たらら~んとしたブログ

歌舞伎・演劇・映画などの感想やら、非日常な日常やら、たらら~んと書いてるブログ。
MENU

明日の記憶

ashitaj.jpg
明日、俺が俺じゃなくなってしまっても、君は一緒に
いてくれるだろうか…


美しい映画だった。でも、私には綺麗ごとすぎるファンタジーにしか感じられなかった。
病気(若年性アルツハイマー)をリアルに描かないのは、映画なので良いとする。
だって、きっとこの映画は病気のことを描きたいのではなく、夫婦の絆や愛を描きたかった
のだと思うから・・・。

しかし、「夫婦の絆・愛」の部分で、私はまったくこの映画に共感できない。
男の方に甘い夢を見せている。都合が良すぎる。
妻の枝実子(樋口可南子)は、どうしてあんなに夫に尽くせるのか? 私には理解不能。
仕事人間で家庭をかえりみない夫。その上、接待とはいえキャバクラでハッスル。
大事な時も家庭のことは妻にまかせっきり。ゆえに娘は非行に・・・。
そんな環境での長い夫婦生活。定年まであと10年という50歳を目前に夫は不治の病に
なりました。・・・私だったらそんな夫には尽くそうとは思わない。
「明日の記憶」の枝実子は、良き妻であり、恋人であり、である。
男性が求める理想の女すぎて、私にはリアリティーがなく感じられた。
ひねくれてるからかしら?

もう少し、妻の視点でこんな夫だけど私には大事といった部分を、ストーリーの中で見せて
くれたら良かったのにと思う。
結婚前の幸せな恋愛期間の回想はありますが、それだけであそこまで夫に尽くせるのかと
いうのが、私にはわからない。私が独身だからかな~。
渡辺謙さんが演じる夫が、愛され、尽くされるべき男に見えなかったのが、私がこの映画を
イマイチに感じた理由です。ファンタジーすぎる。

ぶっちゃけ、私は渡辺謙さんが大好きですから、謙さんのようなイイ男だったら尽くそうとは
思うかもしれません。家庭をかえりみてくれなくても、かっこよさで許せる??

・・・と酷なことを書いてしまいましたが、夫婦で観たら良い映画だと思います。
「俺がこの映画みたいな病気になっても、お前は一緒にいてくれる?」「うん」なんて会話を
しながらですね、映画を観た後に食事でもするといいですよ。 
私もいつか結婚をして、50歳↑になってからこの映画を観たら、枝実子の気持ちがわかる
のかもしれない。長く一緒にいると愛はなくなっても、情は出ると言いますから・・・。
そういう話だったのかな?

個人的に今回は若手役者が頑張っていたと思いました。水川あさみさんとか、及川光博とか。
もちろん、渡辺謙さんも迫真の演技です! そして、いちばん素晴らしいと思ったのは、
理想の女性(妻)を体現している樋口可南子さん。あの妻は、世の働きマンに夢と希望を
与えてくれますよ! 
あと、「東京ラプソディ」を唄う大滝秀治!! これは反則。抜群にいい味出してました。

映像は綺麗でしたが、不要なCGにげんなりするところもありました。
静かな、良質の作品といったイメージなのだから、CGなんて使わなくていいのにな~。

私はあまり感動(共感)しませんでしたが、泣いている人も多かった「明日の記憶」。
感動作であることは間違いないので、素直な人には熱くお薦めしたいです。

明日の記憶 明日の記憶
荻原 浩 (2004/10/20)
光文社
この商品の詳細を見る
↑原作。「ダ・ヴィンチ・コード」と一緒で、原作の方が良いのかも?
ちょっと気になる本です。文庫になったら読もうかな~。

●映画のお薦め度→★★★☆☆(5段階評価)
渡辺謙&樋口可南子の夫婦が素敵! 働きマンの男性は必見? この映画を観れば、妻を
大事にしようと思う筈です。

【観た場所】丸の内TOEIで、6/14に観ました。

banner_02.gif   にほんブログ村 演劇ブログへ

↑ポチっと、ブログランキング 検索にもどうぞ!
 
スポンサーサイト

該当の記事は見つかりませんでした。

-2 Comments

ワイズマン says...""
>管理人Aさん、こんばんは。
コメント・TBありがとうございました。

私は、自分が自分でなくなっていく
主人公に感情移入?して観たので
すごく切なかったです。
でも、あそこまで尽くせる奥さんは
凄いなぁ、とは思ってました。

女性から見るとそうなのかぁ、と読まさせていただきました。
2006.06.18 21:00 | URL | #mQop/nM. [edit]
管理人A says..."主人公の視点"
主人公に感情移入すると哀しい。
どうして自分がと思うだろうし、忘れたくないことを忘れていくのはほんとうに切ない。
私はたぶん、女なので自然に奥さんに感情移入したんだと思います。
奥さんの友人役?で出てきた渡辺えり子さんの、すべて背負わなくてもという
思いやりからくるアドバイスに私は賛成でした。
愛する夫のためなら犠牲になるのもいいけれど、この映画の夫は仕事人間で、病
になってから家族の大切さに気付いた感じだったので、今更虫が良すぎる~~
と感じたんですね。でもきっと、映画に描かれなかった長い夫婦生活の中に、
あの奥さんがあそこまで尽くした理由があるんだと思います。
原作にはあるのかな~??
2006.06.20 03:08 | URL | #EB29KFfw [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://airen.blog5.fc2.com/tb.php/280-eb6454c1
映画「明日の記憶」観ました。
ストーリーは49歳の若さで若年性アルツハイマーになってしまう物語実際,私(ブログ管理人)も47歳だし、物忘れも激しい。人の名前も良く忘れる。約束は、まだスッポカシタことはないと思いますが、会議とか、飲み会とかの約束事はすぐスケジュール表と携帯電話のスケジュ
明日の記憶
という映画をご存知ですか・渡辺謙さん主演です。個人的に大好きです。テーマは「若年性アルツハイマー」公開前のドキュメントを偶然テレビで見たのですが、とにかく気になる内容でした。泣かせる映画というのではなくて、泣いてしまう映画のようです。まだ見ていませんが、
明日の記憶/堤幸彦
人が存在する理由、それは必要だと言ってくれる人がいるからだと思います。この映画は、若年性アルツハイマーに犯された佐伯雅行という人物(渡辺謙)が、妻(樋口可南子)に支えられながら、病気を受容して生きて行こうとする姿を描いた物語です。広告代理店の第一線で働い
明日の記憶 観ました(6/4)
「明日の記憶」を観てきました。母親が観たいとの事で、6月4日(日)久し振りにさいたま新都心のMOVIXさいたまで観劇。チケットは当日会場で購入したのですがチケット券売カウンターが増えており待ち時間なく指定券購入できました。監督:堤幸彦出演:渡辺謙 樋口可南子 
Memories Of Tomorrow
『明日の記憶』大手広告代理店の部長を務める佐伯雅行(渡辺謙)は、50歳を目前に大きなプロジェクトと娘の結婚を控えていました。そんな仕事も家庭も順風満帆だった中年男性に突如、病が襲います。病名は若年性アルツハイマー。この病は決して他人事ではなく、実際に誰の
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。