たらら~んとしたブログ

歌舞伎・演劇・映画などの感想やら、非日常な日常やら、たらら~んと書いてるブログ。
MENU

四月大歌舞伎~初日/夜の部~

四月歌舞伎座初日、嬉しかったです~~。
やっと歌舞伎座の前にお祝いの酒樽も置かれて、先月よりも自粛ムードがなくなってきた
感じです。良かった!! 本当に良かった!!!

私は七之助くんが出る夜の部を観劇したのですが、今月は面白い!! 
3階のB席からだったので、細かい芝居とかぜんぜん見えなかったので、感想はまた改めて
ですが、良かったですよ~。

病気でお休みしていたこともあり、1年ぶりの歌舞伎座となった市川団十郎さんの『毛抜き』。
さすが本家だけはあって面白い。やっぱり毛抜きの主人公はヒーローチックな探偵なので、
大らかさが大事なんだな~と。
馬鹿馬鹿しい話を大らかにやる。なんか元気をもらえるお芝居でした♪

口上はまた感動的でしたね・・・。
しめっぽくはないですが、「お帰りなさい」の声もかかりまして、嫌な野次などもなく、
素晴らしい復帰口上だったと思います。歌舞伎のお客さんは暖かい。
七之助くんが謝罪などはせず、普通に口上をやってくれたのにも安心しました。
もう十分制裁は受けてしまったし、これからは心機一転前だけを見て頑張って欲しかったので、
余計なこと言わないでね~と祈っていましたが、心配無用でした。
余計なことを言ったのは左團次さんくらいで、ホモネタとかまたかましてくれて、和む、和む。
大好きです。口上の背後にある襖絵は、今回、金子國義さんが特別に描いて下さったのですが、
本当に綺麗で立派で感動しました。今日は金子先生もいらしていて、遠巻きに大ファンです~
と思っておりました。
好きなものがリンクするのって嬉しいですよね。

そして、籠釣瓶。
良かったな~。私、この演目が大好きで録画したDVDで死ぬほど見ているのですが、
何度見ても好き。田舎から出てきた二目と見れない醜い顔の大商人が、吉原の花魁に
一目惚れしてしまうのが運のツキといいますか・・・。
純情で真面目なだけに花魁に嵌って、散々貢いで、さあ身請けという時に、
人前で愛想尽かしをされてしまう。花魁には間夫がいて、花魁も本当は商人のことを
悪くは思っていないのだけれど、酷い仕打ちをしなくてはならなくて・・・というところ
も切ないです。
結局、愛しさ余って憎さも倍増って感じで、商人は花魁を殺してしまうのですが、
切なくて泣けます。何度見ても泣ける。姿が醜いというだけで、すごくいい人なだけに切ない。
ちょっとオペラ座の怪人にも近いですね。3階の後方の席は狭くて、見難くて辛いのですが、
それでも感動しました。ありがとう、勘三郎さん・・・(涙) 

今度はちゃんと一等席で観れるので楽しみです~。

実は籠釣瓶が好きすぎて、今月夜の部は三度行きます~。演劇もそうですが、
芝居は観る日によって違うので何度行っても面白いというのがよいですよね。


●お気に召したらポチッとどうぞ。↓

banner_02.gif


スポンサーサイト

該当の記事は見つかりませんでした。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://airen.blog5.fc2.com/tb.php/10-1c690fa7
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。