たらら~んとしたブログ

歌舞伎・演劇・映画などの感想やら、非日常な日常やら、たらら~んと書いてるブログ。
MENU

四月大歌舞伎/昼の部

0604kabuki.jpg

四月大歌舞伎は、六世歌右衛門「五年祭」です。演目はすべて、六世歌右衛門所縁のもの。
今回は~新歌舞伎~が多くて、意外なラインナップでしたが、「父が手掛けた昭和の歌舞伎
の代表的な作品を見て頂きたかった」と長男・梅玉さん談。そういう意向だったんですね。

【狐と笛吹き】

北條秀司の戯曲。新歌舞伎。昼の部でいちばん楽しんだ一幕です。福助さんのともねが凄く
可愛い そもそもが、子狐と笛吹き(人間)の恋物語という筋から可愛いのですが・・・。
台詞もいろいろ可愛らしくて良かったです。「君は僕の宝物だよ」とか
意外やポロリと涙も零れた。

【高尾】

雀右衛門さんの踊り。体力的なこともあり、振りは極力おさえた感じでしたが、とても綺麗
でした。存在感だけで見せられるというのも凄いですよね。

【孤城落月】

芝翫さんの淀の方が憐れでイイ。勘太郎の豊臣秀頼も品がよく、大熱演で素敵でした
しかし、芝居自体は面白く感じられませんでした。こちらも新歌舞伎です。

【関八州繋馬】

昼の部最後は華やかな舞踊劇。お正月に見た「蜘蛛糸梓弦」に似ているな~という印象。
一部登場人物も一緒ですしね。三階席から観ていたので、体力切れになり途中ウトウトして
しまいました。もう、三階席での観劇はキツイかもしれません(涙) エコノミー症候群の
ような症状になりまして、足はむくむし、本当に辛かった。

四月大歌舞伎、昼の部は私的にイマイチでした。「狐と笛吹き」が普通に楽しめましたが、
演目で好きなモノが特になかったこともあり、ただただ疲れて帰って来たような・・・。
まあ、こういう月もありますよね(笑)

●16日に観劇しました。

banner_02.gif   にほんブログ村 演劇ブログへ
↑ポチっと、ブログランキング 検索にもどうぞ!
  

スポンサーサイト

該当の記事は見つかりませんでした。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。