たらら~んとしたブログ

歌舞伎・演劇・映画などの感想やら、非日常な日常やら、たらら~んと書いてるブログ。
MENU

本日より♪ 映画「寝ずの番」

nezu.jpg

4月8日から、全国ロードショーが始まった映画「寝ずの番」。
原作は、中島らも。監督は、3代目マキノ雅彦(津川雅彦)!!

【内 容】

マキノ雅彦が初監督作に選んだ作品は中島らも原作の「寝ずの番」。
上方落語の一門で師匠、一番弟子、おかみさんが次々と亡くなり、それぞれのお通夜の席で
“寝ずの番”をする弟子や故人ゆかりの温かい仲間たちが、悲喜こもごもの思い出話に花を
咲かせる人情物語だ。ちょっとエッチで危ない爆笑エピソードの連続のなかに垣間見える
仲間たちの強い愛情、絆が、爽やかな涙、何とも言えない小粋で心温まる感動を生み出して
いる。(角川へラルド映画株式会社公式より)


【お薦め】

歌舞伎FANにも嬉しいCASTにまず注目。
中村勘三郎・笹野高史・富司純子(菊之助ママ)が出ております。
そして、上方落語FANにもたまらない内容の筈! +中島らもFANにも嬉しい映画化
ですよね。・・・と、歌舞伎が好きで、中島らも先生好きで、上方落語好きの私には、
待ってました! の映画公開です。前売り券は購入済み。今回、前売りを購入すると『艶歌
手拭い』が付いてきました しかも、お値段は1000円ポッキリ。
これは買うしかありません!!

昨日、桂吉弥さんの高座でも話題になった「寝ずの番」。上方落語の指導は、故・桂吉朝師匠
と、桂吉弥さんがあたったそうです。
そもそも、らもさんがとある飲み屋で原作を書いていた時も、上方落語の生き字引というか、
辞書がわりに吉朝師匠らが使われたそうです(笑) 「吉朝さん、飲みに行こうよ~」と誘われ
たと思ったら、便利な辞書に使われていたという裏話。
なので、映画に一瞬ですが桂吉弥さんも出演しているそうです。(2秒くらいとの話。)
さて、発見できるでしょうか? こちらも楽しみです!

映画事体、2年前から始動していたそうで。やっと公開ですね。
私は来週観に行く予定なので、また映画を観ての感想もUPしたいと思います。
しかし、艶歌オンパレード、下ネタ満載のこの映画。洒落がわかる友人以外は誘えないのが
難点でございます。

ともあれ、是非、中村屋、吉朝一門、らもFANの方は劇場で映画を観ましょう

■公式映画ブログ→こちら♪

banner_02.gif   にほんブログ村 演劇ブログへ
↑ポチっと、ブログランキング 検索にもどうぞ!

スポンサーサイト

該当の記事は見つかりませんでした。

-2 Comments

きたむー says..."趣味似てますね~"
私も前売りかって楽しみにしてました。
明日観に行こうと思ってます。
楽しみですねー。
2006.04.09 01:11 | URL | #pKHacpgQ [edit]
管理人A says..."きたむー様へ"
前売り買ったんですね!!
私も10日に観に行きました。たいへん年齢層の高い映画館
になっておりましたよ。シニア向映画なのか??

映画、楽しかったです!
2006.04.11 02:12 | URL | #EB29KFfw [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://airen.blog5.fc2.com/tb.php/222-cd62f021
「寝ずの番」
シネスイッチ銀座で昨日公開された「寝ずの番」を見てきました。 俳優の津川雅彦がマキノ雅彦の名で初の監督作品。 津川姓ではんなくなぜマキノ姓なのかというと、 津川雅彦の祖父が日本映画界を築いた、 マキノ省三で、叔父がマキノ雅弘の親族関係にあるからだ。 そして三
『寝ずの番』
落語家 笑満亭橋鶴の臨終の時「そ、そ○が見たい・・・」■監督 マキノ雅彦■脚本 大森寿美男■原作 中島らも(「寝ずの番」角川文庫・講談社文庫版)■キャスト 中井貴一、木村佳乃、長門裕之、笹野高史、岸部一徳、富司純子、堺正章□オフィシャルサイト  『寝ずの
大人の下ネタ満載!【寝ずの番】
葬式を題材にした映画というと、懐かしいところでは伊丹十三の『お葬式』。 同じ葬式
【劇場鑑賞34】寝ずの番
偉人が死ぬ前に遺した最期の言葉は   ゲーテは「光を、もっと光を・・・」ベートーベンは、「友よ拍手を!喜劇は終わった!」トルストイは、「私は真実を愛する」そして、笑満亭橋鶴は・・・いまは山中温泉でいま....
寝ずの番(中島らも)
寝ずの番が映画になるとは思いませんでした.中島らもは,その作品も人となりも大好き...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。