ブロークバック・マウンテン
2006 / 03 / 28 ( Tue )
4105121678bm.jpg

●公式サイト→ブロークバック・マウンテン

27日、出勤前にふらりと観て来ました。日比谷のシネ・シャンテ。
本年度アカデミー賞3部門受賞というのが効いているのか、平日なのに映画館は混雑。
混むだろうと思って水曜レディースDAYなどは避けたのに、結局混雑でビックリしました。

最近映画を観ていないな~と思って、何か観たいと参考にしたのは、スマステーションの
月イチゴロー。稲垣さんのコメントはわりと正しいというか、私の感性に合っているので
とても参考にさせて頂いています。「ブロークバック・マウンテン」は2位だったのですが、
1位がホラー系映画だったので、稲垣さんが2位に薦めたコレを観賞。
やっぱり、良かった! すごく感動しました。

同性愛を扱った映画ですが、描いているものは普遍的なテーマ。人を愛する美しさ、尊さと
いったものでした。カウボーイの男性二人が友情から始まって、恋に落ちる。その結末まで
を美しいアメリカ西部(ワイオミング)の景色にのせて描く。
保守的で、同性愛バッシング(差別)が強い時代。二人の愛はそんな厳しい時代と社会に
よって、大っぴらには育めないのであります。

突き抜けるような青空(OP)と、荒涼とした大地…ブロークバック・マウンテンこそが二人
にとって唯一の楽園。誰にも社会にも邪魔されず愛し合える場所だった。
タイトルにもなっているこの大切な場所が最初から最後まで、とても意味のある使われ方
をしています。素晴らしいです!

しかし、主人公の二人をはじめ、出てくる主要人物がみんな幸せになれないので、観た後は
なんだか切ない、悲しい気分になりました。「好きな人と愛し合いたい」。ただそれだけ
のことが許されない社会のせいで、主人公二人+それをとりまく人々が、みんな辛い思い
をしてしまう。二人が世間体のために結婚した女性、その子供、家族・・・。
本当に間違ってるな~と思いました。

同性愛を扱った映画はいろいろありますが、「ブロークバック・マウンテン」は重いです。
ナチスの同性愛禁止という状況下で、ピンクトライアングルを付けられ収容所に入れられて
しまったゲイカップルが貫いた崇高な愛の物語「ベント」、カトリックという宗教が同性愛
を禁じていることから苦悩する若きゲイの神父の物語「司祭」・・・このあたりと似た重さが
あります。考えさせられちゃう。

内容については、ネタバレになりすぎてはいけないので触れませんが、良い映画でした。
映像も音楽もいいです。エンディングロールに流れる歌がまた感動!! これは是非、観て
頂きたい作品。この世の中から全ての偏見や差別がなくなってしまえばいいのにと、願わず
にはいられなくなる映画です!!
俳優では、~ジェイク・ギレンホール(ジャック役)~がとくに良かった。愛する彼(イニス)を
見つめる愛情深い眼差し。芝居とは思えなかったです。

●映画のお薦め度→★★★★☆(5段階評価) ジャックとイニスの永久の愛は、セクシャル
マイノリティーではない、ヘテロな人でも打たれると思います。

banner_02.gif   にほんブログ村 演劇ブログへ

↑ポチっと、ブログランキング 検索にもどうぞ!



スポンサーサイト

テーマ:ブロークバック・マウンテン - ジャンル:映画

01 : 20 : 29 | 映画/DVD | トラックバック(6) | コメント(2) | page top↑
<<中目黒で花見 | ホーム | PARCO歌舞伎千秋楽~お疲れ様!~ >>
コメント
--TBありがとうございました--

TBありがとうございました。

時代といえ、イニスとジャック、彼らの妻子は悲劇でしたね。そして、アメリカの地方は同性愛者に暴力的なのに衝撃を受けました。
「ベント」も見ました。冒頭の女装姿のミック・ジャガーに驚きました^^;
by: mugi * 2006/03/28 21:57 * URL [ 編集] | page top↑
----

私もアメリカでもあんなに惨い差別リンチなどがあったことに
衝撃を受けました。ドイツや中国や、南米の一部、英国、
昔は本当に酷かった。人と人が愛し合うのに性別や国境など
関係ないと思うのにな~。
「ベント」のミック・ジャガー様は必見ですよね!
TB返してくれて有難うございましたv-22
by: 管理人A * 2006/03/29 00:17 * URL [ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://airen.blog5.fc2.com/tb.php/209-8cfe9415
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
「ブロークバックマウンテン」感想
ブロークバック・マウンテン冷静に観れてじわじわじわじわくる作品。ヒースの演技に理屈ぬきに感動しました。久々にナガイ感想となりました↓最初ジャックの方がずいぶん積極的で、イニスの方は気持ち的には受身で(実際は逆だったがw)一時の遊びのつもりかな、結婚もする おえかき上達への道R1【2006/03/28 01:38】
ククーシュカ ラップランドの妖精
フィンランド最北のラップランドで、ロシアとドイツの同盟国であったフィンランドが戦っていた頃、命を落としかけたロシア兵のイヴァンとドイツ兵の軍服を着せられたフィンランド兵のヴェイッコの二人は、現地に住むサーミ人(ラップランドに暮らしている民族)のアンニに助 日っ歩~美味しいもの、映画、子育て...の日々~【2006/03/28 07:35】
ブロークバック・マウンテン 2005年【米】アン・リー監督
 1963年の出会いから20年に亘る男たちのラブ・ストーリー。同性愛でも映画で描かれるようになったのは時代の流れだろうか。案外保守的なハリウッドでも、異端視されなくなったのかもしれない。今時の映画に珍しいゆったりした展開だった。 舞台は1963年のワイオミング州ブ トーキング・マイノリティ【2006/03/28 21:50】
『ブロークバック・マウンテン』 2006・3・19に観ました
『ブロークバック・マウンテン』  公式HPはこちら ←クリック●あらすじ1963年、ワイオミングのブロークバック・マウンテンの農牧場に季節労働者(羊番)として雇われたイニスとジャック。彼らは大自然の中で一緒の時間を過ごす内に深い友情を築いていく。しか 映画と秋葉原とネット小遣いと日記【2006/03/30 17:34】
「ブロークバック・マウンテン」人を愛することの幸せと残酷さを知る
「ブロークバック・マウンテン」★★★★ヒース・レジャー、ジェイク・ギレンホール主演アン・リー監督、2005年アメリカ大自然を前にしても人の心は開放されない。人生は思うようにならないもの、ならばやはり人は何かを自ら選び取らなければならないの... soramove【2006/04/04 11:48】
映画館「ブロークバック・マウンテン」
先週末から、地元のシネコンでも上映になったので観ることができました!カウボーイの同性愛を扱った作品ということで、話題になりましたねぇ。ゲイを扱った作品は、今までにも沢山ありましたが、今までのものとはチョット違った感じがしました。美しさを前面に出すわ... ☆ 163の映画の感想 ☆【2006/04/12 11:09】
| ホーム |