。タワーの銅像と一緒に記念写真撮りました。

そして、五稜郭祭り関連イベント。
山本耕史くんは洋装の土方の格好をしてくれるのかと思っていましたが、私服でしたよ。
あ~、肌が綺麗。真っ白。そして、可愛い、かっこいい。
生で見る彼は本当に可愛かったです。私が見たのは碧血碑と、土方歳三最後の地碑での
碑前祭+ちょこっとだけですが土方歳三コンテストです。
翌日のパレードは雨天で中止でしたが、函館は真冬のように寒かったので中止で良かった
気がしました。(なんで、観光いっぱいしました)

あちこち見ましたよ。函館は、神戸や、横浜に似ています。教会とか素敵でした~。
魚介というか、ウニ・イクラ関係は時期じゃないので、うちの近所の築地市場の方が
美味しかったです。でも、せっかくですのでお薦めのレストランを一つだけ紹介!!

バル・レストラン ラ コンチャ(住所/函館市末広町14-6)
私はスペイン料理が大好きなんですが、都内で何軒か行きましたが当たった試しが
ありません(涙) なんで、函館のこの店が今のところ私のBEST OF スペイン料理店。
カウンターがスペインのバル風になっていて、そこではバルのように立って飲んだり
食べたりできるようになっていました。
レストランはこじんまりしていましたが、奥にも素敵なお部屋が・・・!!
ともあれ、美味しかったです。砂肝とか、豚肉のリヨンとか美味だった(涙) 
サングリアも本当に美味しかったわ。(サングリアの美味しい店っていうのも、滅多に
ないんですよ)また行きたいな~。都内でのお薦め店も尋ねてきたので、そこにも行きたい
のですが、小笠原伯爵邸(新宿)はめっちゃ高そうなのでした。でも、美味しそうなの。
いつかなんかの記念日に行こう~。

長くなってしまうので、旅行報告はこの辺で。函館。素敵だったので、また行きたいです。
今度はレンタカー借りて、函館戦争ツアーにします。湯の川温泉にも泊まりたいな♪


●お気に召したらポチッとどうぞ。↓

banner_02.gif



交渉人真下正義/イン・ザ・プール

★★★★★★☆☆☆☆☆☆交渉人真下正義 ★本日鑑賞

まず、踊る大捜査線シリーズ最新作は、ファンなら楽しめるエンターテインメントです。
私は大満足ですよ!! 地下鉄を舞台にしたパニック映画を日本で撮れるなんてな~。
(↑感動中)
本当に面白かった。ちゃんとドキドキワクワク、最後まで良い緊張感を持って観れ
ましたよ~。ネタバレになるから多くは語らないですが、好きな人は是非行くべし! 
是非、DVDじゃなく映画館で。

個人的に寺島進が演じた刑事が超好きですね。あんな刑事に逮捕されたい!!

あと、私が最近こっそりPUSHしている『ヨーロッパ企画』の面々が脇役でいっぱい
出ているのも面白かったです。多分、ヨロキカなんてまだ関西以外ではメジャーじゃない
んですが、好きな人はそういう楽しみもあっていいですよ。相変わらず遊びはいっぱい。
本広監督が次に撮る映画「サマータイムマシン・ブルース」が彼らの芝居を映画化する
ものなんで、その関係で出ていたと思うんですが・・・。
あと、「マエストロ西村雅彦」も懐かしく嬉しい出演じゃないかな~??

ちょっと残念なのは、脚本かな~。君塚さんに書いて欲しかった。

★★★★★★☆☆☆☆☆☆イン・ザ・プール舞台挨拶付試写会

今日は夕方、読売ホール(東京/有楽町)でもう1本観ました。

「イン・ザ・プール」は三木聡脚本・監督という時点で、私が好きなのは間違い
なかったんですが、期待以上に面白かったですよ(涙) 
やっぱり、好きです。三木さん。あのぬる~い笑いのセンスや、
言葉の遊び方が秀逸だよ。
未だに衰えてないですよ!!

私は長年「CITYBOYS」が好きなんですが、その黄金期というかいちばん面白かった
頃の構成作家が、三木さんなんですよ。(「ごっつええ感じ」とかもやっています。)
あの頃のCITYBOYSが好きだった人には、あの感覚がある映画ってだけで楽しい
んじゃないかな~。
個人的には昔の方がもっと危うくて良かったような気もするけど、人間は年をとると
丸くなるので、そのあたりは少し差し引いて下さい。

あ~ん、面白かった。とくにオダジョーFANは必見ですよ。持続性勃起症のオダギリ。
とにかく勃ちっぱなし(笑) モザイクというか黒丸処理のオダギリさんなんて、
他では観られませんよね(笑) 素敵すぎる。

松尾さんも素敵でしたよ♪(舞台挨拶も三木さん&松尾さんでぬる~いトークをしてくれて
楽しかったです。特別ゲストは小池栄子ちゃんでした。でかかった。)


●お気に召したらポチッとどうぞ。↓

banner_02.gif



最近見た映画① 阿修羅城の瞳/ブリジッド~2

まず、舞台「青髑髏」を観に行った時に、オマケの「恋する手鏡」が欲しくてうっかり前売りを
買った『阿修羅城の瞳』。これは、一言で言うとウンコ映画です。
新感線の舞台はあんなに面白かったのに、映画になると駄目っていう・・・。
宮沢りえちゃんは年は隠せないけどキレイだし、染五郎さんもカッコイイのですが、
内容が微妙すぎる。
やっぱり、演劇は映画以上に荒唐無稽な設定が多いから、リアルさからかけ離れ
過ぎてしまうのかも・・・。舞台だとアリなことでも、映像だと駄目なんだな~と学びました。

またCG関係+アクションがかなり萎えます。鬼の血とか蛍光グリーンなんですよ。
グレムリンみたい。
日本映画なだけにB級っぽくなるし、B級っていうには中途半端なのよね~(涙)
2時間の映画なんですが、お尻が痛くなる感じ。たった2時間なのに苦痛。

正直、あの監督が映画を駄目にした感じも強かった。カメラワークとか最悪な箇所が
いっぱいありますよ。なんだろーね。編集が悪いのか?
久々に大ハズレな映画に当たり、これはこれで良い気分です。

あとね、邪空がまったく魅力なかったのも残念。渡部篤郎さんは好きなんですが、
この渡部さんはイマイチ。舞台で古田新太さんがやった邪空が良かっただけに、すごく
がっかりしました。せっかくの良いキャラクターがあそこまで薄くなってるのも
この映画の酷さを・・・もう言いません。あ、でもラブシーンはキレイで良かったです!

★★★★★★☆☆☆☆☆☆

次は、RUSHの入浴剤が付くというので買った前売り券の『ブリジッド・ジョーンズの日記2』。

これは私が丁度ターゲット層の映画です。30代前半・独身・外見もぱっとしない。
巷に溢れているそのような女性のためのファンタジー映画です。
思いっきりファンタジー!!
だって、ブリジッドは33歳で美人でもなく、無駄な贅肉をたわわにつけたデカパン女
なんですよ。なんで、そんな女をかつてはイギリス美青年俳優として名を馳せた素敵な
ヒュー様や、金持ち弁護士でかつ素敵なコリン・ファースがチヤホヤするのか?? 
しかも、結婚まで!! ありえません!! まったくどこにもリアルさがありません!!

ブリジッドはチャーミングではありますが、常識も欠如してるし、ドジではすまないことも
沢山しちゃう。だから、性格美人とも言い難いんです。
なのにモテまくる。ファンタジーだなぁ。

どこにでもいる駄目女性が主人公ということで、世界中で共感を生んでいるようですが、
あんなんどこにでもいませんよ! どこにでもいるのはルックスだけで、普通はあんな
イイ男たちに愛されませんから。体だけでも求められませんから(笑)
実際近くにブリジッドのような女性がいたら、間違いなく職場いじめに遭います。
女性って美人が幸せになるのは僻みませんが、自分とたいして変わらなかったり、
自分より劣ると思っている女性が幸せになるとすごーく僻みますからね。何故かね・・・。

ともあれ、デブ専男の憐れさ、面白さを描いた作品と言うなら納得なんですけれども(笑)
とてもファンタジーでした。

しかし、BGMに使用されてる曲は良かったし、笑えるし、観ていて楽しい映画でした♪
前作よりは毒気が足りないですが、今回は人が羨むような位置にいるブリジッドだから
それはそれで丁度いいのかも。だって、弁護士夫人・・・。
なんだかんだ言って楽しんで、後味もよく映画館を出れたので、こっちはお薦めかな?
それと、レニー・セルヴィガーは大好きです♪ コールド・マウンテンとか良かったですよね?


●お気に召したらポチッとどうぞ。↓

banner_02.gif


5月6日ザ・ワイド~中村屋の絆~

本日、「ザ・ワイド」で中村勘三郎密着~さらば、勘九郎~がありました。
(20分くらい?)
お友達がメールで教えてくれたので録画して出かけて、夜中に見ました(涙)
襲名映像あり、独占インタビューありで、これがなかなかよかったんですよ!!
過去VTRもあれこれ。勘三郎さんの結婚記者会見なんて初めて見た気がします。(たぶん)
当時の好江さん、可愛い!(→今はお美しいですv) 浮気されたら「悲しいです」って! 
それと、何度見ても可愛い二人桃太郎の勘太郎*七之助。
楽屋インタビューで、インタビュアーに「舞台の台詞を可愛いからやって」とリクエスト
され、ちっちゃな七之助が「やだ」って言うと、同じくちっちゃな勘太郎が「やってって
言ったら、やりなさい」ってお兄ちゃんらしく窘めるのです。
可愛すぎ。可愛すぎ。本当にお兄ちゃんなのよ! そうやって、ずっと七之助の世話を
焼き続けて今に到るのですね。 

ちゃんと、七之助くんの事件についてもパパが語ってくれました。
小松成美著の「さらば、勘九郎」ベース。
これは良い本ですよ。私は電車の中で読んで、うっかり泣きましたから(笑)
逮捕後、はじめて家族が揃った時、勘太郎が「あっ、手錠がまぶしい。あ、犯罪者。現場
行こう、現場行けば思い出すよ」という過激なギャグをやって、波野家の空気が戻った
っていうエピソード。
それを流してくれてよかったな~と。いや、中村屋さんのイメージをよくしたいわけじゃ
ないですが、勘太郎なりの弟への気遣いに私は泣くほど感動したので、世間の皆さんにも
知って欲しかったんで……。
本はきっとファンしか買いませんから。

パパは、「神様からの試練」と言っております。そして、今、七之助が酒断ちをしている
という話をしてくれました。千秋楽すら飲んでいないようです。
記憶がなくなったのが怖いらしくて……。たしかに、私もかなり若い頃、飲みすぎて
記憶失って怖くなって以来、お酒が本当に飲めなくなりましたからね(笑) 
未だに飲んでもカクテル系1~2杯までです。
いつまで続くかわかりませんが、酒を飲まない歌舞伎役者になったら、ストイックでいい
じゃないですかね。(※七之助くんは、飲むけどアルコールに弱いのは本当らしい)

先週の木曜日(26日)、中村屋さん一家は和歌山の道成寺に行ったそうです。
(福助丈の映画・娘道成寺でも使われたお寺さん)
33年に一度、観音さまを開くということで、お参りに行ったらしいのですが。
四月の演目が道成寺だったので、そのお礼報告。そしたら、お寺の住職さんが「33年に
一度公開される千手観音を、大事な人と見ると33年後も再び一緒に見られる」と教えて
くれたそうで・・・。またみんなと(33年後に)絶対行かなきゃと思ったそうです。
家族四人でね。
その時、パパは83歳ですが、勘三郎パパなら富十郎さんくらい元気にやっていそう
だから叶うんじゃないかな~。私も33年後行ってみたいな。(私は死んでそうな気も
しますが・・・)

は~、いいインタビューを撮ってくれてありがとう!!

もう、五月大歌舞伎は始まっております。野田版・研辰の討たれ。チケットはほんとうに
入手困難になっちゃったようですが、私は11日見に行きます♪ 関西の方でしたら
七月の松竹座(大阪)でも見れますよ~~。私も大阪まで出張します!
襲名興行は全部見たいんです。


●お気に召したらポチッとどうぞ。↓

banner_02.gif



該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。