たらら~んとしたブログ

歌舞伎・演劇・映画などの感想やら、非日常な日常やら、たらら~んと書いてるブログ。
MENU

ドイツランド

200508281315000.jpg


ドイツランドにクマ友と行って来ました。
もちろん、お目当てはシュタイフコーナーというか、シュタイフ展です!!
シュタイフはテディベアFANでなくてもご存知の方が多い、有名なドイツのテディベア
カンパニー。最近では皇室の愛子様がご愛用ということでも話題になりました。

ともあれ、シュタイフ展。
すごく大規模で楽しかったです。シュタイフ社のTOYで作った動くジオラマのような
仕掛け展示がいっぱ~い。英国のオモチャのデパート・ハムレイズなどでも見かけました
が、いっぱい集結すると圧巻です。可愛かった~(涙)
ベアだけでなく、皇帝ペンギンや白熊などで作った南極ジオラマや、魚類のぬいぐるみ
で作ったアクアリウムまで、本当にいろいろありましたよ~。

シュタイフの歴史のコーナーでは、アンティークベアや、TOYがたくさん並べられて
いました。残念ながら、貴重なオークションベアなどはレプリカが多かったですが、
それでも揃うと圧巻です!!

画像でアップした今回の目玉? チャリティーベアたちも可愛かったです。
有名人のご協力をえて、写真の勘三郎ベアや、プリンセス天功ベア、アルフィーの高見沢
ベアなどを作りオークション! オークションはヤフオクでやっていましたが、どれも
高額で手が届きませんでした。
勘三郎ベアは密かに狙っていたんです(涙) 無理に決まってるけど狙うだけ・・・。
この元となったベアも限定数の少ない、このチャリティー企画用に作られたベアだそうで、
それだけでも希少です。グレーのカリーモヘアに、大きな黒い瞳。ベア自体も本当に
ラブリーでしたよ!! う~、欲しかった!!!
メリーソート中心のベアコレクターとしても有名な谷原章介さんのベアもありました。
谷原さんデザインの洋服を着たベアちゃん。
谷原さんは、ベア好き、英国好き、古典芸能好きと、私と趣味がほんとうによくかぶって
います。
なので理想の旦那様なんですが、谷原さんのような素敵な殿方は私の周囲5キロくらいを
見渡してもいないのでありました。

販売用のベアもいっぱいありました。
今回はマイセンベアが大安売り。15000円くらいになっていましたよ。
あと、日本限定のバースディベアが、証明書なしという難はありますが、1万円切って
おりました。お買い得!!
でも、私は今回はなにもお迎えせずに帰って来れました。奇跡的に。
あと少しで連れて帰りそうになった子もいたのですが、シュタイフは自粛中なので我慢。
どうしても、目が合ったり、抱っこしちゃうと連れて帰りたくなるのがベアの魔力ですよね?

写真をたくさん撮って来たんで、そのうちベアサイトの方にUPしたいのですが、忙しい
のでいつになることやら・・・(涙)

●お気に召したらポチッとどうぞ。↓

banner_02.gif



スポンサーサイト

和文化たしなみ講座 ~歌舞伎の魅力~

今日は優雅にフォーシーズン椿山荘でまったりした時間を過ごしてまいりました。
いいね、椿山荘! 貧しいからランチやアフタヌーンティーは出来ませんでしたが、1000円
もするアメリカンコーヒーは有り難く飲んできました。いいですよ、ティーサロンも♪ 
ピアノ生演奏とか昼間からやっています。は~、優雅だわ、優雅。

4season.jpg

庶民派の私が、なんでそんな高級ホテルに行ったかというと、本日は「和文化たしなみ講座
~歌舞伎の魅力~」だったんです。イヤホンガイドでお馴染みの塚田圭一さんの「納涼歌舞伎
ガイド」と、夏祭浪花鑑での好演も記憶に新しい笹野さん、歌舞伎界のプリンス・七之助くん
のトークショーが主な内容です。初心者向けの講座だったのですが、私は知識が万年不足
なので楽しく拝聴してきましたよ!! 

どんな内容だったか忘れないうちにレポしておきます。

塚田さんの講座については、納涼歌舞伎を観に行かない人にはどうでもいい内容なのでさくっ
と省きますが、歌舞伎の敷居は高くないってな話などをしてくれました。
で、お待ちかね、笹野&七之助トークショー。司会進行は塚田さんでございました。
ちゃんと書くと長くなるので、箇条書きに致します。

▼笹野さんが「歌舞伎役者は羨ましい。24時間芝居のことを考えていられる。こっちは生活
のこととか考えちゃうのにね」みたいな話を。それに対して七之助は「3歳からずっとこの
世界にいるから苦労してないです。お弟子さんたちはアンダーグラウンドで大変なんです。
アルバイトもしてるし。(僕たち)上の人間は楽なんですよね。でも、あまりそういう風に
言っちゃいけないですし、(恵まれてる分)頑張らないといけないなーと思います」

▼コクーン歌舞伎「盟三五大切」から歌舞伎に参加した笹野さん。最初は台詞回しに苦労した
とか。勘九郎さんに「違う、違う」と言われても、どう違うかわからなかった。でも、皆さん
とても優しくて、ちょっと怪我とかするとわーーって寄って来て。みんな色んな薬を持って
いるのだとか。歌舞伎役者は体が資本。皆さん、薬や病院には詳しいそうですよ。

▼七之助談によると、時代物より世話物の方が難しいのだとか。時代物は音で覚えればいい
けれど、世話物は音+気持ちが重要なので難しいのだそうです。
芝居に対してへんな固定観念もあって、これはやっちゃダメだ等思ってしまうけれど、
串田さんたち外部の人と歌舞伎をやってみて、そういう悪い部分を改善してくれるのが良い
そうです。(まだ未熟だから)気持ちが入らないで型ばかりに気を取られるけれど、
そのあたりを串田さんたちが柔らかくしてくれるのがいいってことみたいです。

歌舞伎はシーンが動いている時は、後ろの人はとにかくじっと目立たないようにしなければ
ならないのだけれど、串田さんたちの場合、後ろの人も芝居ができるから、皆イキイキする
そうですよ。とくに三階さんたちは「芝居がしたくて」入門したのに、とにかく押さえて
目立たないようにしなくてはならないから、串田演出の時などは「芝居がしたい」という
初心に返って張り切るんだとか・・・。

▼野田版研辰の客席と舞台の一体感は、昔の歌舞伎はこうだったという感じがしてイイ。
静かに見なきゃ、拍手はいつするの?等、そういうことに捉われず自由に楽しんでくれて
いる感じが嬉しいみたいです。歌舞伎は庶民の娯楽だったんだから・・・。

▼お父さんは厳しいと感じない。(七之助談) 
勘三郎さんは虚実皮膜のうちといった感じの人。誰々さんに捕まったことなどを「お縄になった」
とか普段から言っちゃう。(あんまり使わない日本語なので、感心するらしい) 
いろいろ感動したことが多いようで、笹野さんは熱く語っておりました。
勘九郎さんの後ろ姿に手を合わせたこともあるそうですよ!

↑ここで「お縄になる」のフレーズが気に入り何度か使った笹野さんは、七之助くんに
向かって、「君のことを言ってるんじゃないよ」とブラックギャグを(笑) 塚田さん
は「余計なこと言って…」とちょっと困ってましたが、七之助くんは余裕に笑って流して
ました。客も笑って、すっかり和やか。

▼役に入るというか、役が染み付いてしまうから、勘三郎さんはその時の役によって人柄も
変わるらしい。俊寛や佐倉義民伝の時は1度も怒らなかったってくらい優しいし、逆に
愚図六とかの気性の荒い役をやっている時は飲んで暴れたりするそうですよ。

▼笹野さんいい事言ってました! 浅草で法界坊をやった時は野分姫を勘太郎がやっていた
のですが、姫らしい扮装をしていなくても「姫さんだー♪」と感心したそうです。
そうかそうか、姫さんか(笑) あと、NY中村座の話になった時も「勘太郎くんが(今日
ここに)いなくてよかった。NYの話になると泣くんですよ」なんてことも!! 
大河の撮影のせいでNYに行けなかったことは、勘太郎くんにとって、かなり引きずる
ショッキングなことだったのね~。可愛い。※すみません、管理人Aは勘太郎贔屓です。

▼アメリカの「バラエティ」という雑誌の表紙に弥次喜多が! 映画もアメリカで公開される
ことが決定!! 七之助→「最近また長瀬くんと二人で話をしたんですけど、アメリカの人
にはあまり見せたくないよねって・・・。大事な部分を引っ張るところとかあるんで」
と。ちょっと愉快なネタも♪ 塚田さんはヤジキタの男同士のキスシーンが嫌だったらしく、
口を挟むと、七之助→「醜悪とかも言われましたねー。(キスシーン)、気分はよくない
ですけど、カット後に大笑いしました」
松尾スズキさんは、日本よりも、アメリカでの方が受けるのでは?と言ってるそうで、ぜひ、
評判とって「続編」ってな話を期待したいところであります。

トークショウは40分くらいだったかな~? そのあとは、ケーキバイキングTIMEを
挟んで、再び出演者によるお楽しみ抽選会。やっぱり、七之助のFANが多かったので、
七之助グッズが当たった人たちはかなり感極まっておりました。
ちなみに、この講座の料金は11500円です。高い!と思いました? でも、この講座は、
納涼歌舞伎「法界坊」の一等席チケットも付いているんです。チケット代が丁度11550円
なんで、このトークショー+講座+フォーシーズンのケーキバイキングは無料って話ですよ!!!
いや~、サンケイリビング様は太っ腹ですね。なんか今日は超得した気分でございます♪

なんだか、まともなレポにならず御免なさい。私の覚書です・・・。

●今日の七之助→ダークスーツ、黒い編上げ革靴

※八月納涼歌舞伎は三部とも観たのですが、多忙のため感想は書けませんでした。(追記)


***お気に召したらポチッとどうぞ。↓

banner_02.gif


該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。