たらら~んとしたブログ

歌舞伎・演劇・映画などの感想やら、非日常な日常やら、たらら~んと書いてるブログ。
MENU

コクーン歌舞伎~桜姫東文章~

200511262321000.jpg

目から鱗な「桜姫」でした。串田さんはスゴイ人だ!! 桜姫は通しで1回、去年の玉三郎
さんので後編だけ1回観ていまして、映像でも何度も観て、もちろん大好きな四世南北の
戯曲ということもあり、自分なりに色々と解釈していたのですが、串田演出を見て全てが
クリアになった気がしました。
歌舞伎の評論とか正しい解釈らしき本を読むよりも、これを一度観れば全てが明快になる。
そうか、そうか、そうだったのか!って感じで、今夜はすっきりしたし、とても幸せな
観劇でした。

私はたぶん自他ともに認める江戸川乱歩ファンですが、南北は歌舞伎に興味を持つ前から
無闇に惹かれた戯曲家だったんですよね。どうして、あんなに惹かれたのか・・・それも
今日でわかりましたよ。世界観が同じだからですよね。朧気にそうだろうと思ってはいました
が、間違いなくそうでした。今回のコクーン歌舞伎は見世物小屋風なんですよね。
考えてみれば桜姫は左手が開かないというお姫様。不具者なんです。しかも、開いたと
思ったら香箱がそこに・・・。
確かに見世物チック。こんな着眼点もあったのね~と、そこから感心しちゃいました。
見世物やら片輪者といえば、連想されるのはやっぱり乱歩ですし、う~ん、こんなに
わかりやすいことに、なんで今まで気付かなかったのか!
グロテスクだったり、荒唐無稽だったり、頽廃美だったり、南北の特色は本当に乱歩世界と
リンクします。というよりも、乱歩先生は歌舞伎も好きだったから、南北の影響を受けて
いるんでしょうね。
いや、当たり前なことでも実感するのと、しないとでは大きく違いました。

そんな話はここまでにして、桜姫。本当に面白かったですよ。勘太郎も七之助も頑張って
いました♪ なにより福助さんの桜姫が予想以上に良かった。橋之助さんの清玄も!! 
今回勘三郎パパがいないコクーン歌舞伎ということで、盛り上がりにかけたらどうしよう?
なんて少々心配していたのですが、いなくてもぜんぜんいいじゃない。むしろ、たまには
いないのもイイ!って感じでした。
きっと、勘三郎パパはこの自分不在のコクーン歌舞伎を観て歯噛みしたに違いない(ニヤリ)
絶対、出たかったな~と思うはず。
舞台美術も、演出も本当に面白かったですよ! 本水使っての雨のシーンは綺麗でしたし、
最後の桜の中で狂う桜姫も綺麗で、泣きそうになるほど切なかった。最後、狂ってるという
演出はいいですよ。わかりやすい。様式美で見せるLASTより、桜姫の物語の完結はこっち
の方がいいな~と思いました。

今回、襲名興行のツケが回って1度しか観れないことが口惜しくてなりません。
もう一度、串田さんの解釈を確認しながらじっくり観たい。DVDにならんかな~~。
スカパーで放映でもいいから!!!こうなるとですね、納涼歌舞伎の法界坊はやっぱり二回は
観ないとまた後悔しそうですよ・・・。(→初演を見ていないので)

あと、筋書きで松尾スズキさんが面白いことを書いてました。歌舞伎の見得とか、わけの
わからん奇声や掛け声は江戸時代の観客が弁当食ったり、興味がない場面は寝たり、私語
したりと観劇態度が自由だったから、彼らの目を惹き付ける為に、言わば目立つために
考案したのではないかという仮説。確かにそれはアリかも。チョンチョンチョン・・・と
入る柝の音も「はい注目」って感じですし。
歌舞伎は眠くなる時もあって、私もたまに寝ますがチョンと鳴ると目が開いて、観ると名場面
というか見所なのが多いですしね。なるほど、なるほど。見得もそういう感じで始まった
のかもしれないな~と、松尾さんの仮説に納得してみたわけです。

やっぱり、歌舞伎は私にはまだまだ面白い。未知の世界であと30年は初心者気分で楽しめ
そうなのが嬉しい世界です。来月は松竹座、蜷川演出の「十二夜」も観るのでますます
嵌るんだろうな~と未だにドキドキ致します。あ~、今夜は幸せだった。


●お気に召したらポチッとどうぞ。↓

banner_02.gif


スポンサーサイト

砂の器~デジタルリマスター版~

これだけは観たいと思っていた「砂の器」デジタルリマスター版を観て来ました。
亡くなってしまった野村芳太郎監督の名作です。脚本も橋本忍+山田洋次と良い感じです。
私、橋本さんの脚本が好きで昔よく読みました。「砂の器」はとくに好きで、原作も何度も
読んでいるし、DVDでも何度も観ています。でも、公開されたのが74年で、まだ私
が赤ちゃんの頃だったから、劇場では観たことがなかったんですよ。当たり前ですが・・・。
やはり、いい映画は映画館で観たい。できれば大きなスクリーン+音響のいいところで!!
これがついに叶ったわけで、東劇さんというか、松竹ありがとう~~!!
いい映画は何度観てもいいし、いろいろ考えさせられます。
「砂の器」は今でも古くないテーマですし、もっと若い子にも観て欲しいな~。
(中居くんの砂の器はあまり好きじゃないんですよ。かっこよかったけれども・・・。
お父さんの設定とか??だったし)

しかし、何度も観てるのに何度も同じところから泣けてしまうものですね。
久しぶりに観たから??
主人公の和賀英良が演奏&指揮する「宿命」というテーマ曲に合わせて始まる長い長い
回想シーン。あの回想じゅう泣けるんですよ。加藤嘉が素晴らしすぎる。子役も!! 
お陰で今日は目がショボショボしてしまい、何も出来ません。
あと、この映画が素晴らしいのは日本の美しい景色が堪能できるところ。
もう見られない懐かしく美しい日本の風景。私の幼少時は近所でもまだギリギリ残って
いたのですが・・・。道路も舗装されてなかったし。
今は近代化しちゃって、味気ないビルや家が増えちゃって、日本らしい景色って遠出しない
と見られなくなっちゃったな。

脚本・音楽・役者・映像ほんとうにどれをとっても素晴らしいと思う「砂の器」。
映画館で観れて本当に良かった!! 来月も引き続き野村芳太郎監督の映画をいろいろ
やってくれるみたいでして、「鬼畜」「ゼロの焦点」「疑惑」は観に行きたいな~と思って
おります。松本清張も好きなんですよ!!

・・・と思っていましたが観に行けませんでした。(後日談)


●お気に召したらポチッとどうぞ。↓

banner_02.gif


コーラス

昨日は映画を観て来ました。『コーラス』というフランス映画なんですが、良かったです。
フランス映画は洒落ていて、映像・音楽は綺麗だけれどイマイチ展開がスローで退屈という
イメージがあるんですが、これは良かった!! いや、別にテンポがよくてハラハラ
ドキドキするような内容ではありませんけれども。泣ける。

池の底の住人とか呼ばれている、全寮制の問題児ばかり集まる学校に新しく赴任してきた
音楽家崩れのマチュー先生(ジェラール・ジュニョ)。先生は子供達に合唱を教えること
で、子供達に大切なものを取り戻してあげる・・・といったストーリーは、至極単純・
直球ストレートな感動モノなんですが、子供たちが可愛くてね! とくにフランスを始め、
世界じゅうで注目されている美声のモランジュ役の子(ジャン=パティスト・モニエ)が
良いですよ。あと、土曜日に家族が迎えにくることを信じて待ってるペピノ君がたまらん
可愛い。音楽(コーラス)も素晴らしかったし、癒される映画でした!
お薦めです。サントラも欲しいくらい。

たまに思うのですが、良い役者が一人出ているだけでぜんぜん違ってくる作品ってあり
ますよね~。「コーラス」では、マチュー先生(ジェラール・ジュニョ)がとにかく
素晴らしく、温かい感情を引き出してくれる感じ。最近すさみ気味だったたので(笑)、
我に返りました。映画中の美しいボーイソプラノと共に・・・。
ジェラール・ジュニョの代表作といえば「バティニュールおじさん」でしょうかね?
こちらは、ナチス支配下でユダヤ人の子供達をこっそり庇うおじさん役を好演してました。
そのイメージにも、この映画のマチューは近いかも。

あと、ジェラールに並んで、マクンサス(ジャン=ポール・ボネール)も良かったです。
敵役というか、嫌われ役の校長先生(フランソワ・ベルレアン)も良かったな~。

「リトルダンサー」や、「ニューシネマパラダイス」が好きな方には、お薦め。
似た感じの感動というか、匂いがします。

★★★★★★☆☆☆☆☆☆

これから公開される映画だと、お友達も薦めていた「皇帝ペンギン」が可愛いな~と
予告で悶えました。赤ちゃんペンギンとか、もう超可愛い。あと個人的に「妖怪大戦争」、
スカーレット・ヨハン(真珠の耳飾の少女)が出る新作で映像は最高に良さそうな
オスカー・ワイルド原作「理想の女」、今やってる「大いなる休暇」も絶対見たいな~。
ずっと忙しくて今年に入ってから、あまり映画を見れていないのが寂しいです。

***シネスイッチ銀座で見ました。


●お気に召したらポチッとどうぞ。↓

banner_02.gif


該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。