たらら~んとしたブログ

歌舞伎・演劇・映画などの感想やら、非日常な日常やら、たらら~んと書いてるブログ。
MENU

東京コンテンポラリーアートフェア2007

東京コンテンポラリーアートフェア2007(TCAF2007)公式サイトへのリンクバナー
東京コンテンポラリーアートフェア2007
【日程】11月23日(金・祝) ~ 25日(日)
【場所】「東美アートフォーラム」 東京美術倶楽部 3階・4階

現代アートフェア開催。若手実力派の出品や一万円で買える掘り出し物もあり!
ということで、ちょっと気になってるアートフェアです。
バスキアの作品が並ぶってので最初は注目したんですが・・・。
興味がある方は、上のバナーをクリックしてください

【概 要】
今回開催される「東京コンテンポラリーアートフェア2007」では、国内外から注目を
集めている町田久美、呉亜沙、松井冬子などをはじめ、若いアーティストの作品に焦点
を当てる。絵画、写真、インスタレーション、小物とさまざまなプロダクトが所狭しと
並び、その中には、一万円代で買えるという掘り出し物もあるので、各画廊が将来を
見込んだ現代アーティストの作品を気軽に自分のものに出来る。

アートを「観る」だけではなく、「買う(かも)」ということを意識しながら自分の感性
で楽しめば、それまでの見方と変わってくるかも。アート初心者には「アートを持つって
カッコいい!」という喜びを味わって欲しい。
もちろん、ウォーホル、バスキア、ヘルムート・ニュートンといった現代美術の大物たち
の作品もずらりと並ぶので、美術館に来たような楽しみ方もできるはずだ。(@ぴあ)

  ◆作品例◆
   喜多順子「汐」、白髪一雄「輝ける色」
   日野之彦「殺し屋」、松井冬子「夜盲症」
   水野暁「方程式の無力」、ジャン=ミシェル・バスキア「UNTITLED」

  ◆出展アーティスト◆
   町田久美、呉亜沙、松井冬子、喜多順子、水野暁、
   日野之彦、白髪一雄、草間彌生、菅井汲、李禹煥、
   アンディ・ウォーホル、ジャン=ミシェル・バスキア
   ジャスパー・ジョンズ、ヘルムート・ニュートン等

*********

楽天で買えるジャン・ミシェル・バスキア【Jean Michel Basquiat】のポスター。
絵をクリックしてね!

スポンサーサイト

更新停滞してますが。

この夏~秋は欝気味で、ローテンションな日々を過ごしておりました。
が! 元気にやってます。更新は止まっていますが、気が向いた時に覗いて
みてください。ほんとうに「たらら~ん」なペースになってる(笑)

image.jpg

もう、街はクリスマスムードですよ。なので、↓の冬っぽいマフラーを最近
買いました。シンプルなセーターの時とかでも、これをつけるとクリスマス
気分になれます。とても可愛くて、評判も上々ですよ。フリーストアのです

00k.jpg


では、また~

花蓮の夏

photo002.jpg

花蓮の夏

【内容】恋とも友情ともつかない思いを秘めた幼なじみの青年2人と、彼らを
見守る少女が織り成す恋模様。斬新な映像センスでアジアから注目される
台湾の若手監督レスト・チェンがメガホンを取り、若者たちのほろ苦い青春
を鮮烈に描き出す。(ヤフー映画より)

低迷気味だった台湾映画ですが、新しい才能の登場ですな
美しい男優が出るホモ映画だから観たわけじゃないですよ。青春映画が観た
かったのですよ!!・・・念のため言っておく。
これは当たり。ただ公開館が少なく東京・大阪・名古屋のみ。ゲイを扱うと
いうことで倦厭されたかな? それともまだ監督が映画の方では無名だから
かな? 勿体無いです。以下感想。
そうなのよね~、青春って残酷でもあるのよ。キラキラしてる時間といっても、
それは年をとったから思うことであり、青春只中の青年たちは、傷つきやすい。
孤独や愛、友情に翻弄される。そんな部分を上手く描いていました。映像も
美しく、役者も美しく、それだけ観ても損のない映画でした。
あと、何がいいって幕切れが素晴らしい。ここで切るべきというところでED
という感じで、グッときたわ。幕切れに放たれた台詞の良さに本当にやられた!
ただのBL映画じゃないですわ。これは観られる地域の方は是非観るべし!!
THE青春文学的な秀作です。主要人物の名前がみんなお星様なんですよ
パンフを買ったのですが、写真がいいと思ったら、ブエノスアイレスや花様
年華の写真家でした。そうね、王家衛のセンスにも近い作品です。王家衛より
もストーリーは全然いいですけどね。そう思うと新しい大きな才能が出てき
たんだなぁ・・・。弱冠25歳ですよ。信じられない才能だ!!!

余談だけど、この映画の主演ブライアン・チャン。きっと、日本でもブレイク
する気がします。私は韓流は苦手なんですが、台湾・香港映画は好きなのよ。
これ、ほんとうに小規模公開なのが残念です。「恋空」なんて陳腐な青春恋愛
映画を観るなら、絶対に「花蓮の夏」がお薦めですよ!!(ブラック発言)

●映画のお薦め度→★★★★★(5段階評価)
近年いちばんの青春映画でした!! 男同士のラブシーンとかあって苦手な
人もいるだろうけど、これは人間を描いているの。誰もが持ってる孤独や欲望
を鋭く、でも洗練されたセンスで撮った作品。男の子2人+女の子の三角形
ですが、いずれそれが壊れてもこの夏の時間は永遠に色褪せず輝いているはず。
この映画もそう。不変の輝きを持つ青春映画です

【観た場所】渋谷ユーロスペースで、11/10に観ました。

karen_b1.jpg
クリックすると公式サイトに行きますよ♪

該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。