たらら~んとしたブログ

歌舞伎・演劇・映画などの感想やら、非日常な日常やら、たらら~んと書いてるブログ。
MENU

浅草歌舞伎千秋楽

200601262330000.jpg

本日は、浅草歌舞伎の千秋楽でした。第二部に必死こいて駆けつけたので、簡単ですが
感想などを書いておきます。(本日のお席→3階席中央)

【お年玉】

本日は、浅草歌舞伎を支える男・市川亀治郎丈。ですが、遅刻してしまったので、終わり
の方しか見られず。最前列のお客様(初老の男性)に飴?をあげていましたよ。
「千秋楽なので役者も熱が入っています。皆さんも熱く、熱く見て下さい」みたいなこと
を言っていました。う~ん、頭から観たかった。

【五・六段目】

落ち着いて、しっかりやっていたように思う勘太郎の勘平。3階席から双眼鏡なしで観て
いると気になっていた大げさな動作が、まったく気にならなかったのに驚きました。
観るお席によって、違って見えるのは当たり前ですが、こういう感じ方の違いがあるので、
可能な限りいろんな席で、複数回観たくなります(涙)
これでしばらく勘太郎の勘平は観られなくなると思うと、なんだかとても淋しくて、
はじめて千秋楽を迎えることが嫌になりました。(私が出てるわけでもないのに・・・)
もっと、観たかったな~。運命の悪戯に、若くして死んでいく勘平の最期。とても綺麗で、
またもや泣けてしまいました。「かる…、かる…」と愛しい恋人のマボロシでも見えている
のか、今際の際に繰り返し名を呼ぶと、おかやの手が背後から伸びてくる。
それを感じてか「母者ひと…」と呟く勘平。きっと、勘平はおかるのことを想うのと同時に、
「これから義母さんは、自分のことを責めなさるのじゃないか」と気遣っているようにも見え、
今夜は残されるおかやの気持ちまで考えてしまい、泣き度がアップ。
おかるのご両親はとても気持ちのいい人たちで、婿が可愛くて仕方がなくて、お金まで
用意してあげる。そんな人(おかや)です。婿が亭主を殺したと早合点して責めたせいで、
勘平が切腹してしまったんじゃないかと、絶対のちに後悔すると思うんですよね。その上、
旦那は殺され、娘は女郎に・・・。あの寂しい雨漏りのする家に一人残されるおかやも
本当に可哀相です(涙)
「仮名手本忠臣蔵」はよく出来た話なので、こういう脇の人の人生というか、その後まで
気になってしまいます。

【蜘蛛糸梓弦】

五・六段目が切ない芝居なので、最後にこれを観て劇場を出られるのは本当に幸せです。
楽しい! 本日も楽しませて頂きました。最後の絵面の見得で幕が閉まっていく時の蜘蛛
の糸、千秋楽だからか、いつもよりちょっと多かったように思います。拍手も大きかった!!
ところで、階段から出てくる座頭。あの仕掛けはどうなっているんだろう。今日こそチェック
しようと思っていたのに、見入っていて忘れてしまった。
亀治郎さんの創意工夫と、お客さんを楽しませようとする熱意は本当に凄いです。歌舞伎座
でもいつかやって欲しい演目でした。
(今夜は、友達と飲みながら歌舞伎座キャストを考えて楽しみました・笑)

【スペシャルカーテンコール】

本日は千秋楽ということもあり、SPカーテンコール
亀治郎さんが座長のような、愉快なカーテンコールでした。今日は、亀鶴さん、男女蔵さん、
門之助さん、鳴り物、囃子方等オールメンバーが登場。蜘蛛四天は、はしゃいでアンガールズ
をやっていましたよ。最後は、「ラストハッスル」ということで、みんなで「ハッスル、ハッ
スル」とやっていましたが、そういうのが恥ずかしいのか七之助くんは、小さくハッスル
していました。

しかし、歌舞伎にカーテンコールってどうなの? とは、ちょっと思います。千秋楽だから
いいのですが、最近はなんでもかんでもカーテンコールで、ライブなどでもお決まりみたい
なアンコールがあまり好きじゃない私は、逆にスッキリしません。
勘太郎も先日の歌舞伎講座で、「本当に心から感動してっていうのならいいけど、あるのを
期待してって感じのはちょっと嫌ですね」みたく言っていましたが。新しい悪しき風習と
ならないよう、本当に良かった特別の日だけになるといいな~。浅草歌舞伎は進化する
歌舞伎だと受け止めていますが、「歌舞伎らしさ」を新規の若いお客さんに伝えるのも大事
な気がします。
ミーハー視点で見れば、ちょっとでも多く好きな役者は見たいので、大歓迎なんですけどね。

ちなみに、歌舞伎ではじめてスタンディングオベーション→カーテンコールが起こった
のは、猿之助さんの舞台だそうです。
海外で、舞踊ではじめて起こったのは中村勘三郎(当時勘九郎)さんの舞台だと聞きました。

★本日は、千秋楽ということで、上の画像の「千秋楽記念ステッカー」が50円で販売されて
いました。その他にも、千秋楽記念福袋1000円などもあったようですが、三階からのんびり
降りてきた頃には完売していて、どんなものだったのかはわかりませんでした。

000kk.jpg
↑本日の観劇おやつ。小江戸川越 天明三年創業 龜屋の「亀どら」。美味しいです。

banner_02.gif   にほんブログ村 演劇ブログへ

↑お気に召したら、ポチッとお願いします

スポンサーサイト

該当の記事は見つかりませんでした。

-4 Comments

恵美 says...""
こんにちは!
さすが浅草歌舞伎の千穐楽♪
千穐楽ステッカーに福袋、カーテンコールとは・・・すごいですね。
楽しく読ませていただきました ^^ 。

>雨漏りのする家に一人残されるおかや
そうそう♪そういう優しさに溢れているお話しで、TT 本当に泣けますよね。

>あるのを期待してって感じのはちょっと
私もまったく同感です。
でも観客は毎日違うわけだし、毎日初めて観る方がみえて感動していただけてるのも確かでしょうし・・カーテンコール問題は難しいですね。

「亀どら」美味しそ~♪
2006.01.27 13:05 | URL | #- [edit]
管理人A says..."恵美さん、こんばんは!"
コメントありがとうございます。
浅草歌舞伎千秋楽レポ、拙いですが読んでいただけて嬉しいです。
浅草歌舞伎は、いろんな試みがあって楽しかったです。クイズとか、
4回以上違う役者のお年玉を見るとポスタープレゼントとか・・・。
何故かセロテープ等のグッズもあり。いちばん、の違う点は役者の素顔の
プロマイドまで販売していることかな~(笑)

今月は、忠臣蔵を劇場で5回観たのですが、毎度気付かされることがあり、
毎度泣けてしまいました。
カーテンコールは、近年よく起こるのですが、賛否両論ですよね。
歌舞伎は「今日はこれ切」って感じに、送り出しの太鼓の音を聞きながら帰る方
がらしくていいのにな~と思います。

亀どら美味しいですよ。楽天ショッピングで通販もしているので、お試しあれ!
http://www.rakuten.co.jp/k-kameya/
2006.01.27 19:03 | URL | #EB29KFfw [edit]
恵美 says..."浅草ならでは"
Aさん(で、よいのでしょうか?)、
リンクしていただきありがとうございます!
>4回以上違う役者のお年玉を見るとポスタープレゼントとか・・・。
Aさんもポスターいただきましたか?
クイズにセロテープ(笑)、ほんと浅草ならではのお楽しみがてんこ盛り!でしたね。
>「今日はこれ切」送り出しの太鼓
めりはりというか、サバサバ感(笑)がかぶいてますよね ^^ 私も大好きです。
でも、着物の日のラストには全員での挨拶がありました。
蜘蛛糸出演者は衣裳のままで、あんなにパワフルな亀治郎さんも
さすがにぜぇぜぇハアハア言いながら(笑)
獅堂さんに助けを求めていました。
その様子がみんな楽しくて和やかで、とても良かったです。
あ~ゆ~のは悪くないなぁ♪
また来年も楽しみですね!

亀どらは川越なんですね?
川越には歌舞伎フレンドもいるので、今度一緒になる時に、お願いしてみま~す♪
2006.01.27 22:48 | URL | #- [edit]
管理人A says..."ポスター頂きました"
去年の正月はまだ田舎暮らしだったので、何度も行けませんでしたが、
今年は都内在住になったので、5回ほど観に行きました。(→馬鹿)
なので、ポスターはしっかりGETしたのですが、大きくて部屋には貼れず
勿体無い感じです。
来年もポスターが貰えるくらい観たいです(笑)

着物の日もカーテンコールがあったんですね。
私も来年は着物DE歌舞伎に参加してみたいです。着物はあっても着付けが
できないので、箪笥の肥やし状態です(涙)

2006.01.30 23:16 | URL | #EB29KFfw [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://airen.blog5.fc2.com/tb.php/127-4bf9f1c8
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。