たらら~んとしたブログ

歌舞伎・演劇・映画などの感想やら、非日常な日常やら、たらら~んと書いてるブログ。
MENU

劇場スジナシ 東京公演30日

200603301834000.jpg
【劇場スジナシ東京公演】 3月29~31日 新宿東口紀伊国屋ホールにて。

鶴瓶さんが毎度いろんなゲストを呼んで、台本なし・打ち合わせなし・NGなしのぶっつけ
本番一発勝負でやる即興劇。名古屋の人気番組である「劇場スジナシ」東京公演! 
私は2日目を観て来ました。

とりあえず、「スジナシ」芝居ですので、どうなっちゃうのかは観てのお楽しみ。ゲストも
日替わり&当日発表で、劇場に向かう間、今夜はどんなモノに仕上がるのだろうとドキドキ
ワクワクでございました。いちばんの興味は勿論ゲストが誰かですが・・・。
私が30日を選んだのは、鶴瓶さんと仲良しの勘三郎さんが出る可能性があるとしたら、
この日しかありえないからなんですが。(→希望というか、ドリーム)
しかし、勘三郎さんは紀伊国屋ホールにはいましたが、舞台の上ではなくて観客だったという。
惜しい!! で、30日のゲストですが生瀬勝久さんでした。演劇FAN的には当たりかな?
ちなみに、29日はイッセー尾形さんだったそうです。

さて、本題のお芝居というか内容ですが、お題というか、指定された場所はとある「ホテルの
ロビー」。衣装もその場で選ぶのですが、鶴瓶さんは礼服(結婚式に呼ばれた時の正装)、
生瀬さんは着物姿でした。もとからの規定で、ワン・シチュエーションの芝居。与えられた
セット(場所)で、ディレクターのOKの声がかかるまで演じ続ける。その間、観客は笑った
り、拍手をしてはいけない。ノーリアクションで息を詰めて見守る。
それが、演者と観客に与えられたルールなのであります。面白いのはここで演じられる芝居
よりも、終わった直後に、出来上がったばかりの芝居のVTRを見ながら、お互いの芝居の
意味や、どうしてこの台詞が出たのか等をツッコミ合うトーク。このトークでやっと観客は、
二人がどんな役作りをして、どんなドラマを思い描いて芝居をしていたのかがわかる。
正直、即興劇自体には面白さはあまりないのですよ。変な間はあるし、何をやりたいのか
伝わらないし・・・。でも、トークの種明かしを聞くと、かなり可笑しくて笑える。
トーク部分は笑い+拍手解禁なので、観客は大いにウケておりました。愉快な企画ですよ。
面白かった~~。

内容はWOWWOW(6月)でのオンエアなどを楽しみにしている方が多いと思うので伏せ
ますが、鶴瓶さんと生瀬さんがいかに即興劇の間、意思の疎通が出来ていなかったかって
のが見どころ。「スジナシ」は演者同士が食い違えば、食い違うほど面白いんですよね。
今回は糸井重里さんが主宰する「ほぼ日刊イトイ新聞」のバックアップありだったので、
トークの途中から糸井さんも参加。あと、お約束(芝居への指定)なども糸井さんが付け
足していました。そして、最後には芝居のタイトルを命名。ちなみに付けられたタイトルは
「鼻緒から。」だったかな? ※ウロ覚え。どんな即興劇が繰り広げられたのか、タイトル
などから想像してみて下さい♪

しかし、この企画は鶴瓶師匠+ビックゲストだから成り立つものなのだな~と、本日はしみ
じみ思いました。無名の役者同士でやっても面白くない筈。観客もどこか鶴瓶さんやゲスト
役者の意図しそうなこと、考えそうなことなどを脳内で推理しながら即興劇を見て、その答え
であるトークを楽しみにしているところがあると思うので。

最後に情報ですが、今回の公演はWOWWOWが見られない方でも、8月にDVD化が決定
されているので、そちらでご覧になれます。私も今回のはDVDを買おうと思っています!
31日のゲストは誰なのだろう?

■CBCスジナシ公式HP→こちら♪
■糸井さんのほぼ日HP→こちら♪
■ほぼ日内スジナシのP→われらスジナシ応援団

***
 
banner_02.gif   にほんブログ村 演劇ブログへ

↑ポチっと、ブログランキング 検索にもどうぞ!



スポンサーサイト

該当の記事は見つかりませんでした。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://airen.blog5.fc2.com/tb.php/213-351c9e45
抱腹絶倒・・・スジナシ
笑福亭鶴瓶師匠の 劇場版スジナシ に行ってきた。もう笑った、笑った…、お腹が痛いです[:イヒヒ:]「スジナシ」とは…笑福亭鶴瓶師匠とゲストで、台本なし・打ち合わせなし・NGなしのアドリブだけで即興ドラマを作る、CBC製作の人気番組です。といっても、CBC製作
[観覧-舞台]
【スジナシ】を観に新宿へ。 【[http://www.1101.com/:title=ほぼ日刊イトイ新聞]】で募集していた『【スジナシ】応援団』なるものに当たったんだって。友だちが。 応募には応援団になるべく熱い思いを書いて送る、で日に10人だけの枠に通ったそうですよ。 それに誘ってもら
劇場スジナシ 東京公演
劇場スジナシ 東京公演
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。