たらら~んとしたブログ

歌舞伎・演劇・映画などの感想やら、非日常な日常やら、たらら~んと書いてるブログ。
MENU

五月大歌舞伎

今日は急遽、耐えかねて歌舞伎座・昼の部に行って来ました。三階席からですが、
どうしてももう一度「車引」が見たかったんですよ~。
いや~、良かった車引。今日は何故だか泣けちゃったわ。勘太郎ちゃんの梅王丸は、
なんとなく彼の将来性が垣間見える感じで頼もしかった。七之助もすごく頑張ってる。
声が腹から出せないと、パパに散々怒られていたのが嘘みたいに、三階席まではっきり
と台詞が聞こえて感動しました。
それに付き合ってくれた海老蔵様。海老様は居るだけで華やかだし、存在感があるので、
中村屋兄弟だけでは、浅草歌舞伎にようになっちゃうところが、大歌舞伎にまで
押し上げてくれるので有り難いですよ。海老様が浅草に出てくれたらな~。

そうそう、今日は荒川良々君を見かけました。
あと、本日の桟敷席は銀座の高級クラブ・グレの総見となっておりました。綺麗~。
涼やかな夏着物のホステス様たちが並んでいましたよ。美人です。
女優以上に美人さんもいました。グレのママは有名ですよね~。光安さんとかいう。
今は、お雇いママを置いてるらしいですが・・・。

そう。今月は結局、三度、歌舞伎座に足を運びました。

昼の部×2回。夜の部×1回。

昼の部は、車引、芋掘長者、芝居前、髪結新三です。
芝居前は口上がわりの演目で、両花道に歌舞伎役者(幹部俳優)勢ぞろい。
華やかだったですね~。
新三は勘三郎さんが素敵でね。惚れ直しましたよ。
(感想は今回書きません・・・)

夜の部は、義経千本桜(四の切)、鷺娘、研辰の討たれ。
鷺娘は、すごく綺麗でした~。
久しぶりに踊りで凄く感動しました。
まさにバレエの瀕死の白鳥のようです! 最後に痛めつけられて、死んでいく感じの
演出は、ほんとうにアンナ・パブロア(だった筈)の瀕死~から盗んだらしいですが。
雪が降る中で踊る玉三郎さんは、錦絵以上の美しさ・・・。
は~。本当に鷺娘は良かった!! 
演出からなにから素晴らしくて、もう一度見たいくらいです。

研辰も面白かった~。また大阪で観るので感想はその時に書きますね。
野田さんはやっぱりスゴイです。


banner_02.gif


スポンサーサイト

該当の記事は見つかりませんでした。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://airen.blog5.fc2.com/tb.php/18-79df10b8
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。