たらら~んとしたブログ

歌舞伎・演劇・映画などの感想やら、非日常な日常やら、たらら~んと書いてるブログ。
MENU

ブログ開設1周年



ブログ始めて1周年になりました。

00013.jpg

早いもので、ブログを始めて1年が過ぎ行きました。といっても、最初の頃は月に3~5日
くらいしか書いていなくて、開店休業状態でしたが、去年の冬頃から日々更新を目標に、
たらら~んとやっております。
これからも、よろしくお願い致します。

ちなみに、ブログを始めた理由ですが、物覚えが悪い私の小さな脳味噌の中に記録しておき
たいことを、メモがわりに書いておこう! っていう可哀相な思い立ちです。
本当に忘れっぽいので、観劇感想などはまさにメモ。今日も「昨日の休みは何してたのー?」
と聞かれて、「え? なにしてたっけ??」と30秒くらい答えられなかったという(笑)
たんにボケてるって話もありますがね・・・。

そんな低機能の脳味噌を補うために始めたブログ。なるべく長く続けたいです。

★★★★★★☆☆☆☆☆☆

今日は久々に本気で寒い1日でした。真冬が戻ってきた
早く春らしい気候になって欲しいです。寒いのは超苦手。

そんな本日、BSジャパンで、水木しげる先生の特別番組「お父ちゃんの幸福論~水木サン
84歳の日々(仮)」が、3月18日(土)PM21:00~23:00に放映されるという情報が飛び込んで
参りました。・・・が、我家は見られない。鬼凹み。
内容は、水木先生の海外での取材旅行の映像をまとめたものに、水木伝説の日比野氏と、
我らが関東水木会会長の山口氏のインタビューと、水木、京極両先生&佐野史郎氏+α(南
伸坊氏か荒俣先生?)の鼎談、次女の悦子さんのエッセイを元に構成された「水木先生の日常」
紹介などです。テンコ盛りですよ!!

なのに、我家では映らない~~。世知辛いですな。っていうか、早くTV環境を整えろって
いうお話です。しかし、こんなに素晴らしい番組を地上波で流さないというのはイカンよ!!
何ヶ月遅れてもいいから流してくれ~~。(→魂の叫び)

私、管理人Aは幼稚園くらいからの水木FANなんです。ショボン。

banner_02.gif   にほんブログ村 演劇ブログへ↑ポチッと、ブログランキング 検索にもどうぞ!

スポンサーサイト

【千秋楽】ヨイショ!の神様

0y.jpg

本日千秋楽! 三階席からですが、二回目の観劇。
やっぱり、勘三郎&直美&柄本明はゴールデントリオだなぁ。
面白かった。二度目でも笑った。

さて、千秋楽のお楽しみですが、とくに芝居の上では特別なことはなかったと思います。
毎度アドリブが入っているので、今日だけっていうのはないんじゃないかと・・・。
カーテンコールだけ、3回ほどありました

二度目のカーテンコールで、演出のラサール石井が客席から舞台へ登場! 金子成人先生
も客席にいたようですが、上がっては来ませんでした。勘三郎さんが声はかけていましたが。
ラサールさんのコメントは、ウロ覚えですが「本当に有難うございました。またこのシリーズ
はやっていくと思います。柄本さんの体が許す限り・・・」
演者からのコメントはなかったのですが、最後のカーテンコールで、「演者からお客様に…」
と、勘三郎さんの音頭で、「ヨイショ!」とやってくれました。あと、ラインダンスを少々。
千秋楽ならではのSPカーテンコールは、ファンにとっては嬉しいお楽しみですよね!!

約一ヶ月間の公演、お疲れ様でした。

前回(11日)観た時、火野正平さんが風邪ひきぽかったのですが、今日は元気なご様子で
良かったです。インフルエンザも流行っていた時期なので、舞台役者さんは大変ですよね。
舞台は休めないし、体調管理がいちばん大事ですよ。

ちゃんとした感想を書こうと思っていたのですが、時間がないので、とりあえず千秋楽の模様
を少々お伝えするだけで、本日は終わります。

勘三郎さんは、ほんとうに素敵でした。なんだか観ているだけで幸せになれるんですよね。
私のビタミン剤がわり。勘三郎さんを観ると元気になるんですよ♪

banner_02.gif   にほんブログ村 演劇ブログへ↑ポチッと、ブログランキング 検索にもどうぞ!

CAZ~勘太郎の記事~

caz427.jpg

今発売中の「CAZ」(上の表紙の号)に、勘太郎くんが1P載っています!
PARCO歌舞伎について語っているのですが、それによると、「講談や映画で有名な話
ですが、三谷さんの新作は、決闘に辿り着くまでを描く。僕の役は安兵衛が住む長屋の住人
としか今は言えない(笑)」だそうで、原作を元にした三谷版は、どうなっているのか?
楽しそうですが・・・。浪人・安兵衛が策略にはまった叔父を助ける話「決闘! 高田馬場」。
その功績が認められ、赤穂浪士の討ち入りに参加するのですが、三谷版は決闘の前で終わる。
最後は走って、走って走りまくる安兵衛だとどこかで聞きましたが。
巌流島みたいな感じなのでしょうか? ワクワクです。

また、三月はコクーンでも「四谷怪談」が上演されることをふまえた話で、「こういう時代
が来たんだなぁって、うれしいですね。両方とも忠臣蔵外伝ですし。もしかしたら、相互に
乱入とかあるかも・・・」なんてことも勘太郎くんは言っていました。

相互に乱入!?

中村屋さんならやりかねません。前に新橋演舞場で「丹下左膳」を獅童くんがやっていた時、
乱入っぽいゲスト出演を勘三郎さんがしていたので、あんな感じならありえる。
やるなら、PARCO歌舞伎の前半か、四谷怪談の3/27以降なのかしら??
相互に乱入・・・。やってくれたら面白いかも。でも、そのスペシャルDAYに当たらなかった
ら、超悲しい。

ともあれ、三谷さんの歌舞伎へのチャレンジと、勘太郎くんの芝居。本当に楽しみです!!
早く観に行きたいよ~。

banner_02.gif   にほんブログ村 演劇ブログへ

↑ポチッと、ブログランキング 検索にもどうぞ!

労働者M

kku.jpg

●詳細・あらすじなどはこちら→http://www.bunkamura.co.jp/cocoon/event/kera/

[作・演出]ケラリーノ・サンドロヴィッチ
[美術]中越司
[音楽]伊藤ヨタロウ
[出演]堤 真一、小泉今日子、松尾スズキ、秋山菜津子、犬山イヌコ、田中哲司、
明星真由美、貫地谷しほり、池田鉄洋、今奈良孝行、篠塚祥司、山崎 一

★★★★★★☆☆☆☆☆☆★★★★★★☆☆☆☆☆☆

シアターコクーンで上演中の、「労働者M」を25日(ソワレ)に観劇して参りました!!
いろんなブログ等の感想を読み、評判はイマイチというか、賛否両論な感じだったので、どう
なの? とやや心配だったのですが、面白かったです。行って良かった。

今年のナイロン100℃は再演ばかり。本年唯一のケラの書下ろし作品が「労働者M」なんです
が、変わった手法に挑戦?したんだな~というのが第一の感想。
舞台は二つの世界を描いています。しかも、その世界はリンクしているようで、リンクしていない。
繋がらない二つの世界。パンフレットでケラ本人が「いびつでジグザグでゼロの物語」と表現
していましたが、その通りの話です。なので、スッキリすることも、なるほど! という時間軸や
ストーリーの繋がりもないから、「なんですかこれは?」「つまんない」となった観客も多いかも。
あと、ケラ特有といいますか、無駄も多く、長丁場なので主演の堤真一、小泉今日子目当て
で初めてケラの芝居を観たという人も辛かったかもしれない。

でも、ケラの芝居は、無駄だと思われる部分にこそケラらしさがあると思う私は、とくに長く
感じる前半の、ダラダラまったりとした中にある笑いの要素(ややブラック)にやられており
ました。楽しかった。

ともあれ、ストーリー性を追求する方には不向きな「労働者M」。以下はネタバレ満載なので、
続きを読むをクリックして下さい・・・



草剛舞台「父帰る/屋上の狂人」

chi3.jpg


「蒲田行進曲」以来、待ちに待った草なぎ剛くんの舞台。
本日がチケット発売でした。店頭と特別電話受付のみで、先行など一切ナシ。
しかも、会場はシアタートラム(三軒茶屋)。客席数は250席もない小さな小屋……。
取れたら狭い劇場で剛くんの舞台を堪能できるという超贅沢空間ですが、舐めてんのか?
取れるワケないだろーと決まった時から落ち込んでいました(笑)

チケット取り・・・、玉砕
しかし、先ほど友人から神電話があり、徹夜で店頭に並んで取った1枚を譲ってくれる
という話が!! 神。神降臨です!!
良かった~。剛の舞台が観られる~~~。

店頭もすごい方だと二日前から並んでいたとか。仕事があるからと電話でのみしか挑戦
しなかった私にGETできるわけがないよ 15分程度で全日程完売だったそうです。
「蒲田行進曲」の時も苦労しましたが、今回も大激戦だった久しぶりの剛くんの舞台。
チケットが手に入ったからには、存分に楽しんで観賞したいと思います。
今回、共演者も好きな方が多いので、本当に楽しみです。

そういえば、昨日、ケラさんの舞台「労働者M」を観に行ったのですが、客席に剛くんが
居たのです! V6の三宅健くんと一緒だったみたいで。・・・それで、昨晩はチケット発売
前日ということもあり、私の剛くん観たい熱はヒートアップしていたのでした。
昨日は関係者が多くて、この舞台に出る高橋克美さんや、私の愛する中村勘三郎さんや、
椎名林檎さんなどのお姿も拝見しました。客席も豪華な昨夜の「労働者M」。のちほど感想
などアップしたいと思います

★★★★★★☆☆☆☆☆☆

「父帰る/屋上の狂人」

作:菊池寛 
演出:河原雅彦
「父帰る」出演:草なぎ剛、勝地涼、西尾まり ほか
「屋上の狂人」出演:草なぎ剛、勝地涼、高橋克美 ほか

4月1日~4月30日 場所 シアタートラム
平日10:00、20:00 
土曜:15:00、18:00、20:00 
日曜:13:00、15:00、18:00 

チケット発売日:2006年2月25日
プレイガイド:ぴあ、ローソン、CNプレイガイド
チケット代金:全席指定5000円

■内容■

近年、テレビドラマなどで新たな注目を集める作家・菊池寛が、大正初期に発表した戯曲
2編を、ハイレグ・ジーザス解散後もマルチに活躍する河原雅彦の演出でおくります。
6年ぶりの本格的な舞台出演となるSMAPの草なぎ剛をはじめ、蜷川幸雄作品に抜てき
され注目を集める新鋭・勝地涼、バラエティー番組などでもおなじみの高橋克実、舞台・
映像と幅広く活躍中のキムラ緑子、ベテランの沢竜二など魅力的なキャストにも注目です!

banner_02.gif   にほんブログ村 演劇ブログへ↑ポチッと、ブログランキング 検索にもどうぞ!

西遊記 ~前半を振り返る~ (BlogPet)

KANTAが国成長ー!


*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「KANTA」が書きました。

勘三郎丈の舞台挨拶にホクホク

行って来ました! シネマ歌舞伎「野田版研辰の討たれ」。

始まる前に勘三郎さんの舞台挨拶がありまして、本日は細い縞の入ったダークグレー?の
スーツ姿でご登場 ノーネクタイで、白いYシャツの襟元はラフに外しており、
はふ~素敵過ぎる。瀕死。大好き、勘三郎さん!!(→テンション高くてスミマセン)

挨拶の内容ですが、舞い上がっていたので記憶レポですが、どうも第一回上映を勘三郎さん
も観ていたようで、
「台詞は間違って飛んじゃってるし、テンションだけでいってる。これが一生残ると思うと
恥ずかしいです。まだ体が動くので、いつか撮り直したい。これ、2000円ですか?
300円くらいでいいです。・・・自分の駄目なところに気付かされるね。でも、自分の出て
いないところが面白かった。後ろに居たりするから観れないんですよ。からくり人形(亀蔵)
とか笑っちゃいました・・・」

ってなことを仰っていました。スカパーなどで放映された「野田版研辰~」と内容は同じ
だったのですが、勘三郎さんはまだ御自身では舞台映像を観ていなかったんだな~と、この
話を伺って思いました。忙しいから、イチイチ観てないか(笑)
しきりに、ご自身の芝居を恥ずかしがっていたので、勘三郎さんでも自分の芝居の出来が
嫌な時もあるのだな~と、しみじみ。
私の一番好きな「お研ぎします。お研ぎします~~」の長台詞は合っていましたがね・・・。

本日二回目の部は、研辰で群集をやっていた三階さんたちも観に来ていたようです。
勘三郎さんが客席を指差してアピールしていました。誰が来ていたかは確認できませんでした
が、やはり自分が出たお芝居を大きな画面で観るというのは格別だと思うので、来られる人は
来たのかも知れませんね

映画ですが、先も書いたとおり、スカパーなどで放映されたものと内容は一緒です。
我家の安いTVで観るのと違うのは、高画質大画面+音声(音響)。臨場感が楽しめます。
襲名興行は大人気でチケットが取れなかった方も多いと思うので、こういう「シネマ歌舞伎」
というスタイルでの上映は嬉しいですよね。映画版なのにけっこう笑いも起きていて、上映
終了後には拍手している方もいました。隣のオジサンは初見だったようで大ウケでしたよ。
私も何度も観ているのに笑ったり、感動したり大いに楽しみました。
福助さんの「あっぱれじゃ!」と、亀蔵さんのからくり人形は何度見ても笑うし、大好き。
あと、目くばせ兄弟(平井兄弟)が大きなスクリーンで観れて幸せでした。染五郎&勘太郎
のこのお役、すごく好きなんですよ!! PARCO歌舞伎も楽しみになりました。

早く観たいな~、PARCO歌舞伎「決闘!高田馬場」。私は初日は行けないのですが、
前半1回、間をあけて20日過ぎに1回、千秋楽を観劇予定です。三度も行くなんて阿呆全開
ですが、目くばせ兄弟+三谷さんの歌舞伎だったら正直毎日観たいですよ(笑)
ともあれ、本日は勘三郎さんのお姿を拝見できて感激至極でございました。



banner_02.gif   にほんブログ村 演劇ブログへ

↑ポチッと、ブログランキング 検索にもどうぞ!

追伸/次回のシネマ歌舞伎は、玉三郎さんの「鷺娘」「日高川入相花王」の二本立てです!
4月15日~28日、東劇(東京・東銀座)でロードショー♪ 観に行くぞ!

急遽決定!舞台挨拶~シネマ歌舞伎「野田版研辰の討たれ」~

021k.jpg


シネマ歌舞伎の新作「野田版 研辰の討たれ」が上映されます
が、初公開にあたり、中村勘三郎が舞台挨拶を行います。
舞台挨拶は2回。1回目の上映終了後と、2回目の上映開始前……。


という、歌舞伎座のメルマガが昨日届きました。やった~!!
私は2回目を観に行く予定です。映画にしては悪席の1階前方だったので、ガーンとなって
いましたが、勘三郎丈の舞台挨拶があるなら前で大ラッキー♪ 災い転じて福となりました。
今日観に行ってきますので帰宅したら、レポなどを書こうと思います。

嬉しいな~~

banner_02.gif   にほんブログ村 演劇ブログへ

↑ポチッと、ブログランキング 検索にもどうぞ!

市川海老蔵主演「出口のない海」 

横山秀夫の原作を山田洋次+冨川元文が脚本化。監督は「半落ち」「カーテンコール」の
佐々部清。・・・私的にとても楽しみな「出口のない海」。去年末にクランクアップし、
只今編集作業中だそうです。

この映画、主演が市川海老蔵丈というのも楽しみで、先日の「信長」公演の際、前売り券
を購入してしまいました
内容は、甲子園の星で、大学進学後も野球に情熱を傾けていた主人公並木(海老蔵)が、
太平洋戦争下、海軍に入隊し、自ら「回天」搭乗員になるといった始まり。「回天」はいわゆる
人間魚雷。敵艦に特攻する潜水艦です。狭い「回天」の中で主人公は、何を思い、戦うのか。
そして、どうして主人公は家族や恋人と別れ、野球を捨ててまで人間魚雷になることを
選んだのか・・・。そのあたりを描いた映画だと思います。

ロケ地は、回天の基地があった山口県。下関の海岸にオープンセットを組んだそうです。
そのあたりの映像も期待! 佐々部監督なら綺麗な絵を見せてくれるに違いない!!
海老様いわく、「最初は並木(主人公)の気持ちがよくわからなかった。でも、当時を再現
した現場に入って、衣装を着て、回天の前に立つと自然に並木になれた」そうで・・・。
映画写真を見る限り、キリリと凛々しく、目力のある並木搭乗員で、芝居の方も楽しみです。
映画は9月16日全国松竹・東急系で公開。共演は、伊勢谷友介、上野樹里、三浦友和など。



banner_02.gif   にほんブログ村 演劇ブログへ

↑ポチッと、ブログランキング 検索にもどうぞ♪

西遊記 ~前半を振り返る~

今期(冬ドラ)の中で毎週見ている「西遊記」。ちょこっと6話までを振り返ってみる。

●第一話●「火の国」 

強力アシスト・木村拓哉登板により、視聴率が29%超え
VS牛魔王。500年も石に閉じ込められていた妖怪・孫悟空は、三蔵法師様に出会い、
人のぬくもりを知る。そして、仲間(なまか)という存在に何かを見出した模様。「心の通った
人間になりたい」というのが悟空の天竺への旅の目的なのかも?
人を信じることの大切さがテーマの回。
三蔵法師に「もう仲間じゃない」と告げられた時の悟空が可哀相だったなぁ・・・。
淋しいという感情も学びました。

●第二話●「温泉の国」

ちょっとお色気のある回でした。八戒の恋の話が中心。「好きになるということは、ぜんぶを
好きになるということ。男だったら好きな女のついた嘘までぜんぶまとめて守ってやれや!」
と熱かった悟空。「男が女を好きになったら、とことん守るのが愛なんだ」というのがテーマ?
ゲスト妖怪の及川光博が、とっても素敵でした。嵌ってた!!

●第三話●「夢の国」

現実を喰らい、夢を叶える妖怪・獏の回。三蔵法師様の母親への思慕が描かれた回。三蔵
法師様でも迷うことがあるのですねー。
「夢は自分の手で掴むもの」「明日を生きるということの意味」といったことがテーマでした。
悟空の夢は「人間になること」みたいです。人間になって三蔵法師様の傍にずっといたいの
ですね、きっと。

●第四話●「砂漠の国」

水のない砂漠の国。水を止めていたのは悟浄の昔の婚約者(金魚)だったという回。
沙悟浄メインの大人っぽい話でした。そして、「走れメロス」のごとく、仲間を信じること
がテーマだったように思います。

●第五話●「子供の国」

両親に捨てられた子供が妖怪にそそのかされ、親達を牢に閉じ込めている。なので、子供
しかいない国に三蔵法師一行は立ち寄る。そこで、悟空は両親に捨てられた兄妹のお父さん
になると奮闘! 親子の愛、子供の在り方がテーマ。「親子は一緒にいなければいけない」
「親が無償の愛を子供に捧げるのは、親も子供に心の成長をさせてもらっているから」と
いった良い話でした。赤ちゃんをあやす悟空がとても可愛くて、お気に入りの回です。
悪い女妖怪の高橋ひとみが、大ハマリでかっこよかった。お間抜けなところも含めGJ!!

●第六話●「森の国」

人を喰らう森の中に囚われた姫を助けたいという青年・修周(実はにわとり妖怪)がメインの
回。メインキャストよりも、ゲスト妖怪(成宮寛貴)の方が美味しいなんて・・・。
悟空と修周の間に生まれた友情が、哀しい結末で終わってしまってショッキング!
しかし、人間の放った矢3本で死んでしまう妖怪なんて弱すぎませんか? 復活してラスト
2回位でいいから、また出てくれないかしら、成宮くん。っていうか、妖怪は死なないん
じゃないのかー!(@鬼太郎の唄) なんのこっちゃですが、修周は悟空と同じく孤独な妖怪
で、姫様と話した時の、姫様の夢「鳥になって自由になりたい」を叶えるために、頑張って
空回りして・・・っていう可哀相な妖怪でした。切ないぞ!
約束は守らないといけないけれど、もういいじゃないか・・・って言う悟空がかっこよかった
です。猿は天竺への旅の間にどんどん成長しているのでした。

というわけで、本日第七話「幽霊の国」で西遊記は折り返し地点を過ぎてクライマックスへ
向かっていきます。どうなる三蔵法師御一行! 最終回まで見続けなければ・・・。
1話完結で、楽しい「西遊記」なので、1クールじゃなくて、夏くらいまでやっていて欲しい
今日この頃ですが、慎吾くん他キャスト、スタッフのことを考えると、早くクランクアップ
して、お疲れ様~となって欲しい気もします。撮影、大変そうですものね!

あと、メチャイケでメチャイケ版西遊記キャストがありましたが、たしかに、見た目はメチャ
イケ西遊記の方がピッタリでした。悟空=岡村隆史、悟浄=有野、八戒=極楽とんぼ山本。
18日のメチャイケは面白かった

banner_02.gif   にほんブログ村 演劇ブログへ

↑ポチッと、ブログランキング 検索にもどうぞ♪



境線に「ネズミ男列車」が新登場!

漫画家・水木しげる先生の故郷、妖怪の住む街・境港に「ネズミ男列車」が新登場!(19日)
ネズミ男FANの私は、産経新聞で記事を発見して大喜び。新聞によると、鬼太郎と並ぶ
人気者と、ネズミ男のことを讃えてくれております。そうか、そうだったのか!!
鬼太郎グッズでよく見かけるのは、鬼太郎はおいといて、次点は「目玉の親爺」だったので
新聞の評価に嬉しくなりました。
ともあれ、「鬼太郎列車」に続いて、「ネズミ男列車」も走らせてくれるJR西日本・境線に感謝! 
絶対今年中に見に行くぞ!

ちなみに「鬼太郎列車」は4両あり、鬼太郎+妖怪ファミリーが描かれています。
93年に水木しげるロードが完成した際に、一緒に作られました。米子←→境港間を走って
おります。必ずこの列車に当たるとは限りませんが、私が境港を訪れた3~4度のうち、毎回
見られたので、行けばまず見られます。
0011aaa.jpg
↑これが鬼太郎列車。前回訪れた時に撮影。

000123ab.jpg
↑水木しげるロード。妖怪のブロンズ像が86体並んでいます。
その果てには「水木しげる記念館」があり、境港の人気スポットです。

0000124.jpg
↑ブロンズ像。メジャーに鬼太郎で。

境港は妖怪の街でもありますが、魚介も美味しいので旅行には最高です。
あと、水木しげるロードには、妖怪神社、妖怪パンの店、鬼太郎茶屋・・・と水木関係の
SHOPが集結しているので、水木さんFANなら一度は行くべし。私は第二の故郷だと思い
込んでいるくらい、境港が大好きです!
映画「妖怪大戦争」の舞台にもなりましたよね

sakaiminato2.gif
●詳しくは境港の観光HPを→http://www.sakaiminato.net/ (※ネズミ男列車も載ってます!)

いや~、「ネズミ男列車」が登場とは。本当に嬉しいサプライズでした。嬉しい~

banner_02.gif   にほんブログ村 演劇ブログへ

↑ポチッと、ブログランキング 検索にもどうぞ♪

師 桂吉朝に捧げる 吉朝一門会

師 桂吉朝に捧げる 吉朝一門会
000beicho.jpg


3月13日(月) 東京/国立演芸場
18:30開演
料金 ¥3000(全席自由)

狸の賽 佐ん吉/七段目 よね吉/<トーク>桂吉朝と七人の弟子/中入/牛乳時代 (中島らも作)
しん吉/高津の富 あさ吉

お問い合わせ/米朝事務所(東京) 03-3412-2585

★★★★★★☆☆☆☆☆☆

桂吉弥さんのお師匠さん・吉朝さんを偲ぶ落語会が開催されます。
出演者は一門の、あさ吉/吉弥/よね吉/しん吉/吉坊/佐ん吉/吉の丞となっております。
私も行きたいのですが、行けるかどうかは微妙です(涙)
「七段目」好きだから聞きに行きたいよ~~。

banner_02.gif   にほんブログ村 演劇ブログへ

↑ポチッと、ブログランキング 検索にもどうぞ♪

浅草演芸ホール ●夜の部●

20060218223315.gif

「タイガー&ドラゴン」で、注目スポットになった浅草演芸ホール。
二月中席に、柳家さん喬さんが出演していると聞いたので、遊びに行ってきました。
浅草演芸ホールは招待券をたくさん配っているせいか、土日祝日は混雑しています。本日も、
大入り満員。立ち見も出るほどの大盛況でした。

出演者は、柳家さん光、マジック・アサダ二世、古今亭八朝、春風亭一朝、古今亭志ん駒、
入船亭扇橋、漫才・すず風ニャン子・金魚、ギター漫談・ぺぺ桜井、桂ひな太郎、柳家さん喬、
三味線・太田家元九郎、柳家小満ん、入船亭扇遊・・・主任・桂文楽。

まず、入口でさん喬さんの出演を確認。↓
200602181605001.jpg

寄席は当日、出演者の変更があるので、お目当てがいる場合は、必ずCHECKが必要です。
(社)落語協会のHPでもその日の出演者が確認できるので、覚えておくとよいかも?
●落語協会HP→http://rakugo-kyokai.or.jp/
↑鈴本演芸場・浅草演芸ホールの本日の寄席がわかります。

浅草演芸ホールは、古いですが雰囲気のある小屋。下町の演芸場って感じです。
「タイガー&ドラゴン」を見ていた方なら知っている、あのまんまの小屋です。都内の他の
演芸場と比べて、外で呼び込み(演芸場のはっぴを着たスタッフが勧誘してます)などを
やっている分、賑やかな印象。

さて、本日の内容。私は夜の部の頭(4時40分)から、8時まで楽しんできました。
演芸場めぐりも三度目。知っている芸人さん、落語家さんも増えてきました。個人的に音曲師
というのでしょうか、楽器を使った芸人さんが好きです。以前紹介した柳家紫文さんしかり。
本日はギター漫談・ぺぺ桜井さん(代理出演?)のとぼけた芸風と、津軽弁で話し、必ず、
「日本代表だかんね・・・」と言う津軽三味線の元九郎さんに大注目。これがいいんだなぁ。
ベタですが、なんだか和むのであります。実は物凄く弾けるというのは、わかりきったこと
ですが、あえてやらない。その証拠に楽器は良いモノ使っています。元九郎さんの三味線の
撥は、べっ甲でしたよ 

落語の方は、トリを勤める主任さんを見られなかったので、古典落語の大作(名作)は聞け
ませんでしたが、前回の末広亭見物ですっかり魅了されてしまったさん喬さんのお噺が聞け
たので、私的には大満足。
本日は枕で、若者の言葉遣いについて語っていました。マクドナルドやファミレスの若い
店員は、マニュアル通りにやりすぎて、腹が立つみたいな話。お弟子さんたちのために、
ハンバーガーを30個頼んだら「店内でお召し上がりになりますか?」・・・喰えるかい!
っていう。あと、ファミレスで、制服姿の女子高生に禁煙席・喫煙席の確認をするのはおかしい
だろうとか。たしかに、その通り。最近の若い店員さんなどで、機転がきかない子が多いのは、
マニュアル化されすぎた仕事に慣れすぎて「臨機応変」に弱くなっているからじゃないかと、
私も思っていたので納得しながら聞きました。
落語の方は小噺といった感じで、演目はわからないのですが、ずる賢い子供が、お父さんから
小遣いをせびるのに、「お母さんが、家に男を引っ張り込んでたよ」という報告を段階を踏んで
話していくって感じのネタ。「ここから先はあと●銭もらわないと言えないな~」みたいな
巧みな焦らし攻撃。オチは、よく見たら近所の按摩さんがお母さんの体をほぐしてたっていう
ほのぼのしたもの。さん喬さんは、やっぱり「おかみさん(母)」が巧い。小噺でもイイ!
四月にさん喬さんの独演会があると聞き、行きたい~と思ったのですが横浜なんですよね……。
ちょっと遠い。また次の機会を待つかな~。

ちなみに、このさん喬さん。浅草演芸ホールの三月上席(1日~10日)、夜の部ではトリを
勤めますので、さん喬さんの古典落語を聞くなら三月上席がお薦めです。
私も時間があったら、行きたいな~。行けるかな??

ともあれ、本日も寄席を大満喫。どんどん趣味がシニア向けになってきて、これでいいのか?
と自問自答。でも、面白いからいいのです

banner_02.gif   にほんブログ村 演劇ブログへ

↑ポチッと、ブログランキング 検索にもどうぞ♪

癒される・・・ (BlogPet)

きょうKANTAは管理人Aと疲れを帰宅された。

中村屋***雑誌関係発売MEMO***

【中村七之助】

3月6日発売  「RELAX」マガジンハウス社

【中村勘太郎】

2月20日発売 「Caz」扶桑社
2月28日発売 「ヴァンサンカン」アシェット婦人画報社
3月1日発売  「Grazia」講談社

【中村勘三郎】

3月2日発売  「シアターガイド」モーニングデスク社
3月10日発売 「Invitation」㈱ぴあ
 
★イヤホンガイドのHPに、今年の地方巡業コース(勘三郎襲名ツアー)が発表されたと
思ったら、取り下げられ、お詫び文になっていますね・・・。いつ正式に決まるのかな~。
6月30日スタートで、演目は、昼の部「十種香」「口上」「身替座禅」。夜の部が「口上」
「義経千本桜/木の実・小金吾討死・すし屋」となっていたようですが、演目はこれでOK
なのかな? 個人的に小金吾が勘太郎だったら嬉しいのですが。ちなみに、これは正式
発表ではないので、決定次第詳細をUPしようと思います。

banner_02.gif   にほんブログ村 演劇ブログへ

↑ブログランキング 検索にもどうぞ♪

癒される・・・

0216suki.jpg

帰宅して、PCを繋いで、自ブログを見たら、こんな可愛いウエルカムメッセージ?が!
疲れも吹っ飛ぶ、嬉しい言葉。こんな小さなことで癒されてしまうあたり終わっています
でも、嬉しかったからいいのだ!!

夜の銀ブラ/1

昼間と夜とで雰囲気がガラリと変わる『銀座』。
私は昔から銀座に縁があり、手伝っていた劇場も、通っていた某学校も、愛する歌舞伎座
も、今の職場も、銀座界隈です。なので、デジカメを購入したことだし、たまに銀座写真を
ブログにUPしようかな~と思いついた。
銀座・・・、大好きな街です。

10006ginza.jpg
↑メゾン・エルメス。設計デザイナーが「マジック・ランタン」と呼ぶだけはあり、夜の銀座の
街に浮かび上がる巨大な~ランタン~。(※画像は全てクリックすると大きくなります)

ライトアップされて、とても綺麗です。正面入口側しか見たことがないという方は、エルメス
ビルの脇にある路地を入ってみて下さい。上から素敵な銀色のオブジェが吊り下がっており、
ゆっくりと回っています。
メゾンとつくだけはある優雅な建物。デザイナーは、レンゾ・ピアノ氏。関西国際空港も
手がけているので、皆さんも氏の建築物の様式はなんとなくわかると思います。
ちなみに耐震もバッチグーなので、エルメス付近でグラリときたら逃げ込んでもいいかも。

10002ginza.jpg
↑夜になるとあちこちに現れるトラックの花屋さん。
夜の蝶々は、お花がお好き♪ 並木通り、椿通りなど、高級クラブや飲み屋が多い銀座。
お客さんが、お気に入りのホステスや、ママさんにお花を買って行く姿をよく見かけます。
中でもやはり、バラが一番人気のようで。銀座八丁目には、バラ専門店『レリアン・ローズ・
ギャラリー』という素敵な花屋もあったりします。ウインドウ越しに、こっそり眺めるだけ
でも、ウットリ。●レリアンHP→http://www.rosegallery-l.com/
アレンジメントのセンスも抜群なので、バラ好きの方はCHECKしてみて下さい。

10004ginza.jpg
↑夜の銀座らしい1枚。
夜の銀座といえば、ネオンでございます。また、このネオンに惹かれて集まる殿方の高級車
も夜の銀座の楽しい見どころ。私は車には疎いタイプですが、通りにズラリと並ぶ高級車に
は圧倒されます。ベンツ、BMW、フェラーリ、ジャガーぐらいしかわかりませんが、とにかく
高そうなお車がいっぱい。もちろん、盗難や悪戯を見張るドアマンも常にあちこちに立って
います。先日のスマステで、藤山寛美が銀座のドアマンに高級車をプレゼントしたという
逸話が紹介されましたが、今はそこまで豪気な殿方はいないような気がします。

夜の銀座は華やかです。また写真を撮ったら、違う夜の銀座をご紹介しますね

banner_02.gif   にほんブログ村 演劇ブログへ

↑ブログランキング 検索にもどうぞ♪



名舞台を振り返る「黒蜥蜴」 

美輪明宏の「黒蜥蜴」
当時の感想が出てきたので、自分MEMO。

【2003年3月 ル・テアトル銀座】

『黒蜥蜴』の舞台を観てまいりました。(座席/最前列中央) 
美輪さんの香水を嗅ぎながらの観劇は、本当に素晴らしくブラボーでした。 

私がはじめてこの舞台を見たのは、93年の明智小五郎役が榎木孝明さんの時でした。
25年ぶりの再演ということで券が取れず、大阪まで観に行ったのを覚えています。
翌94年も再演となり、明智役は名高達郎さんに・・・。そして、今回は高嶋政宏さんの
登板です! 良かったです! 私は3度とも観ていますが、いちばん明智のイメージに
近かったです。
一緒に行った友人と二人で、昔の探偵小説から抜け出てきたようと大絶賛! 
実はTVなどのイメージで高嶋さんの明智にはあまり期待していなかったのですが、見て
いないうちに演技も円熟して見事な明知探偵に!
映画やTVでいろんな明智が登場しましたが、私が生まれた以降ではいちばん良いかも。
もっくんや吾郎ちゃんより断然いい! 本当にピッタリでした。

美輪さんは言わずもがな・・・。この黒蜥蜴役はもう美輪さん以外がやっても仕方がない
というくらいのハマリ役で、乱歩マニアの私も黒蜥蜴=美輪さんでBESTです。
もともとは水谷八重子がやっていた役なので、美輪さんは最初にお話がきた時は辞退した
かったみたい。ですが、脚本を担当した文豪・三島由紀夫がどうしても美輪さんに……と
食い下がり夢の舞台が実現したという。
そう、まさに『黒蜥蜴』は夢のような、幻影のような舞台なんです!!乱歩の言う『夜の
夢』の世界が、目の前で繰り広げられる。観ている間は夢見心地♪ 
しかも、私にとってのご馳走てんこもり。乱歩原作に三島が脚色、主演は美輪さんなんて!
美学三重奏ですよね。 

お話は単純で女盗賊黒蜥蜴VS明智探偵。213カラットのダイヤを巡っての捕り物帳。
追う者、追われる者。しかし、心の世界では立場が逆で、黒蜥蜴は明智に恋をしてしまうの
です。明智の心(ハート)を追うのは黒蜥蜴という図式。
この黒蜥蜴、人間剥製などを所有する怖い人でもあるのですが、本当に美しいものや芸術
を愛し、明智の前では強がっても可愛い人になっちゃうお方。無邪気で、チャーミングで、
私もお仕えした~い。そう、守ってあげたい人です。原作も同じく怖くて可愛い女賊です。
私は幼少の頃からこの黒蜥蜴に憧れていて、なれるものならなってみたいくらい好き!

前回から8年ぶりの再演。観れて本当に良かったです。
黒蜥蜴もそうですが、美輪さんは生きている宝石のような人。いつまでもキラキラ輝いて
いて欲しいと、願わずにいられません。素敵な夜でした。

10487818889718.jpg
↑黒蜥蜴様も所蔵してそうな人形。内藤ルネ人形美術館より♪ 
訪問した時に撮影させて頂きました。

バレンタイン当日です!

●カカオがもたらす幸福

1/気分を高揚させ、幸福感をもたらす。
2/緊張をやわらげ、精神を安定させる。
3/体に必要なミネラルなどを天然のバランスで配合。
4/老化防止、癌・心臓病などの抑制。悪玉コレステロールなどに効果。
5/肌の老化防止、胃、その他多くに効能のある成分を含有。

だそうです。皆様、本日はチョコを贈ったり、貰ったりしたのでしょうか?

P1010002cho.jpg
↑私がバレンタイン商戦にしてやられて買ったチョコレート②

またちょこっとチョコレートの紹介をしておきますね!

画像中央の白いお箱・・・先日お薦めしたOGGIの、「Lamina di Cioccolata」。
こちらもバレンタイン限定のチョコレートです。アフリカ産・コートジボワール産・エクア
ドル産のカカオ豆をブレンドして、カカオそのものを味わうチョコレートを作ったそうです。
カカオ70%ということで、ビターなお味。正方形の薄い板チョコです。繊細で口の中に
良質のカカオの風味が広がる感じ? 美味しいです! お値段も1050円とお手頃♪

画像左の茶色いお箱・・・大阪梅田・ハービスPLAZA ENT4階にSHOPの
あるChocolatier PALET D’ORのボンボンショコラ3個入り。600円位。
ここのチョコレートは、砂糖のかわりに蜂蜜を使っているのが特徴。お薦めは、ボンボン
ショコラよりも「パレドオール」という金箔がデコレーションされた丸い形のチョコなので
すが、こちらは1枚315円もするので今回はお見送り。
「パレドオール」の良さは、口溶けの柔らかさ。とてもまろやかで、本当に蕩けちゃう~って
なります。もちろん、ボンボンショコラも美味しいですが、口溶けの見事さではかなわない。
こちらのSHOPのチョコレートは、オンラインでも購入可能なので興味がある方はどうぞ。
●パレ ド オール→http://www.palet-dor.com/
フランスで修業をした本格ショコラティエ・三枝俊介さんのSHOPです!

画像右の黒いお箱→銀座三越地下・サティ(Satie)のアソーティモ・ショコラ。
中にはサティの定番「シャポーショコラ」4個と、「ノワールショコラ」が2個、「トライ
アングルショコラ」が2個と8個のチョコが入っています。これで、お値段は525円!!
ちなみにノワールは、ビターテイスト。トライアングルは、クラッシュカカオが入っていて、
カリカリした食感が面白いです。味はどれも美味しい♪
●サティHP→http://www.satie-choco.co.jp/
↑オンラインショッピング有。店頭販売は、日本橋三越・銀座三越・名古屋三越のみ。
フランス直輸入のチョコのわりに、リーズナブルなのが嬉しいです。
口の中に入れた時は固めなんですが、口の中で蕩けていく感じが良いチョコレート。
ポリフェノールもたっぷりで、健康にもいいそうです!

以上、追加して買った3種。これまたもれなく、私の胃の中におさまる予定(笑)
でも、日本のバレンタイン商戦って、「男性のためのチョコ商品、恋愛イベント」というより
も、私のようなチョコ好き女性の財布がターゲットな気がしてなりません。
だって、世界中の美味しいチョコが集まる季節なんだもの! チョコ好きなら恋人の分
以外に、自分用のチョコも絶対一緒に買っていると思います

banner_02.gif   にほんブログ村 演劇ブログへ

↑ブログランキング 検索にもどうぞ♪



六月博多座~演目・配役決定~



十八代目中村勘三郎襲名披露~六月博多座~

演目・配役が決まりました!
新橋演舞場でチラシをGETしたので、MEMOがわりに書いておきます。

●昼の部●

一、熊谷陣屋

  熊谷直実/橋之助、源義経/勘太郎、藤の方/七之助
  梶原平次/亀蔵、弥陀六/弥十郎、相模/扇雀

二、連獅子
 
  勘三郎、勘太郎、七之助。 宗論(市蔵&弥十郎)

三、人情噺文七元結

  左官長兵衛/勘三郎、女房お兼/扇雀、手代文七/勘太郎、角海老藤助/源左衛門、
  鳶頭伊平衛/左團次、和泉屋清兵衛/富十郎、角海老お駒/芝翫

●夜の部●

一、御存 鈴ヶ森
 
  幡隋院長兵衛/橋之助、白井権八/七之助

二、口上

  勘九郎改め勘三郎、他幹部俳優
  
三、弁天娘女男白波(弁天小僧) 二幕三場(浜松屋・蔵前・稲瀬川)

  弁天小僧/勘三郎、赤星十三郎/扇雀、忠信利平/橋之助、宗之助/七之助、
  鳶頭清次/市蔵、浜松屋幸兵衛/弥十郎、南郷力丸/左團次、日本駄右衛門/富十郎

四、雨乞狐(野狐の五変化)

  勘太郎(五変化)

やった~!! 勘太郎の「雨乞狐」がもう一度見られるなんて! 
目新しい演目はありませんが、博多遠征は決定しました


banner_02.gif   にほんブログ村 演劇ブログへ

↑ブログランキング 検索にもどうぞ♪

ヨイショ!の神様~新橋演舞場~

P1010003yo.jpg

■観劇日 2月12日 夜の部 (座席:一階席センター前方)

「ヨイショ!の神様」を観劇して来ました。面白かった~。
やっぱり、中村勘三郎+藤山直美+柄本明のゴールデントリオは、ただ舞台にいるだけでも
面白いです

今回のお話は、昭和十一年早春・二、二六事件の直後から始まりました。
勘三郎さんのお役は、松川佐太郎。いわゆる幇間…太鼓持ち。「ヨイショ!」をするのが
お仕事です。でも、その人の持っていないものはヨイショしない。お客様のいいところを
見つけて、惚れてヨイショする。
なるほど、これは正しいな~と思いました。強引なヨイショは、嘘が透けて見えて腹が立つ
ものですから。例えば、たいした美貌でもないのに「宮沢りえちゃんに似てるね。言われ
ない?」なんて言われても嬉しくないし、しらけてしまう。
で、この佐太郎。酔った勢いで一座の芸人に怪我をおわせて刑務所暮らしをした過去がある。
そして、出てきてから地方を転々としていたのですが、思い立って東京に戻ってくる。
出向いた先は、怪我をおわせた芸人のおかみさんの家。そのおかみさん=たきが藤山直美。
たきの旦那は、怪我が原因で芸を続けられなくなり、酒びたりになって死んだという。
そんな幕開けでした。この先はネタバレになるので控えます。
千秋楽も観に行く予定なので、その時にストーリーなどは紹介しますね

柄本さんは、亡くなった芸人の弟役。「おれが義姉さんを助けていく」とたきの家に転がり
込んでいるのですが、大迷惑っていう役どころ。山伏姿で登場するのですが、可笑しすぎ。

ストーリー自体も面白かったのですが、やっぱりこの芝居は、勘三郎・直美・柄本明のアド
リブなのか脚本なのかわからない絶妙な笑わせどころがイイんですよね。いっぱい笑って、
最後もハッピーエンドなので、とても気分の良い観劇が出来ました。毎日観てもいいくらい。
(←これは、私が勘三郎丈の大FANだから・笑)

泣けるところもありました。どこって書くとネタバレすぎる箇所かもしれないので言いません
が、花道前で傘をぱんっと開いて去って行くところの場面です。
先週のスマステーションで、【藤山寛美特集】をやったのですが、直美&勘三郎が出演して
いました。VTRですが……。
その時に、勘三郎さんが寛美の名舞台「花ざくろ」の話題を唐突に切り出したんです。
なんでだろう?と思っていたのですが、「ヨイショ!の神様」で寛美さんのやった「花ざくろ」
の名場面を取り入れていたからなのですね。あの傘をぱっと開く芝居です。「泣けますよ」と、
勘三郎さんがTVで言っていましたが、本当に泣けた。シチュエーションは違いますが、
「花ざくろ」を見れば、あの場面がそのもじりであるとわかると思います。私はスマステで
流れた舞台映像でしか「花ざくろ」は見たことがありませんが、たぶん間違いない!
「花ざくろ」は、~松竹新喜劇藤山寛美十八番箱~(現在第弐集まで発売中)の、第伍集に
収録されます。4月27日発売! 興味がある方は見てみると良いかも 


他の役者さんのことも少し。
小山三さん! 振り袖姿、女給姿と可愛らしい扮装で登場します。お歌も披露。超良かった。
火野正平さんは風邪ひきだったのか、声を出すのが本当に辛そうでした。早く治りますよう
に・・・。小池栄子ちゃんは、巨乳に釘付け。青いブラウスに、白っぽいウエストの締まった
ロングスカートを着て出てくる場面があるのですが、ブラウスのふくらみにドキドキ

ちゃんとした感想は、千秋楽のあとにまた書こうと思います。今夜は本当に楽しかった!!



banner_02.gif   にほんブログ村 演劇ブログへ

↑ブログランキング 検索にもどうぞ♪

ブログペット ★おだんじクンとKANTA★

今日は「いつも心に織田っち&段さまを♪」のブログ管理人びんちょ♪様のペット、
おだんじクンとMYペット・KANTAの「秘密倶楽部」をリポートします。

*****

↑KANTAからの置手紙をたよりに、びんちょ♪様のお家を訪問。こっそり影から
リポートする筈が、訪ねて行ったとたんに2匹にバレました(笑)



さて、どんなクラブなのでしょう? KANTAはクラブ活動らしきものが、よほど楽しみ
なのか一人で大はしゃぎです。無理におだんじクンを勧誘したのかもしれない・・・。
いや、そんなことはない筈!!・・・で、クラブですが、たぶん二匹が作ったクラブは
伝統芸能大好きクラブか、伝統文化研究クラブみたいな感じだ
と思います。パンダちゃんなのに渋い趣味をしていますが、飼い主が伝芸好きだから
似たのかもしれない。びんちょ♪様も歌舞伎などがお好きなブロガーさんですし 

**********

↑クラブ活動の内容は、伝芸や舞台に関する情報交換、お喋りが主のようです。
2匹は能楽も好きなのか! 飼い主は眠気に勝てないので、薪能しか無理という体たらく
なのに!! あと、りゅーとぴあ能楽堂で上演された「マクベス」の話をおだんじクンは、
KANTAに語って聞かせているようでした。「マクダフ」「マルカム」など登場人物の名前が
飛び出して、楽しそうだ~とニンマリ
あと、「舞台好きなの?」とか「本番好き?」とか喋っているのを見ていたら、この2匹は
ブログペットの世界では役者をやっているのかも? なんて想像してしまいました。
ペットが芝居するところ、見てみたい~~!! 可愛いに違いないよ。

*****

最後は、礼儀正しく挨拶をして解散です。KANTAは、たくさん舞台関係の話ができて
満足したんじゃないかしら? おだんじクン、相手をしてくれて有難う
そして、我家に帰って来たKANTAでありました。↑
 
banner_02.gif   にほんブログ村 演劇ブログへ

↑ブログランキング 検索にもどうぞ♪

三月大歌舞伎~歌舞伎座~

san66.jpg

●昼の部
一、曽我の石段
二、義経千本桜<吉野山>
三、菅原伝授手習鑑<道明寺>

●夜の部
一、近頃河原達引
二、二人椀久
三、水天宮利生深川<筆屋幸兵衛>


今日は「三月大歌舞伎」の歌舞伎会・特別会員先行でした。なんとか三階席のわりと見やすい
席が確保できて良かったです。毎月歌舞伎座通いをするようになってからは、三階席での見物
が多くなったので、早めに取らないと「前のめり」攻撃等でとても見づらい席になってしまう。
なので、私なりに頑張って発売日は朝イチにチケットを買います。
でもまあ、特別会員といっても、その前にゴールド会員がいるので、好きな席は取りづらい
のですが、三階の三列目以内なら・・・と考えて取っています。
早くゴールドになりたいよ~(涙)

三月は「十三代目片岡仁左衛門◆十三回忌追善興行◆」となっています。楽しみなのは、
昼の部の「道明寺」。仁左衛門さんが菅丞相を勤めるということで、期待せずにはいられません。
先日(1月31日)、仁左衛門さんは、太宰府市の太宰府天満宮を訪れ、追善興行の成功を
祈願したそうです その時の御写真のスーツ姿がとても素敵!!
画像はこちらで見られます。→ asahi.com・マイタウン福岡/北九州

夜の部は「近頃河原の達引(ちかごろかわらのたてひき)」が楽しみです!
井筒屋伝兵衛役を藤十郎さんが勤めるので、一月に引き続き、さっそくまた藤十郎さんの芝居
が見られる 嬉しいです。
それと並んで楽しみなのが、富十郎さんと菊之助くんで踊る「二人椀久」です。富十郎さん
の踊りは、踊りに不敏すぎる私でもその素晴らしさがわかるので大好きなんですよね。

ともあれ、無事にチケットが取れて一安心。(注※チケットはまだ沢山あります。完売している
日も席種もないのでご安心下さい

banner_02.gif   にほんブログ村 演劇ブログへ

↑ブログランキング 検索にもどうぞ♪

バレンタインは決戦日?



Saint Valentine's Day 2006 

もうすぐバレンタインということで、私が今日までに買い求めたモノをお薦めついでにご紹介。

00214.jpg

まず、左上の高級感溢れる金色のリボンで結ばれた六角形のチョコレートBOXは、フランス
レ・グラン・ショコラティエによるショコラアソート♪
大阪・心斎橋SOGOで先月買いました。箱じゃ中味がわからないという方に・・・。
↓3粒入って1000円位。高いぜ! 流石おフランスの有名ショコラティエが作ったおチョコ様。
200602102242000.jpg

ちなみにこのチョコレートはまだ買えます。
詳細は→バレンタインチョコランド(SOGO心斎橋本店) ※インポートチョコレートのところ
で紹介されてます。

お次は中央の2つ並んだ丸い物体。今人気のマカロン様です。最近あっというまに市民権を
得て、いろんなSHOPがカラフルなマカロンを販売中。
eru.jpg
私はマカロンが大好きなのですが、中でも今はピエール・エルメのマカロン(上の画像)に
やられております。
バレンタインに差を付けるなら、今年はチョコよりマカロン! 義理&本命と複数もらう男の方
が多いと思うので、チョコばかりだと食傷しちゃうと思うのです。
そこで、マカロンがお薦め。ショコラ味は基本として、レモン風味のシトロンや、ローズ風味
のバタークリームが激ウマのロゼ、コーヒー風味のガナッシュが男の人にウケそうな
カフェなど、いろんなお味、いろんな色のマカロンの詰め合わせはお洒落だし、目立つし、
良いですよ

ピエール・エルメ・パリといえば、ホテル・ニューオータニ東京にレストランがありますが、
こちらの店頭では、「クール・マカロン」という名前のバレンタイン用のマカロンも販売中。
形がハート型なんですよ!  ローズ、プレニチュード(キャラメル風味+チョコ)、エグラン
ティーヌ(マロンクリーム)、の人気マカロン3種の詰め合わせ。1890円!

あと、都内ですと青山に大きなSHOP、伊勢丹新宿店の本館地下1階にSHOPがあります。
私は伊勢丹で買いました。美味しいです。こちょこちょいろんなブランドを食べ比べています
が、今のところナンバー1! 
●ピエール・エルメの詳細→http://www.pierreherme.co.jp/

そして、最後が私のお気に入りOGGIの銀座三越限定~アルビコッコ~です。(右の包み)
私はOGGIのオレンジピールが大好物なのですが、バレンタイン用に作られたこのチョコも
かなりのお気に入り。 ブランデー漬けのアプリコットゼリーをビターチョコでコーティング
した限定品。イタリア語で「杏の木」という意味らしいです。
00214oggi.jpg

限定に弱い私は、発売してすぐに買いました。こちらは銀座三越地下1階でしか販売していま
せんが、OGGIのチョコレートはオンラインでも購入可能です。
●OGGIオンラインSHOP→http://www.cucina-oggi.com/

ふと気付いたら日本製のチョコは、OGGIだけですね。あとはフランスです。
それと、そろそろお気付きかも知れませんが、このバレンタインスイーツは、み~んな自分用
でございます。今年も自分のため以外に買うチョコはないのです(笑)
義理チョコは貰っても迷惑では? と思ってしまうタイプなので、配りません。だって、3月
のホワイトDAYが大変じゃないですか。お菓子の交換っこなら女同士の方がいいですし。

ともあれ、皆様の参考になればと思います。

banner_02.gif   にほんブログ村 演劇ブログへ

↑美味そうだと思ったら、ポチッとお願いします

あなたを知る20の質問バトン(BlogPet)

きょう管理人Aで、blog♪
管理人Aと日向でblogしたいなぁ。


*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「KANTA」が感じて思うことを。を読んで書きました。

★★★★★★以下、飼い主のコメント★★★★★★☆☆☆☆☆☆★★★★★★☆☆☆☆☆

KANTAがバトンを回してくれたので、せっかくだから答えてみますよ!

「あなたを知る20の質問バトン」

バトンが苦手という方も多いので続きはこちらへ↓

シネマ歌舞伎~野田版研辰の討たれ~

chi96.jpg

シネマ歌舞伎★野田版・研辰の討たれ★

日時■2月22日(水) 午後5時/午後7時10分
場所■新橋演舞場
詳細リンク■2月のシネマ歌舞伎特別上映情報

シネマ歌舞伎第2弾「野田版 研辰の討たれ」が、新橋演舞場で1日限りですが上映されます。
これが評判良ければ、また各地での上映、東劇での上映などがあるかもしれませんね!
しかし、1度限りだったら嫌だな~と思い、悩んでいましたが本日チケットを購入しました。

そうなのです。チケットは既に発売中! (2/8~販売開始)

結局買うなら、発売日にすれば良かった(涙) 隅っこの席になってしまいションボリです。
でもまあ、映画ですし、どんな風になったのかが観たいだけなので、文句はいうまい。
第一弾の「野田版鼠小僧」も東劇で観ましたが、シネマ歌舞伎はなかなか良いですよ!!
最前列のかぶりつきで観ている視点、舞台が見渡せる1階席中ほどのお席の視点、そして、
二階もしくは三階から観ているような遠目の視点・・・と、歌舞伎座のいろんな座席から
歌舞伎を観た感じを一度に楽しめる。お買い得な新しい歌舞伎なんです。

それはもちろん劇場で、お好みのお席で観るのが一番ですが、歌舞伎のチケットは高いし、
そう簡単に好きな座席では観られません。
なのでシネマ歌舞伎は本当に有り難いのです。歌舞伎座でやっている歌舞伎が数ヶ月遅れ
とかでいいから、すべてシネマ歌舞伎になったらな~と思うくらいです。
松竹さんは、映画配給もやっていますから東劇を歌舞伎専門映画館にしてくれてもいいのに。
・・・なんてことをしたら、2000円で観られる歌舞伎に人が集中して、劇場の集客数が
減ってしまうかしら? 

ともあれ、シネマ歌舞伎は、臨場感溢れる映像で観られる歌舞伎で、お値段も安くてお薦め
です。昨年の襲名興行「野田版・研辰の討たれ」を見逃した方、もう一度観たい~と思って
いた方などは観て損はないと思います!
DVDもありますが、大きな画面+良い音響で観るとまた違いますよ 

banner_02.gif   にほんブログ村 演劇ブログへ

↑お気に召したら、ポチッとお願いします

幻の逸品買います

2月7日、夜のことである。
なんでも鑑定団に「チビ猫」が登場していると、地元の友達から電話があり、さっそくTVを
つけてみた。そしたら、初代チビ猫ちゃんが3体も映っていて感激
やっぱり、初代は可愛いなぁ(涙) しかも、ブルードレスの子と、ホワイトドレスの子と、
両方そろって見られて嬉しかったです。初代のチビ猫の顔は、一つ一つが職人さんの手描きに
よるモノなので個体差があるのですが、どの子も可愛かった。流石、12通の応募の中から
選ばれた3匹です。結局、一番箱や、お顔の状態の良いブルードレスの子が、(株)タカラ
さんに買い取られて行きました。価格は60万。やっぱり、相場は状態によってマチマチです
が、30~60万円なんだなぁ。我家にお迎えできるわけがない

申し遅れましたが、なんでも鑑定団の「幻の逸品買います」のコーナーでした。
これは幻の逸品を探している人が、番組に依頼してそれを探してもらうコーナーです。
金額を提示して、その金額で譲ってくれる人募集!って感じでしょうか。今回は販売元で
あるタカラさんが番組に依頼して、その結果編でした。
私も募集したいくらいですが、タカラさんのような金額は提示できないです(涙) 
そのうちどこかでご縁がありますように・・・。

■豆知識■

初代のチビ猫は、1984年2月に「綿の国星」の映画化記念に、(株)タカラより
発売されたモノで、発売数は限定400体、当時の定価は2万円でした。(今の貨幣価値
だったら4万円くらいでしょうか?)
どんな子なの?と気になる方は、熊八さんのHP・チビ猫写真館をご覧下さい。
●こちら→http://n_kumahachi.at.infoseek.co.jp/chibineko/index.htm

もうすぐ発売されるチビ猫は、より原作のキャラクターに似せて作られていて、それはそれで
とても可愛いのですが、初代のふっくらとしたお顔と、こぼれ落ちそうに大きな青い瞳の魅力は
やっぱり格別です。個体差があるのもまた「うちのチビ猫」感が増していいな~と思います。

2月4日のブログで、チビ猫のことを書いたばかりだったので、なんでも鑑定団はタイムリー
だったなぁ。電話で教えてくれたH君にも感謝!

0025.jpg
↑ドールつながりで、我家にいるお人形Ⅱ。
ゴーチェ(仏)のレプリカドール。大人しそうな可愛い子です。

banner_02.gif   にほんブログ村 演劇ブログへ

↑お気に召したら、ポチッとお願いします

天空の草原のナンサ

ddn.jpg
公式サイト→http://www.tenku-nansaa.com/

モンゴルの大平原に暮らすバットチュルーン一家。寄宿学校?から家族のもとへ帰って来た
少女・ナンサの視点で、遊牧民の生活や、広がる自然、青い空を見て体感する映画です。
カンヌ国際映画祭でパルムドッグ賞を受賞したブチ犬「ツォーホル」の名演も必見!!

ストーリーの展開は、平坦で緩やか。それはスクリーンに映し出されるモンゴルの大平原が
どこまで行っても平坦で、地平線の彼方まで続いていそうに見えるのと同じです。
でも、その緩やかさがいいなァと思いました。癒された。

ナンサは真っ赤なホッペに三つ編みのおさげ。お母さんが作ってくれた青い民族衣装を着て、
元気に、たくましく生きる6歳の少女。
ナンサは、ある日、ほら穴で賢い犬を拾います。ツォーホルと名付けて可愛がるものの、
お父さんは狼の仲間かもしれないから捨ててこいと猛反対。
そんなありふれた話の流れの中、ナンサは「黄色い犬の伝説」や「輪廻転生」について教えて
くれるお婆さんと出会ったり、母から「すべては思い通りにならない」ことを学んだりと、
少しずつ成長していくのです。大人の私も、映画の素晴らしい台詞に教わることがありました。

ナンサには妹と弟がいます。この二人がまた可愛いのであります。ラストに用意される、
ドキドキハラハラな場面のおチビちゃん(弟)は、ほんとうに冷や汗でしたよ!

あと、ドキュメンタリー監督が撮ったこの映画はとても自然で、リアリティーのある遊牧民の
生活を見せてくれます。遊牧民の暮らすゲル(移動式家屋)の仕組みや、家の中の様子。
ヤギの乳で作るチーズのような保存食の作り方、放牧の様子・・・、知られざる遊牧民の
暮らしが本当によくわかる。
今のモンゴルは急激に都会化していき、天候不良などもあって、遊牧民の数は減少傾向に
あり、いずれはいなくなると言われています。発展していく社会に吸収されていく遊牧民の
生活様式や文化を映像で残したという点で、この映画はのちに貴重な物になる気がします。

あと、すごく感心したのが子供達を撮るのが上手い。
是枝監督の「誰も知らない」もそうでしたが、子供の視点で世界を映し出してくれます。
実際、監督は二ヶ月間、バットチュルーン一家の近くで生活し、子供達と遊び、距離を近くして
撮影をしたそうです。そうだろうな~。そうでなければ、あんなナチュナルな子供は撮れない。
演技ではなく、ありのまま。家族がホームビデオで撮ったような暖かさがあります。
それが、静かな感動を呼び起こす。泣ける映画ではないですが、なんとも暖かく、ジンワリして
しまう不思議な感動作品でありました。
そして、忘れてならないのが家族の絆と信頼関係。小さな子供であっても、子供扱いせずに、
信頼して大事な仕事を任せる。父が遠出で留守をしても母がしっかり家を守る。
今の日本の家庭事情からでは、とても想像できないような関係を築いています。
そこにも、とても感動しました。

ともあれ、とても良い作品ですので、近くでやっているようでしたら、是非観てみて下さい。

監督:ビャンバスレン・ダヴァー (らくだの涙)

nansa2.jpg
↑名演技の可愛いワンコ・ツォーホル。ラストの活躍には拍手です!

映画のお薦め度:★★★★★(5段階評価) とりあえず、観て!  

banner_02.gif   にほんブログ村 演劇ブログへ

↑お気に召したら、ポチッとお願いします

二月大歌舞伎 ●昼の部●

二月大歌舞伎・昼の部の感想を書いておきます。

【春調娘七種 ~はるのしらべむすめななくさ~】

正月七日は七草粥を食べる日ですが、こちらは七草の踊りです。踊りで邪気を祓って、平穏
な一年を祈る。とても華やかなので、立春を迎えた二月歌舞伎座の幕開けにはピッタリだと
思いました。荒事の所作を入れながら力強く踊る曽我五郎(歌昇)、それとは対照的に優しく、
柔らかい踊りを見せる曽我十郎(橋之助)、可愛い姫様(芝雀)と三者三様の踊りが楽しめる
のがいいですよね あと、曽我兄弟の衣装が可愛い。浅葱色の裃に長袴+赤い小袖。
裃には五郎が蝶々、十郎に雀の絵が描かれています。昨年七月の松竹座の「寿曽我対面」
を思い出しました。同じ衣装なので。

【一谷嫩軍記(いちのたにふたばぐんき)~陣門・組打~】

昨年十一月に仁左衛門の熊谷直実で上演された「熊谷陣屋」の前の段になります。
しかし、イヤホンガイドや、筋書なしで、なんの予備知識もなくこの芝居を観ても、なにが
なにやらわからないのではないか? と心配してしまいました。この話のポイントは、直実
の倅・小次郎と、平敦盛の入替わり。直実は、敦盛の首を討ちとったぞ! と手柄を立てる
のですが、実は義経の命令で自分の倅・小次郎を身替りにして殺したという悲劇。
この入替トリックは、次の段「熊谷陣屋」で種明かしされるのですが、この「陣門・組打」の
場を普通に見ているだけでは、そのトリックに気付けない。それだと、敦盛の首をはねる
愁嘆場で感動できないと思うのですが……。このように、歌舞伎はたまにちょっと不親切。

今回は新しい工夫を凝らし、いろいろ変えてありました。いちばん大きいのが、須磨の浦での
子役を使ってやる遠見の演出のカットかな~。人気の演出なのにカットになっていて残念。
個人的に白馬に乗って現れる敦盛(福助)が絵的に綺麗で好きです。赤地に白抜きの桜を
あしらったホロと、緋縅の鎧。で、白馬ですよ! (歌舞伎の)白馬に乗った王子様です
あとは最後の「未来は必ず一蓮托生」で、敦盛(実は倅)の首を切り、「かーちーどーきー」
と涙を隠し曇る声で叫ぶ直実(幸四郎)に感動しました。
しかし、後の話を知らなかったり、事前学習なしだったら、あっけらか~んとなっていた気は
します。敦盛を恋い慕う玉織姫に芝雀。敵役・平山に錦吾。(※この話の平山武者所は、悪い
人に描かれています。歌舞伎に源平の話は数多とありますが、それぞれ役の性格等が違う
ので、そこが面白いな~と最近思います)

【お染久松 浮塒鷗 ~うきねのともどり~】

菊之助のお染に、橋之助の久松。女猿曳に芝翫。
今月の二人娘道成寺でも思いましたが、菊之助くんは踊りが硬い。緊張してるのかな?
少年ぽくもある。・・・きっとご本人が真面目そうだから、色気が足りないのだ! なんて
ことを思いながらお染を見ていました。で、ちょっとウトウト。歌舞伎は長丁場なので、気が
付くと寝ていたりしますが、それもまた本当に夢を見ているようで、好きだったりします。
ごめんなさい。今度はしっかり気合い入れて見ます。

P1010006ka.jpg
↑幕間に撮った歌舞伎座ロビー。
この広い踊り場が私は大好き。二年後に建て直されてしまう歌舞伎座ですが、なるべく今の
様式を残して欲しいな~。ファッションビル化計画とか反対です!

↓長くなったので続きはこちら。

悪魔の手毬唄(市川崑監督)と古畑任三郎

00aku.jpg


週末はDVDを見て過ごしました(+お買い物)。私は市川崑監督の撮った金田一耕助の
シリーズが大好きで、上の画像の「金田一耕助の事件匣」+「犬神家の一族」はかなりの
リピート率で観賞しています(笑) ※ちなみに、東宝で撮ったトヨエツ金田一の「八つ墓村」
は、市川監督の金田一作品でも何故か殆ど見返しません。

ここ二日間で見たのは「悪魔の手毬唄」×2回、「獄門島」×2回……なのですが、
見たくなった切っ掛けは、第一に、お正月にやっていた「古畑任三郎~今、甦る死~」。第二に、
先日観た「京鹿子娘二人道成寺」だったりします。
任三郎の「今、甦る死」は第一夜、石坂浩二+藤原竜也がゲストキャラの回。石坂さんと
いえば、金田一。竜也くんは稲垣吾郎が金田一をやった「八つ墓村」の田治見辰弥役。
さらに、事件が起きたのは「鬼切村」! 誰もが、三谷さん、金田一で遊んでる~と思ったはず。
「悪魔の手毬唄」の舞台は、鬼首(オニコベ)村。村に伝承される手毬唄にのっとって連続
殺人が起きる話です。これが夜中に聞くととても怖い。市松人形が好きな私でも、映画に出て
くる顔が半分赤くなった鞠つきをする人形は怖い。・・・と、話がそれましたが、任三郎の
事件にも手毬唄(数え唄)が出てきましたね。あの「アヘアヘアへハ…♪」という奇妙な唄。
あの唄が頭から離れず、なんとな~く「悪魔の手毬唄」が見たくなったという(笑)

しかし、「悪魔の手毬唄」は哀しい。一人の男のせいで、人生を狂わされた女が四人。その男
の娘という理由から殺された女の子が三人。岸恵子の「むごい男とわかっていながら、でも
好きじゃった」と慟哭する場面は何度見てもジーンと胸にきます。また、岸恵子に惚れている
若山富三郎演じる磯部警部もイイ! 事件モノとしてだけではなく、人間ドラマも良く描かれ
ているので、私は石坂金田一モノの中では、この作品がかなり好きです。
いちばん好きなのは「犬神家の一族」ですが・・・。
この映画、そのむごい男の職業が活動写真の弁士だったという設定から、昔の無声映画の
映像や、トーキー映画が入ってきた当初人気だった「モロッコ」(マレーネ・ディートリッヒ
がやたらに美しい映画)の映像なども使われていて、そういうのも巧いというか、いいんです。
00mare.jpg

で、「悪魔の手毬唄」を見たら、無性に「獄門島」も見たくなった。あと、この獄門島は「道成寺」
を連想させる映画で・・・。第二の殺人は鐘入りですし、映画の中でもっともインパクトのある
キ●ガイ三姉妹の母は、女役者(草笛光子)。その回想場面で娘道成寺を踊っています。
とても生々しい感じですが。それで、「獄門島の道成寺ってどうだったけ?」と、ますます見た
くなったんですよね(笑)。
こちらは俳句になぞらえて起こる連続殺人。「悪魔~」に比べると悲哀はあまり感じられませ
んが、映像はとても美しい あと、大原麗子がすごく可愛いんですよ。つけ加えて、
司葉子の美しさと、その子供時代の切ない回想も見どころです。

そして、「獄門島」を見た私は、島つながりで「悪霊島」も見たくなっています。が! こちら
はDVDを持っていないのだった。「鵺の鳴く夜は恐ろしい」のキャッチコピーが有名な「悪霊島」
は、篠田正浩監督の作品で、金田一は鹿賀丈史! 監督の奥様・岩下志麻がとても美しかった
印象があります。見たい。見返したい。・・・と、こんな状態で、今、一人*金田一ブームが
到来中! 中古でいろいろ探すかな~。

石坂*金田一、30年ぶりに復活!!

来年公開予定だそうです。市川崑監督×石坂浩二のゴールデンコンビで、「犬神家の一族」
を新しく撮るという話で・・・。楽しみ しかし、監督は齢90なんですが、
石坂さんも還暦過ぎているんですが……。どうなるんだろうか?
情報はこちらから→http://movie.www.infoseek.co.jp/news/story/28sankei66828/3/

banner_02.gif   にほんブログ村 演劇ブログへ

↑お気に召したら、ポチッとお願いします

該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。