たらら~んとしたブログ

歌舞伎・演劇・映画などの感想やら、非日常な日常やら、たらら~んと書いてるブログ。
MENU

コクーン歌舞伎~東海道四谷怪談~南番①

007yo.jpg

前回の感想があまりに、感想ではないので舞台感想&メモを書いておくことにした。
●観劇日→4月1日昼の部 
●詳細→こちら♪ 

【浅草観音額堂の場】

舞台セットが素敵である。どーんとドデカイ浅草雷門の仁王像が舞台中央奥に・・・。
個人的にこの場では、お梅(七之助)が伊右衛門を見かけて、ポワワンとなるところが
好きです。「あなたじゃ、あなたじゃ、あなたじゃわいなァ」。お梅ちゃんって電波系ですよね?
藤色の振袖姿の七之助くんは綺麗でした が、相変わらず細いな~。
そして、待ってました! 与茂七(勘三郎)登場。敵討ちのために奔走してるはずの与茂七
ですが、地獄宿(売春宿)で女を買う約束をとりつける。大詰ではカッコイイ与茂七ですが、
こうして考えてみると敵討ちヒーローのわりに、スケベですね(笑) こんな風に登場人物
にリアリティというか、人間臭さがある南北戯曲。大好きです!

【按摩宅悦内の場】

ここの見どころは、小山三さんのおいろ。イイです。地獄宿の遣り手婆って感じです!
あと、与茂七が行灯の灯りでお袖(女郎/扇雀)の顔を見て、「ありゃ、わが女房!」と
気付いて痴話喧嘩になる場面が好きです。散々、怒ったあと、考えてみたら女郎を買おうと
してた俺も悪いか…となる。可愛いですよね~。「己の女房に勤め(金)を出すとは」
とか、次の場が凄惨な場なだけに滑稽味溢れる場でもあり、和みます。

【浅草観音裏地蔵前の場~田圃の場】

伊右衛門が四谷左門を殺し、直助(弥十郎)が奥田庄三郎を殺す場。ワル二人でございます。
弥十郎さんの直助は初めて見ましたが、なかなかワルで素敵でした。が! 個人的に、
三津五郎さんの直助が好きだったりします。
しかし、人を殺しておいて「よよよい、よよよい」とやっちゃう二人。本当に悪いですね~。

【雑司ヶ谷四ツ谷町、伊右衛門浪宅の場】

伊右衛門の悪の華が全開になってまいります。お岩様に辛くあたる。
良かったのは、伊藤家からもらった「血の道の妙薬」を感謝しながら飲むお岩様のところ。
勘三郎さんの目には涙が浮かんでおりました。筋を知っている私は、その妙薬=毒薬なのに、
心底感謝しながら薬を飲むお岩様に泣けてしまいました。切ないもの!!
あと、ポイントとしては母の形見の鼈甲の櫛。※後の場にも出てきます。南北のこういう
小物回しも上手いな~と思います。

【伊藤喜兵衛宅の場】

笹野さん(喜兵衛)が面白い。どんな手を使っても可愛い孫娘・お梅の恋を成就させてやり
たいという。酷いジジイではありますが、孫可愛さにと思うと憎めなくも・・・。
伊藤家の人々は、お梅が可愛くて、可愛くて仕方がないんですよね。

【元の伊右衛門浪宅の場】

お岩様のいちばんの見せ場。しかし、4月1日の昼の部では、お歯黒を塗る場面で会場から
笑いが起こり、ちょっと悲しくなりました。前に歌舞伎座で観た時も、笑いが起きていたので
予想はしていたのですが、あそこは笑うところじゃないよ(涙)
顔が半分醜く爛れてしまったお岩様は、片目が不自由になっている筈。そして、体も辛い
状態なんです。だから、あのような塗り方(雑というか、適当というか)になってしまう。
あああ、でもほんとうに不憫すぎる。
この場で、伊藤親子の陰謀を知らされたお岩様は「息あるうちに、伊藤親子にこの礼を・・・」
と言います。この台詞から、やっぱりお岩様は伊右衛門のことは恨んでいないという解釈を
私はしているのです。「恨めしい~」とも言いますが、これはただの嫉妬なんじゃないかと。
大概の女性は亭主が浮気すると、亭主じゃなく、その相手を恨むようですし。お岩様も同じ
ような気がします。(4月1日の感想に補足)
笑うところじゃないと書きましたが、先代の勘三郎さんの時は大爆笑だったりしたそうなの
で、笑ってもアリなのかも。どうなんでしょうね~。笑うと可哀相に思えちゃう。


【休憩15分】

後半戦は続きを読むに・・・。

ここまでは、通常よくかかる「四谷怪談」とあまり差異がない感じに進みます。

banner_02.gif   にほんブログ村 演劇ブログへ




【砂村隠亡堀の場】

戸板返しの早替えが本当にお見事。いよいよ怪談らしい展開に・・・。
この場のあとに、舞台番登場。笹野+七之助+扇雀+弥十郎による「三角屋敷の場」等の
省略される場についての解説が入ります。
あと、コクーン版四谷怪談の大詰といえば、本水を使った立ち回り。平場席前方の観客は、
レインコート+ビニールシートで防御しないと、ずぶ濡れになってしまいます。なので、
ここでビニールシートを使っての予行練習。七之助くんが水鉄砲でピューーッとやるのを、
みんなで協力してブロック。(大きな水色のビニールシートは同列の複数名で共有)
私は平場三列目だったので、練習しました(笑)
あと、NY公演決定のお知らせも。ヤンキーススタジアムに中村座の小屋を建てるだとか、
演目は「忠臣蔵」だとか言っておりましたが、何分エイプリルフールですので、どこまで
本当なのか・・・。「仮名手本忠臣蔵」はありえないのでは? 串田版の新作でNY公演?
なさそうですよねー。まあ、正式発表までのお楽しみ。

【大詰・第一場 蛇山庵室の場~第二場 仇討ちの場】

いよいよコクーン歌舞伎らしさが!
提灯抜け~宙乗りなどの演出が楽しい蛇山庵室の場。そして、夢のように綺麗だった仇討ち
の場。ざんざん降る雪+本水での立ち回り。水かぶっても本望ですよ!!
目の前で伊右衛門の「首が飛んでも動いて見せらァ」が観られて感激しました。与茂七も
かっこよかった!! 
ストップモーションの演出、いいですよね~。

通常の歌舞伎「四谷怪談」では、与茂七+小平女房・お花で仇討ちなのですが、コクーン版
(南番)は、与茂七 VS 伊右衛門。二人での立ち回りです。

【カーテンコール】

拍手喝采でした。いや~、本当に面白かった。大満足でした。

【売店】

今回もコクーン歌舞伎ならではの、食べ物がいろいろ売っております。会場内も飲食OK!
でも、芝居中は食べる気にならないと思うのですが。内容的に・・・。
グッス関係は、パンフレットの他に、携帯ストラップ、クリアファイル、スタッフTシャツ
などが販売されていましたよ~。

banner_02.gif   にほんブログ村 演劇ブログへ

↑ポチっと、ブログランキング 検索にもどうぞ!

スポンサーサイト
該当の記事は見つかりませんでした。

-2 Comments

麗 says..."待ってました!"
管理人Aさんの感想をお待ちしておりました(笑)
さすが!細かいところまで観てらっしゃいますね。

お岩が薬を大事そうに飲む仕草は、
本当に素晴らしかったです。
手や包装紙に付いた粉まで、少しも残さずに飲み干す演技の細かさに感動しました。

お歯黒を塗るシーンで客席から笑いですか。
私も蚊帳で引きづられるシーンで笑いが起きていたのに違和感を感じていたのですが、
「恐怖」と「笑い」は紙一重だと思えばこれも”あり”なんでしょうね。

北番の感想も期待してます!
2006.04.03 23:28 | URL | #qhVXTLRM [edit]
管理人A says..."麗さま、こんばんは。"
麗様の観劇感想も拝見してきました。TBも返してきました。
今回の勘三郎さんのお岩様は、前回歌舞伎座のお岩様よりも
良かった気がしました。乗っているのかな??

北番は来週です!!
待ち切れない!! 早く観たいです。
2006.04.05 00:45 | URL | #EB29KFfw [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。