たらら~んとしたブログ

歌舞伎・演劇・映画などの感想やら、非日常な日常やら、たらら~んと書いてるブログ。
MENU

お岩様はだめんず・うぉ~か~

昨日、歌舞伎好きの友人といろいろ電話で話していて、お岩様は「だめんずうぉ~か~」
のゴールド会員だねぇ……なんてことに気付き楽しくなりました。

「だめんず・うぉ~か~」というのは、2001年に発売された倉田真由美さんのエッセイ
漫画なんですが、駄目男を渡り歩く女たちを題材にして描かれております。
一時期かなり流行って、売れた本なのでご存知の方も多いはず。


お岩様は伊右衛門一筋なので、駄目男を渡り歩いてはおりませんが、駄目な男に惚れたと
いう点と、伊右衛門のだめんずぶりに~ゴールド級会員~といってもアリかと思うのです。

●伊右衛門のだめんずぶり●

1.浪人になってから傘はりの仕事にはつくが、たいして働かず。お岩様の所持品を質に
入れてなんとか暮らしている感じ。
2.DVで暴れる。
3.お金に眼が眩み、他所の女(しかも敵方)と祝言。初夜にムフフとかしている。

「でもね、カッコイイし、優しい時もあったのよ」と、お岩様は言いそうです。伊右衛門を
侮辱したら怒るとも思います。

しかし、歌舞伎にはだめんずがいっぱいいて、そのだめんずに惚れて不幸になる女も山ほど
いますよね~。桜姫の権助、妹背山の求女、十六夜清心の清心、近松(上方)歌舞伎の男
たち(忠兵衛などを代表に大概だめんず)、野崎村の久松・・・。本当にゴロゴロいます。
やっぱり、だめんずは悪い男だけれど、魅力があるんですね。

私もだめんずなんかとんでもない!と思いますが、伊右衛門や清心が近くにいたら惚れて
しまう気がします。近松の書くだめんずは苛々するので嫌いなんですけれどね(笑)

本日はどうでもいい呟きを書いておきました。

banner_02.gif   にほんブログ村 演劇ブログへ

スポンサーサイト

該当の記事は見つかりませんでした。

-2 Comments

きたむー says..."だめんず若旦那"
わかりますー。
歌舞伎に出て来る若旦那ってなんでこうもダメダメなんだろうって思ってましたが、だめんずだったんですね。
ぴたっとはまりました。
油地獄とか封印切とか、モロだめんずですよね。
それにしても伊右衛門のだめんず3点は大納得です。
2006.04.07 21:46 | URL | #pKHacpgQ [edit]
管理人A says..."だめんずマミレ"
若旦那(とくに上方)は本当に駄目駄目ですよね~。
だめんず認定です(笑)

考えてみたら、歌舞伎・演劇・ドラマなどに出てくる男にだめんず
が多いのは、その方がドラマティックだからかな?
普通の、常識的な良い男が主役では詰まらないですものね。

きたむーさん、いっぱい花見をされたんですねー♪ 羨ましいです。
2006.04.08 04:01 | URL | #EB29KFfw [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://airen.blog5.fc2.com/tb.php/217-c4bffedf
だめんず・うぉ~か~(1)
だめんず・うぉ~か~(1)「男を見る目のない女の会」=”だめんず・うぉ~か~”ダメ男にはまってもはまっても、何度も同じような男たちに引っかかってしまう女性を描き、「だめんず」という言葉を世に送り出したマンガです。「こんな男がいるのか!!!」ということに...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。