たらら~んとしたブログ

歌舞伎・演劇・映画などの感想やら、非日常な日常やら、たらら~んと書いてるブログ。
MENU

キッチーがチッチキチー(五月大歌舞伎・新橋演舞場)

00kichi.jpg

五月大歌舞伎 夜の部 IN 新橋演舞場

五月は演舞場も熱い! ということで、7日に夜の部を観て来ました。楽しかった~
「タッキーより、キッチー」が合言葉の今月演舞場。そのとおりの吉右衛門丈祭りでございます。

【石川五右衛門】

江戸のヒーロー・石川五右衛門。その伝説や逸話の美味しいところどりなのが、「増補双級巴・
石川五右衛門」。理屈抜きで楽しめる大江戸エンターテインメント!!
元禄時代からつづら抜け宙乗りとかやっていたのかと思うと、スゲ~と思います。それはもう、
江戸っこたちも夢中になっただろうなぁ。現代人の私でも楽しいんだから、楽しくないわけが
ない!! 
今回は五右衛門を吉右衛門。その好敵手である此下久吉(秀吉)を染五郎が勤めました。
私は大詰の南禅寺山門の場面が大好きです。宙乗りよりも好き
白波五人男の大詰はこれのパクリらしいですよ。ともあれ、楼上に百日マゲを付けた大悪党の
石川五右衛門がで~んと構えてる。登場もカッコイイ大薩摩の演奏ののちに、浅葱幕がパッと
落ちて・・・というのがたまらない。そして、名台詞の「春の眺めは値千金とは小せぇ、小せぇ。
この五右衛門の目から見れば、値万両、万万両~~ハテ、麗らかな眺めじゃなァ」。
舞台美術も桜だらけで豪華絢爛、ほんとうに派手で痛快な場面であります。
私はこの名台詞も大好きで、観客は舞台にいる役者と、舞台美術の素晴らしさに同じ台詞を心
で唱えているんじゃないかな~と思ってみたり。五右衛門役者のご贔屓だったら、尚更そう
感じる筈 春=歌舞伎であり、歌舞伎役者なのです。
私だったら、五右衛門を中村屋さんがやっていたら、「こんな眺めが13650円なんて安い、
安い。私の目から見れば、百万円、いや一億円~~ハテ、麗らかな眺めだわ~」って感じに。
吉右衛門さんの五右衛門は、立派で愛嬌があって良かったです。
五右衛門は大泥棒で悪いヤツだがヒーローである。そして、愛されている。所謂、悪の華では
なく、どこか親しみやすく、可愛いところがないと駄目なお役だと思います。そうでなければ、
何千人もの手下たちが付いていきませんものね。あと、カリスマ性もないと駄目。そういう点
をふまえて、吉右衛門さんはピッタリでした。
染五郎さんは吉右衛門さんと組むには若すぎるような気もしましたが、芝居の上でちゃんと
好敵手になっていたのが凄いと思いました。綺麗カッコイイ久吉でした
いや~、ほんとうに楽しかった。もう一度観たい。

【京鹿子娘道成寺】

東京では14年ぶりだという、福助さんの道成寺。お父様である芝翫さんの踊りではなく、
歌右衛門型を研究しての「道成寺」。これがまた素敵で、私はとても感動しました。
登場の道行はなく、定式幕が開くと舞台中央に白拍子花子。左右に坊主たちが座っています。
そして、「花のほかには松ばかり~♪」で踊り始める。乱拍子(お能リスペクト)も入るやり方
で、鞠つきのところでは所化さんに鞠を取られてしまうやり方を・・・。
私は何度も書いてますが、日舞は不勉強でよくわからないのですが、「道成寺」は観る機会が
多いので、家や流派によって異なるバージョンが面白く、興味深く、大好きな踊りです。
福助さん、綺麗だったなぁ。(→所詮、無学な私の感想はこの程度) あと、今回は所化を
児太郎ちゃん、隼人くん、米吉くん・・・と子供たちが勤めていたのが可愛くて和みました♪
手拭いにも子供たちのお名前が入っております。私は残念ながらGET出来なかったのですが、
隣の方のを見られたので良しとします。せっかく、四列目の花道近くの座席を取ったのにな~。
こればかりは仕方がないですよね。私のところにも投げて貰えたのですが、奪い取られた(涙)
今月演舞場、夜の部。石川五右衛門→道成寺→松竹梅湯島掛軸の流れはすごくNICEです。
南禅寺山門の満開の桜から、同じく桜満開の道成寺、そして、「誰に見しょとて紅かねつきょぞ 」
で花道から出てくる八百屋お七(松竹梅湯島掛軸)。うまくリンクしているなぁと思いました。
はっ! 話がそれている。すみません。

【松竹梅湯島掛軸】

最後の幕がコレというのは、とても気分が良くて幸せです。吉右衛門さんの紅屋長兵衛!
面白かったです。吉祥院お土砂の場は、笑い満載の楽しい話。「チッチキチー」も飛び出して
会場は沸いておりました。しかし、歌舞伎は不思議なもので、今「チッチキチー」をやるのは
少々賞味期限切れじゃないかと思うのに、歌舞伎役者がやると可笑しくて笑ってしまう。
真面目そうな吉右衛門さんがやるから二重に面白い。お土砂のみんなクネクネ化も愉快だった
なぁ。ツケ打ちさんも、幕を引く人もクネクネ化。
そして、うって変わって大詰はシリアスな火の見櫓の場を亀治郎さんが人形振りで勤める。
八百屋お七の一途な想い。雪の中、死罪になるのをわかっていながら、吉三郎のために太鼓
を打ち鳴らす。亀治郎さんのお七、可愛らしくて、上手くてとても良かったですよ 
実は、ちょい昔は亀治郎さんの女形が苦手だったのですが、最近は好きなのです。金比羅の
おかるも見たかったなぁ・・・。スカパーとかでやって欲しいです。 
それにしても、PARCO歌舞伎に引き続いて、染五郎(今回は吉三郎役)に片思いの女子役。
どうしても、決闘!高田馬場の堀部ほりを思い出してしまいました。吉三郎はオカマっぽい
中津川みたいに見えて・・・。すみません。でも、楽しかったんです。

五月の演舞場・夜の部は◎でお薦めです。歌舞伎ビギナーの方にも勧めたい楽しく、美しく、
わかりやすい人気演目が並んでいて、歌舞伎祭りってな感じ。五月は歌舞伎座よりも演舞場の
方がいいかもしれない。私は夜の部、猛烈にもう一度観たいですよ~~。
しかし、今月は仕事&スケジュールの都合でどうにもならないのでありました。一幕見席がない
のも残念です。ションボリ。昼の部は近日観に行くので、また感想など書こうと思います

banner_02.gif   にほんブログ村 演劇ブログへ
↑ポチっと、ブログランキング 検索にもどうぞ!

スポンサーサイト

該当の記事は見つかりませんでした。

-6 Comments

スキップ says...""
管理人Aさま

こんばんは。
私は歌舞伎で石川五右衛門を観るのは初めてでしたので、「つづら抜け」や「宙乗り」に目を奪われてしまったのですが、あの山門の場面の豪華絢爛な美しさと“That's 歌舞伎”感は格別で、やっぱりこのお芝居の醍醐味はあそこだな、と管理人Aさんのご感想を読んで改めて思い至った次第です。
吉右衛門さんの五右衛門、ほんとにステキでしたね。
昼の部のご感想もまた楽しみにしています。
2006.05.08 23:43 | URL | #- [edit]
管理人A says..."悪党に惹かれてしまう。"
五右衛門は、ほんとうにカッコ良かったですよね!!
私も手下になりたい~と思いました。
どうも白波五人男とか、泥棒モノに弱いみたいです(笑)
2006.05.11 03:56 | URL | #EB29KFfw [edit]
Martha says..."うらやましいです"
はじめまして。
ちょくちょくおじゃましてます。
中村屋&染ファンです。
今回の演舞場、のどから足が出るほど行きたかったのですが、名古屋在住の私には花のお江戸が遠いので・・・・今回は断念。
こちらで楽しませていただいてます。
(PARCOは行きましたよ!それも20日のアノ日にね・・・)
2006.05.13 18:37 | URL | #- [edit]
管理人A says..."Martha様へ"
はじめまして~v-411
拙ブログを訪問して頂いているそうで、誠に有難うございます!
中村屋&染ちゃまファンなんて、私もそんな感じなので嬉しいです。
演舞場は良かったですよ~。染五郎さんだと石川五右衛門の久吉役
が当月一かな?

PARCO、20日に行かれたのですね。羨ましい~~v-355
私はその模様をスカパーで拝見しましたが、パパが素敵でした。

では、また気軽に寄って下さいね~。
2006.05.16 01:28 | URL | #EB29KFfw [edit]
Martha says..."はい、また来ました。"
スカパー私も見ましたよ。
あの日、勘三郎乱入場面が一番盛り上がってました。
9月の名古屋平成中村座行かれます?
私はぜーーーったい行きます!!
そういえば、中村座にいつも出店している「CAPONE」ってBarが名古屋にあるんだけど、そこで1度勘太郎ちゃんに会いましたよ!ヘッヘッヘ・・・
2006.05.17 18:56 | URL | #- [edit]
管理人A says..."名古屋は行きません(涙)"
名古屋は今回はお休みです。
9月はたぶん、スマップさんのコンサートに動き回ってます。
名古屋中村座は楽しそうですよね~~。
「CAPONE」に勘ちゃん現れたんですね!! 
今度名古屋に行った時は飲みに行ってみますv-238
2006.05.25 00:32 | URL | #EB29KFfw [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://airen.blog5.fc2.com/tb.php/249-2a116a8c
五月大歌舞伎
今日は新橋演舞場です。
つづら背負ったがおかしいかぁ
実は「石川五右衛門」を歌舞伎で観るのは初めて。 五右衛門といえば『絶景かな 絶景かな~』だと思っていたのですが、この決めゼリフにヤられた訳です。『つづらしょったがおかしいかぁ~ ばぁ~かめ~』 新橋演舞場 五月大歌舞伎 5月5日 夜の部観劇 旅 増補双
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。