たらら~んとしたブログ

歌舞伎・演劇・映画などの感想やら、非日常な日常やら、たらら~んと書いてるブログ。
MENU

ドラえもん「のび太の恐竜2006」

00kyouryu.jpg
映画ドラえもん「のび太の恐竜2006」

泣いた。先日観た「ブロークバック・マウンテン」でも泣きましたが、今日はさらに泣いた
出勤前に映画第二弾だったので、泣くことを予想してマスカラ類(アイメイク)なしで劇場
に行ったのですが、正解! パンダになるところでした。
【3月29日 有楽町日劇2にて観賞】

原点回帰ともいえる今年の~春休みだよ、ドラえもん~は、映画ドラえもん第一作であり、
超名作の「のび太の恐竜」の新キャスト(声優)・スタッフによるリメイク。これは是非
観たいと思っていたので、春休みの子供達に混じって観てまいりました。

物語は、のび太が発見した恐竜の卵の化石をタイム風呂敷で生きた卵に戻し、のび太自身
が温めて孵すところから始まります。そして、ピー助と名付けた恐竜の赤ちゃんの成長と
のび太の成長を、のび太&ピー助の友情を絡めて描いていく。そして、白亜紀の恐竜の住む
世界でのび太たち+ドラえもんは大冒険をする。詳細は公式HP→こちらを♪

しかし、観始めた最初は違和感がありました。私のドラえもんは大山のぶ代さんの声のドラ
ちゃんですし、OP曲も「あん、あん、あん、とっても大好き♪ ドラえもん」だったので、
違う~~って! すぐに気にならなくなりましたが・・・。
あと、ピー助もかなり可愛くなっています。それと、やはり映像技術がぜんぜん違いますね。
白亜紀の恐竜たちが走るシーンなど、かなりアクションが良くなっている。当然ですけれど。
第一作は、1980年公開で、私がまだ小学校低学年の時だものな~。三十路を過ぎて、
また新しい「のび太の恐竜」が観られるなんて、素敵なことだと思います。
私が子供の頃も、今もドラちゃんは人気者。スゴイです!!

今回の映画のキャッチコピーは「君がいるから、がんばれる」でしたが、映画では、君=
のび太の恐竜であるピー助やジャイアンなどの仲間達をさしているのでしょうが、これは
私たちに置き換えると身近にいる誰かなんですよね。なので、とても共感できる。
子供だけじゃなく、大人も楽しめて、学ぶことが出来る作品だなぁと思いました。
そもそも映画ドラえもんの主人公はのび太で、のび太は所謂天才でも、エリートでも、何か
すごい才能があるわけでもない駄目な子なので、そういう世間に溢れるのび太的な人で
あればすごく共感できると思うんですよね。私も間違いなくのび太タイプです。
駄目でも、なんでも、その人(子)なりに頑張って生きている。それでいいんだと教えて
くれる「ドラえもん」だから、世代を超えて支持されているように思います。

泣けたな~。映画ドラえもんには毎度泣かされます。とくに泣いた記憶があるのが、この
本作「のび太の恐竜」、「のび太の海底奇岩城」、「のび太と鉄人兵団」だったりします。
映画版は、ジャイアンもスネ夫もイイ奴になるし、みんなの友情に感動しちゃうんですよね。
今日はのび太とピー助がお別れをする場面で、いちばん号泣しましたが、そこ以外でも
泣けました。子供よりも、大人が観た方がいろんな意味で感動する気がしますよ・・・。
童心に返る心地よさもありますし。ともあれ、映画「のび太の恐竜」はとても良かったです。

私も頑張ろう!!

追伸/画像は入場者全員に配られる公開記念「トコトコ★おさんぽドラ」です。
ドラちゃんの後をついて歩くように動く、ピー助がすごく可愛いです

追伸2/ピー助の声は、妖怪大戦争に主演した神木隆之介くんだったのですね。
芝居も上手な子ですが、声優やっても上手。ピー助の声、可愛かったです

***

●映画のお薦め度→★★★★★(5段階評価) 子供がいる方は、是非一緒に!!

banner_02.gif   にほんブログ村 演劇ブログへ

↑ポチっと、ブログランキング 検索にもどうぞ!


スポンサーサイト

該当の記事は見つかりませんでした。

-2 Comments

きたむー says..."とっても大好き"
ドラえもん、嫌いな人っていないんじゃないですかね?
うちのダンナさんは、のび太のダメっぷりに腹を立てて、漫画ののび太の顔に、「ぎーーーっ」って爪を立てた事があるそうです(苦笑)

私も、のび太の恐竜では泣きました。
大人になってから、よりドラえもんのことが好きになりました。
2006.04.02 22:20 | URL | #pKHacpgQ [edit]
管理人A says...""
のび太の恐竜は泣きますよね??
ぴー助とのび太の別れの場面は、本気で号泣しましたよ(笑)
近くのちびっ子はドン引きしてたかも・・・。

大人になってから観ると、いろんな視点でドラえもんが楽しめて、
より一層好きになりますよね。
今回はのび太のパパの気持ちもわかった。のびパパがのび太に
語って聞かせる子供時代の話が好きです。
もう、のび太よりも、のびママ&パパに近い年齢なんだものなー。

追伸/私も以前はのび太の駄目っぷりに苛々してました。
でも、のび太は駄目でも必ず立ち上がるところが凄い子だと
思っています。意外とたくましい。
2006.04.03 02:11 | URL | #EB29KFfw [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。