たらら~んとしたブログ

歌舞伎・演劇・映画などの感想やら、非日常な日常やら、たらら~んと書いてるブログ。
MENU

桂吉弥のお仕事です~春~ (4/7浅草見番)



今回の会場は、浅草見番(芸妓さんの事務所のような場所。稽古場アリ)。
桂吉弥のお仕事です~春~は、まだ桜が残る浅草で開催されました。※4月7日。

****
↑8日は花まつり。のぼりがいっぱい立っていました。(浅草寺)

●今回のネタ●

1/厄払い 桂吉弥
2/桜の宮 桂まん我
3/蛸芝居 桂吉弥
<中入り>
4/住吉駕籠 桂吉弥

たくさん喋りたいということで、急遽3本のネタをやってくれた吉弥さん。お陰でお腹一杯
落語が楽しめました。

【厄払い】
遊び人(今でいうぷー太郎)に、小遣い稼ぎになる「厄払い」を教えてあげる甚兵衛さん。
しかし、厄払いに挑戦してみるものの、頭の足りない遊び人はうまくやることができず・・・。
さげは、「布団を振り回して何をしてんのじゃ?」「へい。夜具、払いましょ~」。
厄払い(遊び人)よりも、厄払いを呼んだ商家の皆さんの方が気が利いているというラスト
でございます。
「昔の年越しの時期は節分辺りだった」なんていう枕から入りまして始まった厄払い。
頭にやるには丁度いい長さの噺。軽いジャブって感じでしょうか?

「桜の宮」
ゲストのまん我さんの落語。桜の季節にぴったりのお花見の噺です。これは面白い!!
桜の宮に花見に行くことを決めた定はんたち。趣向で一幕の仇討ちを題材にした芝居をやる
ことに・・・。稽古もして、衣装や鬘も借りて、いざ当日の本番。しかし、西国の侍たちや
定はんのオジさんなど予期せぬ邪魔が入り、その計画はとんでもない方向へといった内容。
個人的に、シニカルに描かれた西国の侍たちが面白くて好き。田舎侍の勘違い(笑)
仇討ちなんて今時ないだろうよ、と当時の人でも思う筈なのに時代錯誤しております。
まん我さん、枕で吉弥兄さんはしゃべるのが大好きみたいな話を暴露しておりました。
大阪ローカルの番組に、二人で出演されているのですが、生中継で●時●分には、吉弥さん
からまん我さんにバトンタッチとなる筈が、いつも時間通りにこないと苦情?を・・・。
落語家さんはお喋り好きなんですかね~

【蛸芝居】
先月観た「七段目」と同じく、芝居好きな一家のお馬鹿噺「蛸芝居」。最後には蛸まで芝居
をしてしまうというのが面白いです。
砂糖の紙袋を烏帽子に見立ててかぶり、「三番叟」で家の連中を起こすことにする旦那さん
から始まって、とにかく家中の人が芝居馬鹿でなんでもかんでも芝居ごっこにしてしまう。
出入りする魚屋さんまで、魚を三枚に下ろしながらハラワタを見て「勘平の腹切り良かった
なぁ。勘平が腹に突き立てる、後ろから二人侍が、勘平、血判……。血判……血判、確かにぃ~」
とやったりする。最後は魚屋さんが持ってきた蛸まで墨を吐いてだんまりを始め、旦那さん
と立ち回り。六方踏んで逃げて行く……。愉快な噺です。面白かった~~。
枕は、大向こうの話題から始まって、落語でも声がかかることがあるけれど住んでいる町の
名前でかける。でも、住んでいる場所によってはどないなもんか……「尼崎市民プール前」
とかじゃねぇ……みたいなお話を。歌舞伎も住んでいる町でかけますよね。芝翫さんだと
「神谷町!」とか。あとは、今年の浅草歌舞伎、PARCO歌舞伎の話題もありました。
そうそう、ネタの最中「勘平の腹切り良かったなぁ」のところで、「勘太郎の勘平の腹切り
良かったな~」と入れて下さっていました。勘太郎贔屓の私は、とても嬉しかったです。
吉弥さんは、よく勘太郎(中村屋)の歌舞伎を観ているようです。浅草まで観てるのが凄い
ですよね~。
映画の話題もありました。勘三郎さんも出演している「寝ずの番」の落語指導は吉朝師匠+
吉弥さんでやったそうです。(この話題については、明日UPします。)

吉弥さんって一人で何役も演じ分けるのが上手ですよね~。落語家だから当然なのかも
ですが、ちゃんとみんな別の人というか個性が見えます。あと、細かいところが好き。
魚屋が魚を下ろす時に、鱗が頬に飛んでそれを取る動作を入れたり。これは、吉朝師匠
もなさっていたのかな~?? あと、「蛸芝居」では蛸が最高に良かったです。
笑いました。蛸まで演じる……落語家は大変なものです(笑)

【住吉駕籠】
最後の出し物は、雲助とも呼ばれていた駕籠屋のお話。吉弥さんのこのお噺を聞くのは
二度目だと思いますが、一度目はいつだったか・・・? 
ベテランの駕籠屋と新米駕籠屋のコンビが、間違ってすぐ近くの茶屋の主人を駕籠に勧誘
して怒られたり、参詣帰りの酔客にからまれて延々と同じ話を聞かされたり、駕籠に二人で
乗り込まれちゃったりという受難噺ですが、やっぱり楽しい。
私は気付いたら江戸落語よりも上方落語を聞く機会が多く、とは言っても落語は超ビギナー
なので、まだあまり語ることもできないのですが、上方落語は今まで聞いた限り、大らかな
明るい噺が多くていいな~と思います。とにかく楽しい。
湿っぽかったり、悲しかったりっていう噺は聞いたことがない。上方落語も噺は何百もある
ので、きっと人情噺とか、怖い怪談とかもあるのかもしれませんが、聞いたことがない・・・。
なにかと世知辛いご時世なので、落語では明るく、楽しいものが聞きたいと思っている私
には、上方落語が合っているような気がします。どうなんだろう?
いろいろ勉強してみます。

ともあれ、楽しい落語会でした。
歌舞伎好きなので、今回の4つのお噺の中では「蛸芝居」がいちばんのお気に入りです。
是非、次は仮名手本忠臣蔵をする狐さんたちの噺「狐芝居」もやってもらいたいです

■桂吉弥ホームページ→ http://www.kichiya.net/

banner_02.gif   にほんブログ村 演劇ブログへ

スポンサーサイト

該当の記事は見つかりませんでした。

-6 Comments

ツタ says..."はじめまして!"
勝手にリンクやトラックバックをしてしまいましたが、こちらのブログへコメントくださってありがとうございました。
上方落語が合ってるらっしゃるかもとのことで、西出身者としては嬉しい限りです。そういえば楽しい話が多いですが、湿っぽい話ってないんでしょうかね? 私は数をこなしてないので何とも言えないのですが。。
私は東ではあまりお目にかからない気がする仁鶴師匠なんかの噺がときどき聞きたくなります。

落語に限らず本当にいろいろ観劇されてるんですね。ご予定にもうらやましいものがいくつも。。いろいろ書かれていて、しかも書かれていることがとても的確で参考になります。これからも拝見させていただきますね。
2006.04.11 00:38 | URL | #- [edit]
管理人A says..."上方落語・・・"
上方落語。私が見たのは多分映像を含めて30位だと思うのですが、
大概明るくて、大らかで、楽しいお話でした。これから見ていく
うちに、違うものにも出会えるかも知れませんね。

十代後半くらいから、いちばんの趣味が舞台鑑賞なので、いまだに
卒業できず足を運んでしまいます。
どうにもこうにも好きみたいで、週に1度は何かを観てます♪

こちらこそ、これからもツタ様のブログにお邪魔させて頂きます。
よろしくお願い致します。
2006.04.11 02:30 | URL | #EB29KFfw [edit]
たけ says...""
v-15はじめまして。吉朝さんも鱗とってました。上方には、人情噺も湿っぽい噺もちゃんとあります。北海道の人間が上方の解説なんかするなっちゅー話ですがねv-26。せっかくですから吉朝師匠のCD『吉朝庵2 v-24たちきり』も聴いてみてv-10
2006.04.11 07:09 | URL | #- [edit]
管理人A says..."たけ様へ"
たけ様

はじめまして。メッセージありがとうございます。
やはり、吉朝師匠も鱗を取っていたのですね・・・!
枕なども、枝雀師匠など米朝一門の先輩方のアレンジが多いような
気がするので、落語はそうやって継承されていく芸なのかな?
と初心者なりに毎度発見しています。
吉朝さんのCDは2枚しか持っていないのですが、是非2は購入
したいと思います。「たちきり」という題から、縁切りっぽい話
なのかな~?と想像してみたりして。聞いてみますねv-291
2006.04.11 14:02 | URL | #EB29KFfw [edit]
三浦家権太郎 says..."上方落語と江戸落語"
発祥のルーツそれぞれ違いますので、噺の質も多少なりとも違って来ます。
ここで書き出すと長くなりますが、上方落語にも人情噺や笑いの少ない噺はございます。
また、噺家が東西を行き交っている歴史がありますから、当然ネタも行き交っています。
設定や題名が変わっていたりすることもありますので、東京の寄席や落語会で聞いた場合に、『どこかで聞いたことがある?』っていう錯覚がある時は、そんなことが背景にあります。
ちなみに、今回で言えば...
・桜の宮→花見の仇討
・住吉駕篭→蜘蛛駕篭
上方から取り入れられたネタっていうのは結構あります。
同じネタで東西聞き比べなんていうのも面白いかもしれません。
歌舞伎とは違った面白さと歴史がございますので、調べれば調べる程深みにはまるかも(笑)
歴史は歌舞伎と同じくらいありますしね。
2006.04.12 01:57 | URL | #hqR68jG6 [edit]
管理人A says...""
三浦家様

ご訪問有難うございます。ドキドキ。
やはり上方落語にも人情噺とかあるんですね。東西で似たネタが
あるというのは薄ボンヤリと気付いておりました。
時そば→時うどんみたいなものでしょうか??
これのみ聞き比べしたことがあります。落語も歴史が長いし、ネタ
もいっぱいあるので、どんどんハマってしまいそうな・・・。
三浦家さんのブログを見ていても、知らない噺がいっぱいで、
いろいろ見たくなってしまいます。
とても参考になります。今度、お薦めの噺家・ネタなども教えて
下さいませ~。
2006.04.13 01:42 | URL | #EB29KFfw [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://airen.blog5.fc2.com/tb.php/221-bdafbe5b
オススメ映画  マキノ雅彦監督 「寝ずの番」
[観覧-舞台]
ちょっと久々に落語を観に行ってきました。桂吉弥さんの独演会。 観客は【新選組!】関連から来ている女の子ばっかりかなと思ったけど、純粋に落語ファンらしき人も大勢いて、ちょっとへぇ~なんて思ってました。 まぁ私は前者なんですけど。 (あ、【新選組!】ファンイコ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。