たらら~んとしたブログ

歌舞伎・演劇・映画などの感想やら、非日常な日常やら、たらら~んと書いてるブログ。
MENU

映画「寝ずの番」感想です!

●映画については前回書いたのでこちらを→「寝ずの番」

【感想】

映画館に入ると、ジャズの名曲「Don't worry be happy」が流れている。この曲は聴いて
いるだけで不思議と気持ちが前向きになる曲で、私は大好きなんですけれども、この映画の
挿入歌に使用されているんですね。GJ! らもさんの作品にも、映画にもピッタリだと
思います。笑って、ちょっと泣けて、観た後に気分が良くなる大人のための癒し映画「寝ず
の番」。心がポカポカになりましたよ!

話は上方落語界の稀代の天才・笑満亭橋鶴(長門裕之)の臨終間際から始まります。
病院のベッドで死を待つ橋鶴師匠に、「思い残すことはないか……」と尋ねる一番弟子の橋次
(笹野高史)。師匠は「そ…そ○が見たい」と言うのですが、そ○とは、京都で言うところ
の女性器。弟子達は今際の際の願いを叶えようと、橋太(中井貴一)のお嫁さん(木村佳乃)
のそれを見せようと決める。なんとか説得し、師匠の願いを叶えるのですが、師匠が最期に
見たかったのは、そ○じゃなくて、外だったという・・・。
そして、愉快な「寝ずの番」が始まるわけです。笑っちゃうような思い出話をしたり、師匠
最期の高座「らくだ」だとか言って死体を使って踊ったり、不謹慎なのですが、みんな師匠
が好きだったんだな~というのが、とても伝わるのでジンワリしてしまう。
その後、師匠に続くように二人の死人が出るので、寝ずの番は映画中に3回あるわけです。
くわしいストーリーは、ネタバレが過ぎるので控えますね。

mnezui.jpg

富司純子さんがイイですね~。可愛らしくて、良いおかみさんでした。師匠にそ○を見せる
と決めた弟子が、「若くて綺麗な女のじゃなきゃ駄目だ」とおかみさんのは不可とした時に、
ぷんっと膨れちゃったりして(笑) 現実では菊五郎さんの奥様なんですが、菊五郎さんが
羨ましい・・・。
他の俳優陣も面白かった。そうそう、吉弥さんも発見できました。橋鶴師匠の高座のあとに、
お疲れ様です…みたいに舞台の裾で待つ橋次(笹野)の後ろにいます。本当に2秒くらい。
回想シーンですので、是非探してみてください。

上方落語もいくつか使われています。「愛宕山」「地獄八景亡者戯」など。このあたりも落語
好きの方は要注目。ドラマ/タイガー&ドラゴンでも、噺家じゃない俳優のやる落語という
のが見どころになっていた気がしますが、「寝ずの番」もそういった楽しみがあります。

パンフレットには、吉弥さんのコメントが載っていました。吉朝師匠の「寝ずの番」の思い出
話にからめて、映画にコメントを寄せています。「師匠、ええのんできましたよ」とまとめて
いましたが、完成した映画を吉朝師匠とらもさんは、あの世の映画館で一緒に観たのかな~?
なんて思いました。らもさんは素直に誉めない気がしますが・・・。

大人の洒落がわかる人向けの映画ですが、面白かったので、是非お近くで公開されていたら
観てみて下さい。しかし、映画館の年齢層の高さにはビックリしました。平均年齢50歳位?
30代でも若い感じです。私はシネスイッチ銀座で観ましたが、いつもと客層が違いすぎる
映画館に、浅草演芸ホールに来ちゃったかしら?と戸惑ったくらい。
でもまあ、10代~20代の人には面白さが伝わりにくい映画だとは思うので、正しい客層
が観に来ているということですね。

もう一度、レディースデーに観に行きたいです。行けたらいいな~。

●映画のお薦め度→★★★☆☆(5段階評価) 落語FANにはたまらない映画です!!

banner_02.gif   にほんブログ村 演劇ブログへ
↑ポチっと、ブログランキング 検索にもどうぞ!

スポンサーサイト

該当の記事は見つかりませんでした。

-4 Comments

ワイズマン says...""
おはようございます。
記事を読んでこの映画みたくなりました。
昨日大黒屋で1000円の鑑賞券ゲット。
本日見てこようと思ってます。
面白そうな映画の紹介ありがとう。
2006.04.15 05:36 | URL | #- [edit]
管理人A says..."ワイズマン様へ"
ブログ拝見しました~。
楽しまれたようで何よりですv-238
http://www.nikkei.co.jp/weekend/kat/
に、寝ずの番の裏話がありますので、よろしければどうぞ。
京の噺家・桂米ニさんの日記?です。面白いですよ~。

追伸/ブログに紹介して下さって有難うございました!
2006.04.21 02:54 | URL | #EB29KFfw [edit]
はぎお says..."お久しぶりです。"
やっと見てきました。
自分なりの感想をかいてみましたので、TBさせていただきました。
落語をもっと知っていれば、もっと笑えたのかなと思いますが、大人の粋な映画に笑わせていただきました(笑)
2006.05.06 23:37 | URL | #- [edit]
管理人A says..."はぎお様へ"
お久しぶりですi-270
寝ずの番、観たのですね。ブログも拝見してきました。
まさに大人の粋。温泉宿などで、あんな遊びが出来るように
なったらいいな~なんて近頃思います。
私も落語にはまだ疎いのですが、各登場人物のモデルになった
噺家を知っていたら、もっと楽しめただろうな~と、上記で
紹介している桂米ニさんのブログを読んで思いました。
2006.05.07 02:08 | URL | #EB29KFfw [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://airen.blog5.fc2.com/tb.php/224-24c86f95
『寝ずの番』
落語家 笑満亭橋鶴の臨終の時「そ、そ○が見たい・・・」■監督 マキノ雅彦■脚本 大森寿美男■原作 中島らも(「寝ずの番」角川文庫・講談社文庫版)■キャスト 中井貴一、木村佳乃、長門裕之、笹野高史、岸部一徳、富司純子、堺正章□オフィシャルサイト  『寝ずの
映画「寝ずの番」
落語界の咄家のお通夜の席での数々のエピソード、艶話がメインだが破天荒で大胆でハチャメチャだ。こんなお通夜なら何度でも出てみたい・・!? 九州"ぼぼ"、関西"お○こ"、東北"べっちょ"、沖縄"ほーみー"、淡路島"おちゃこ
寝ずの番 見てきました
映画「寝ずの番」見てきました。たらら~んとしたブログさんで紹介されていたのを読んで観にいきたくなった映画。原作 中島らも監督 3代目マキノ襲名 マキノ雅彦(津川雅彦)出演 中井貴一 木村佳乃    堺正章 笹野高史 岸部一徳 長門裕之 富司純子 他ストー
寝ずの番
毎月1日は映画の日!なので、映画『寝ずの番』を観てきました。~内容~落語界の重鎮が亡くなり、お通夜が終わって寝ずの番を、弟子や故人のゆかりの人びとがしています。お酒もすすんで、故人の思い出話に花が咲くのですが・・・・、悲喜こもごもの大騒ぎを繰り広げます。そ
寝ずの番
★★★☆  津川雅彦が、叔父のマキ丿雅弘監督の名を拝借し、『マキノ雅彦』として初めてメガホンをとった作品だそうだ。内容は上方落語の大御所と、その弟子たちの話を描いた大人のコメディーである。 まずちょい役も含めて、出演者が多彩であることに驚くだろう。津川雅彦
寝ずの番 2006-24
「寝ずの番」を観てきました~♪上方落語界の重鎮、笑満亭橋鶴(長門裕之)、臨終の時を迎えようとしていた。病室へ駆けつけた弟子達が見守る中、今際の願いを叶えようと、耳を近づけ聞きとった言葉は「そそが見たい・・・」一同は、驚きつつも師匠の言葉を叶えようとする・
「寝ずの番」 。
いや~久しぶりに映画館に行ってきました。以前は月に2~3本くらい映画を見ていたんですが、舞台にはまってからは全く行かなくなって・・・最後に見たのは「マイノリティリポート」かな{/face_nika/}復帰第一弾は、最近盛り返している日本映画「寝ずの番」。奇しくも映画
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。