たらら~んとしたブログ

歌舞伎・演劇・映画などの感想やら、非日常な日常やら、たらら~んと書いてるブログ。
MENU

『伽羅先代萩』~坂田藤十郎襲名~②

020061.jpg

昨日に引き続き、歌舞伎座夜の部の感想です。本日は『伽羅先代萩』のみですが……。

【伽羅先代萩(めいぼくせんだいはぎ)~御殿・床下~】

私は今まで「先代萩」は退屈でつまらない芝居だと思っていました。名作だとは知っていても、
どうしても政岡のママ(ごはん)支度の辺りがダラダラ長く感じてしまい、ビデオだったら
早送りしたくなるような感じで。しかし、上手い人というか芸で魅せることができる人がやる
と見ごたえのある名場面なんですね。は~、もっと良席で観たかった。
双眼鏡を握り締めて、ずっと新・藤十郎さんの政岡を観ていたので、腕が疲れました。
政岡のママ支度のところは、派手な動きや、台詞があるわけではないので、表情や細やかな
所作を観てこその場面だから、ほんとうに疲れましたよ・・・。

さて、内容&感想ですが、先代萩~御殿・床下~は「伊達騒動」モノ。足利家の当主の座に
付いたまだ幼い鶴千代の命を狙う、(鼠の化身で妖術使いの)仁木弾正らから、必死に守る
乳人・政岡が主役のお話です。政岡の実の子である千松も、鶴千代のご学友兼毒見役として
出てくるのですが、この子供二人と政岡の「ママ支度」のくだりが御殿の場・前半となります。

沖の井が用意した膳には毒が入っているかもしれないと、鶴千代に食べさせなかった政岡は、
お腹が空いている鶴千代と、わが子のために自らゴハンを作る。茶のたしなみを見せながらの、
高貴な人の飯炊きなので、のんびり優雅でございます。
命を狙われているという状況下なので、子供達は1日1食。お腹はぺこぺこ。ゴハンが出来る
のが待ち遠しくてならないといったところ。
飯が炊けるまでの間、政岡は二人の子をあやすのですが、このやりとりが可愛らしく、また
いじらしかったり、切なかったりで良いのです。
母に誉められたくて「お腹がすいてもひもじくない」と言う千松。
それに対抗意識を燃やして「大名という者は、ママ食べなくても座っているものだ。俺は強い」
と言う鶴千代。二人の子供は本当にいじらしくて、可愛い。
ちなみに、千松は初舞台の虎之介。鶴千代は天才子役と謳われて、中村屋の部屋子となった
中村鶴松がやっていましたが、一生懸命しっかりやっていて微笑ましかったです。

御殿の場・後半は、栄御前(秀太郎)のお入りから。鶴千代暗殺を企んでいる弾正一派の
栄御前は、お見舞いにお菓子を持ってきたと、毒入りのお菓子を持って、八汐(梅玉)たち
とやって来るわけです。大ピンチ! 美味しそうなお菓子に手を伸ばそうとする鶴千代に
ハラハラする政岡。そのピンチを救うのは千松で、奥から走り出てきてお菓子を食べ、毒入り
だと示す。そして、八汐の見せ場。毒で苦しみ始めた千松を機転をきかして、刺し殺すの
ですが、「可哀相に、痛いかいのぉ」「これでもか、これでもか」と政岡の前でなぶり殺し。
しかし、ここで動揺してはいけない政岡は、泣きもせず、動じもせず、黙ってその様子を見て
いる。お陰で、栄御前から陰謀を企む人の名が連なっている巻物をもらえるわけですが、
わが子を目の前でなぶり殺され、平気な母親などいるわけがないのです・・・。

後半は、栄御前の秀太郎さんが良かったです。見た目は秀太郎さんなので悪そうに見えないの
ですが、腹の底になにか持ってそうな雰囲気がすごく出ていて、意地悪そうというか、なんと
いうか。あと、八汐の梅玉さんも激しさがない分、不気味な感じで面白かったです。
幼い子供の喉に短刀を刺して「これでもか」ってやるような女なのに、静かなんですよね。
それが、妙に怖い。
政岡の藤十郎さんの見せ場は、栄御前たちが去ってから。死んだわが子を抱きしめて、
「雀の唄に出てくる千松は帰ってくるかもしれないけれど、お前は二度と帰ってこない。百年
待っても、千年待ってもなんのたよりがあるわいのぉ・・・。可愛や、可愛や」と泣き崩れる
ところだと思うのですが、泣けます。泣いた。

床下の場は、舞台装置も面白いです。御殿がせり上がって、床下になる。金閣寺などでも
見られる大道具のせり上げです。床下には荒獅子男之助(吉右衛門)が荒事姿で潜んでいて、
弾正の使いの鼠を足で踏みつけて、巻物を取り返そうとしています。
しかし、鼠は逃げてしまう。それと同時に花道すっぽんから、弾正(幸四郎)が登場。
せっかく政岡が子供の命と引き換えに手に入れた巻物は、ふたたび敵の手に渡る。
床下の場は短いですが、歌舞伎らしくて面白い。
今回はスポットライトのかわりに、蝋燭の灯で弾正を照らし出していたので、妖術使いだと
いう弾正の妖しさが際立って良かったです! 

「先代萩」、夜の部いちばんの見物ですよ! ほんとうに感動したし、面白かった。

banner_02.gif

にほんブログ村 演劇ブログへ

↑お気に召したら、ポチッとお願いします。

スポンサーサイト

該当の記事は見つかりませんでした。

-3 Comments

びんちょ♪ says..."お邪魔します~♪"
こんばんは。びんちょ♪ですv-7
もうご覧になったのですね~。

私は今月は夜の部だけ、来週観劇の予定です。
でも、NHKの番組でちょぴっと観ちゃいました(笑)
松竹座の様子もちらりと映って、元気に復帰された段治郎さんのお姿を観られて、ホッとしたのでありました。。。
2006.01.04 21:42 | URL | #- [edit]
びんちょ♪ says..."きゃぁ~;;"
絵文字があっかんべしちゃって…ごめんなさい;;
2006.01.04 21:44 | URL | #- [edit]
たらら~んとしたブログ管理人A says..."こんばんは!"
さっそく行ってしまいましたe-68
一度年明けすぐの歌舞伎座に行ってみたかったんです。
家では飾れない門松や、巨大な鏡餅などを置いてある
歌舞伎座は行くだけで豪華な新春気分。
今年は襲名披露ということもあり、より豪華な感じで
満喫しました。

段治郎さん、元気になられたようでよかった。
松竹座も行きたかったです。遠すぎるv-409
2006.01.04 23:11 | URL | #EB29KFfw [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://airen.blog5.fc2.com/tb.php/105-3f0c876c
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。