たらら~んとしたブログ

歌舞伎・演劇・映画などの感想やら、非日常な日常やら、たらら~んと書いてるブログ。
MENU

コクーン歌舞伎~東海道四谷怪談~北番



やっと、「北番」を観劇してまいりました。ネタバレですが、本日はメモ的な感想を!!

今回のコクーン歌舞伎。「北番」「南番」とありまして、キャストも演出も違うというので、
歌舞伎FANなら両方観たいと思ってしまうから憎い。
さて、どう違うかと言いますと「南番」はよく歌舞伎座などでかかる「四谷怪談」を斬新
な舞台美術+演出で見せてくれる感じ。ざんざんと惜しみなく降る雪+本水+ストップ
モーションの立ち回り。ここがコクーンらしくて派手で面白い。
「北番」は大南北の戯曲を使った演劇チックな歌舞伎。下座音楽無し。(※お化けが出る
時のドロドロ+ツケは使う。音楽はオリジナル曲) そして、普段は中々やらない、「深川
三角屋敷の場」「小仏小平住居の場」「元の深川 三角屋敷の場」「夢の場」をやる分、
台詞のテンポをよくしたり、削るところは削ったりと工夫している。
あと、「北番」の方が串田和美さんの意図や解釈がよりわかりやすく伝わる反面、歌舞伎
らしさは減ってしまっているかも・・・。たっぷり感が減っていると言うか・・・。う~ん。
しかし、とても面白い。「北番」もすごく好きです。

感想がうまくまとまらないのですが、「北番」はとても実験的な歌舞伎だと思いました。
歌舞伎役者が演じているから「歌舞伎」らしく見えますが、演劇っぽいんですよね。
・・・と、グダグダまとまらない感想を呟かずに、「北番」の面白かったところをご紹介。

【浅草観音額堂の場】

オープニングから南番とは違います。「らくだの見世物」をワアワアと見物する人々。
浅草らしさが増してイイ感じ。雷門の仁王像は舞台下手側に配置されておりました。浅草・
見世物というと、昨年の「コクーン歌舞伎・桜姫」を思い出します。こちらは、桜姫=見世
物といった図式でしたが、串田さんは歌舞伎=見世物的なものと捉えているのかしら?
お袖(七之助)が伊藤喜兵衛一家に悪態をつくくだり(敵方には物は売りませんよ……な
場面)、伊藤家と四谷家の関係図(紹介)がいちだんと分かりやすい。
直助(勘三郎)がスケベで悪い男ですごくイイ。

【按摩宅悦内の場】

お袖が七之助くんなので、とても可愛らしい。

【浅草観音裏地蔵前の場~田圃の場】

替え玉を使った演出が良い。お岩(勘三郎)と直助(勘三郎)が同時に出てくる場面のため、
お岩を替え玉にして、直助が後ろを向いてなどの工夫をしてお岩の台詞を言う。
最初、お袖とお岩が連れ立って出てくるところは、二人とも替え玉(子供)なので、一谷嫩軍
記~陣門・組打~の子役を使った遠見の演出のようでした。不思議に面白いです。

【雑司ヶ谷四ツ谷町、伊右衛門浪宅の場】

音楽のせいかなんなのか、南番よりもお岩様が不憫に見えた。綺麗なお岩様なだけに、悲しい。

【伊藤喜兵衛宅の場】

お梅(坂東新悟)が可笑しなことに。台詞の前に変な息継ぎ(ブレス)を入れるのでキモイ。
もちろん、わざとそうしているのですが、普通にやった方がいいんじゃないかとも思ったり。
映画「忠臣蔵四谷怪談」のお梅(荻野目慶子)を思い出しました。こっちはイっちゃってる
お梅でしたが、伊右衛門から見て「これはキツイ」と思う点で似た印象。お梅をキモイ電波
ちゃんにすることで、伊右衛門が心変わりしたのではなく、お金と地位に目が眩んだという
ことが分かりやすい。

舞台転換を利用して、伊藤家の家中の男二人が何か余興をやっている。人形振りというか、
ロボット振りな演出。こういうのは必要ない気がしました。普通の方がいいです。

【元の伊右衛門浪宅の場】

DV! DV! 伊右衛門のDVさが南番より酷く見えた。
髪梳きの場に入る前に、一度、その頃の伊藤家といった感じに舞台が回る。人形遊びをして
いるお梅。キモイ電波ちゃんであることを強調したのかしら??

お岩の膝に足をのせて「敵討ちはもう嫌になったァ」と言う伊右衛門。その時、お岩様が
何気に伊右衛門の足先を触っているのが色っぽい。そして、伊右衛門への愛を感じました。

お岩さんの血を舐める猫が登場→大きな鼠がその猫を食い殺す。お岩=鼠使いというのが
分かりやすくなった気がしました。でも、ちょっと気持ち悪い。

【砂村隠亡堀の場】

川を人で作っている。(→青色の衣装に身を包んで、欽ちゃんの仮装大賞のように大勢の人
で川を演じている)これも面白い演出ですが、私的には微妙でした。
「首が飛んでも動いてみせらァ」は原作どおり、こちらで。(※南番は大詰の立ち回りで
言います。)
だんまりのところ、伊右衛門がとにかくカッコイイ。悪の華でございました。

【深川三角屋敷の場】

死体から剥いできたと運び込まれた着物に見覚えのあるお袖。直助が帰ってきて、母の形見
の櫛もお袖の手へ・・・。そこに按摩宅悦がやって来て、お岩様が殺されたこと知る。
姉まで殺されてしまった上は、どうしても敵が討ちたいと直助に体を許すお袖・・・。といった
三角屋敷の場。やはり、ここがある方が四谷怪談は面白い。

【小仏小平住居の場】

ここがあってこそ、小仏小平がどんな男で、何がしたかったのかが分かるので、やっぱり
あった方がいいと思いました。扇雀の小仏小平は嵌り役。死んでも忠義を尽くす男!!
忠臣蔵らしさも、怪談らしさもあって面白い。

【元の深川三角屋敷の場】

すごく見たかったので念願叶いました。直助とお袖が実は血を分けた兄弟だったとわかる場。
また、直助が与茂七(扇雀)だと思って殺したのが、実は自分の主人の息子だったということ
も判明。歌舞伎はこの「実は……」が多くてドラマティックですよね♪
お袖は与茂七に操を立てられなかったことへの面目なさに、自ら二人の夫(直助&与茂七)に
斬られ、直助は畜生道に落ちたことを悔い切腹をする。直助切腹はすごく良かった! 
なんで、いつもここをやってくれないのかと思うほど。お袖も憐れで、いじらしくて良かった。
七之助くん頑張ってます!! なんだか泣けてしまいました。

【大詰1・夢の場】

宙吊りの籠の中に、仲睦まじかった頃のお岩様と伊右衛門(子役)。
「瀬を早み 岩にせかかる 滝川の われても末に あはむとぞ思ふ」
この百人一首にもなっている崇徳院の恋歌の使い方が、本当に上手い! 泣ける。
この歌のように激しくお互いを愛していた頃もあったのだと、伊右衛門の声で読まれる歌
に教えられて、一気に切なさが増す。南北は天才だなー。
極悪にしか生きられなかったことを伊右衛門は後悔しているのです。この夢の場を見ると、
きっと伊右衛門が憎めなくなる筈。あのようにしか生きられなかった男の悲しさ、憐れさ
が凝縮されている。見られて良かった! 有難う、コクーン歌舞伎!と思いました。
そして、南北最大のテーマ・恐ろしいのは人の業で、幽霊じゃないのだということも夢の場
+次の場でよく分かると思います。コクーン版はとくに!

【大詰2・蛇山庵室の場の場】

さらに伊右衛門に追い討ちをかけるようなラスト。悪夢のような人生から目覚めたのはいい
けれど、その分、自分の背負った罪業の深さに打ちひしがれる伊右衛門。
伊右衛門の背後に、落ちてくる(降ってくる?)死体(たぶん、今まで伊右衛門が殺して
きた人)や、伊右衛門のせいで不幸になった人々・・・。とても分かりやすい。
四谷怪談はこういうテーマなんだよ、と突きつけてくる感じです。
「桜姫」の姫様が狂っているという、歌舞伎の姫様ではなく人間(女)としての最後の演出
に引き続き、今年の北番も伊右衛門がとても人間らしく描かれた最後の演出でありました。
とても、感じ入りました。伊右衛門は只の悪ではないのであります。

それと、印象的だったのが梯子をのぼる伊右衛門の演出。天国への階段のように見える。
梯子なだけに天国までは伸びていないのが悲しく、とても切ない。

※最後、与茂七が敵討ちに駆けつけるところで終わり。立ち回りはありません。

「北番」は本当に分かりやすい。私はとても好きです。本日はまだ観て来たばかりで、整理
が出来ていないので、後日また「北番」「南番」についての感想をきちんと書こうと思います。

メモ、メモ。

banner_02.gif   にほんブログ村 演劇ブログへ
↑ポチっと、ブログランキング 検索にもどうぞ!
  

スポンサーサイト

該当の記事は見つかりませんでした。

-5 Comments

麗 says...""
早速感想拝見しました!
「三角屋敷の場」は本当に良かったです。
七之助くん演じたお袖が、あまりにも哀しくて感情移入しまくってました。(笑)
「小仏小平の場」や「夢の場」のおかげで、
南より更に「四谷怪談」の奥深さが、私にもすごく分かり易かったです。
また感想拝見しに遊びに来ますね!
2006.04.14 01:03 | URL | #qhVXTLRM [edit]
kana says...""
初めまして。
ちょくちょく見にきています。
とてもわかりやすく書かれているので観に行けなくても十分理解できました。今回はコクーン観にいけないので残念です。1回観ただけでこれだけ書けるのはすごいですね!!
これからもいろんな舞台の感想楽しみにしています。
2006.04.14 22:42 | URL | #- [edit]
管理人A says..."コメントありがとうございます。"
麗様

三角屋敷、よかったですよね~。
七之助くん大熱演。四幕目が入ると、お袖は本当に美味しい
役だと思います。お袖はある意味強くて、潔い女性。最期の身の
処し方とか哀しいけれど、かっこよくも見えます。
四谷怪談は歌舞伎FANになる前から、大好きな戯曲です♪
奥深くて、面白くて、いいですよねv-238

★★★★★★☆☆☆☆☆☆★★★★★★☆☆☆☆☆☆

kana様

はじめまして。私の纏まらない文でも理解できたと聞いて安心。
忘れないうちにって感じに、ダーっと書いたのですが・・・。
四谷怪談は原作や関連書などを昔いっぱい読んだので、筋が
わかっている分、覚えやすいのかもしれません(笑)

これからも雑多ですが、いろいろ観劇感想など書いていきます
ので、また遊びに来て下さいね~。
コメント嬉しかったですe-68
2006.04.15 02:38 | URL | #EB29KFfw [edit]
えりりん says...""
お邪魔します!
昨日、北番の千秋楽をみてきたのですが
歌舞伎が初めての私にもわかりやすくて
素晴らしく感動してきました。
とは言ってもイマイチ把握しきれずいたところ
こちらの解説で理解できた気がいたします。
どうもありがとうe-251
2006.04.24 10:46 | URL | #- [edit]
管理人A says..."はじめまして!"
えりりんさん、こんばんは!
北番千秋楽を観劇されたのですね~。羨ましいです。
串田版、野田版などの演出がつく歌舞伎は初見でも分かりやすく
面白いので良いですよね。
私の拙い解説が参考になったようで良かったです。
四谷怪談については、またいろいろ書く予定なので、また覗いて
みて下さいね♪
2006.04.25 02:41 | URL | #EB29KFfw [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。