たらら~んとしたブログ

歌舞伎・演劇・映画などの感想やら、非日常な日常やら、たらら~んと書いてるブログ。
MENU

吉右衛門の夏祭浪花鑑(五月大歌舞伎)

000kii.jpg

五月大歌舞伎 昼の部 IN 新橋演舞場

さて、今度は昼の部を観てまいりました。観劇日は5月10日です!
(※歌舞伎観て、映画2本観たハードな1日でした。休日最大利用

【ひと夜】

新歌舞伎は苦手かもしれない。四月大歌舞伎でも感じましたが、どうやら私は新歌舞伎が嫌い
なのである。話の面白さがまったくわからない。歌舞伎役者が演じているから歌舞伎なのですが、
どうも只の時代劇を見ているようでドキドキしないのである。
「ひと夜」もだから駄目だった。ナヨっとした信二郎さんは可愛かったですけれど・・・。
最後まで集中できず、チラシ類ばかり見ていました。

【寿式三番叟】

寿式三番叟を観るのは、中村屋さんの奉納舞以来でした。こちらは浅草寺境内で勘三郎・
勘太郎・七之助が素踊りでやっておりました。なので、今回素敵な衣装をつけて、華やかに
踊る寿式三番叟を観て、とても新鮮というか楽しめました。
大太鼓も入る竹本連中の曲もカッコイイし、今回は二人三番叟の趣向で上演されたので染五郎
&亀治郎の三番叟が微妙に異なっているのはお家の違いなのかな~と面白く見れました。
翁を歌六、千寿を種太郎。

【夏祭浪花鑑】

私は勘三郎の団七九郎兵衛が死ぬほど好きなのですが、吉右衛門の団七九郎兵衛も男気の
ある惚れ惚れする男でとても良かった 痺れました。
とくに舅殺しの場はスリリングで、歌六の義平次と併せてかなりの見ごたえがありました。
祭り囃子の中での泥に塗れた殺し場は、何度観てもイイです。大好きです!!
あと、個人的に福助のお辰が好き 「うちの人の好くのは、ここ(顔を指す)ではのうて、ここ
(胸を指す)でござんす」。お辰の去り際の名台詞も清清しく、気持ちよかったです。
綺麗な顔に火傷を作ってまで女(義理)を立てたいというお辰は、団七の女バージョンとも
とれて、カッコイイですよね。福助のお辰も色っぽくて、かっこよくて、憧れました。
いい女だなぁ・・・。ああいう女に生まれ変わりたいものです(笑)

というわけで、演舞場昼の部も楽しく見物して来ました。一幕目がイマイチ私にはピンこない
芝居でしたが、夏祭~の高揚感で劇場を出れたので問題なし。でも、昼と夜を比べたら夜の方
がポイント高いかな~?? 

今月は今週末に、歌舞伎座(團菊祭)夜の部も観ます。また楽日近くに歌舞伎座昼の部も観に
行くので、TOTAL5回も歌舞伎を観るという・・・。演舞場のせいで財布が大変です。
これで国立まで行ったらどうなるのよ? 歌舞伎、活気がありますよね。

banner_02.gif   にほんブログ村 演劇ブログへ

↑ポチっと、ブログランキング 検索にもどうぞ!

スポンサーサイト

該当の記事は見つかりませんでした。

-3 Comments

スキップ says..."福助さんのお辰"
管理人Aさま

こんばんは。
2002年大阪・扇町公園の平成中村座「夏祭浪花鑑」のお辰役も福助さんでした。
勘三郎さんのお辰もステキですが、福助さんのお辰はほんとに色っぽくてカッコいいですよね。
反対に、団七九郎兵衛=勘三郎っていうイメージが私にはあるのですが、吉右衛門さんのホレボレする団七九郎兵衛もぜひ観てみたいです。
それにしても1ヵ月に歌舞伎5回!
しかも1日に歌舞伎+映画2本!!
ひたすら脱帽です。



2006.05.13 02:30 | URL | #- [edit]
aroma says...""
こんにちは~!管理人さんほどでは無いですがワタシも今月はツライです。演舞場の昼・夜と団菊祭夜の部、国立の前進座、国立の文楽…イヤホンガイドの冊子を見て愕然としました…。
お互い、体調整えて頑張りましょうねぇ。
2006.05.13 17:53 | URL | #- [edit]
管理人A says..."コメントありがとうございます!"
スキップ様へ

吉右衛門さんの団七もほんとうに男気爆発でカッコイイですよ。
下手するとただのヤクザになっちゃう団七なので男の矜持が大事
なんだなーと思いました。
10日は歌舞伎に映画にとハードでしたが、その無理矢理っぷりが、
本人はとても楽しかったです。

aroma姉さまへ

今月は演舞場、歌舞伎座・・・とあちこちで伝芸祭りになっていて、
大変ですよね~。国立の文楽を観に行かれるんですか? 羨ましい。
文楽にも興味があるのですが、歌舞伎+落語でいっぱいいっぱい。

あと、たしかに観劇は体力勝負。風邪などひかないようお互い
注意しましょうね。睡眠と・・・!
2006.05.16 01:23 | URL | #EB29KFfw [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://airen.blog5.fc2.com/tb.php/253-dbb57b14
観劇日記~新橋演舞場5月
今月の東京東銀座の新橋演舞場 は、僕も大の贔屓にしている二代目中村吉右衛門 丈を座頭に、播磨屋(吉右衛門家)ゆかりの演目がずらりと並ぶ「五月大歌舞伎 」。播磨屋はもちろんのこと、播磨屋系のお芝居が大好きな僕にとって、切っても切っても播磨屋・・・
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。