たらら~んとしたブログ

歌舞伎・演劇・映画などの感想やら、非日常な日常やら、たらら~んと書いてるブログ。
MENU

博多座遠征三日目~勘三郎襲名・昼の部~

000htat.jpg
十八代目中村勘三郎襲名披露 IN 博多座 ~昼の部~

昼の部の感想も書いておきます。が、ほとんどダウンしていたので期待せずに・・・。

【熊谷陣屋】

橋之助が四代目芝翫型の「熊谷陣屋」、熊谷直実役に挑む。
私はこの~四代目芝翫型~は初めて観ました。いろいろ違うものなのですね~。
簡単に言えば、メジャーな九代目團十郎型よりも、芝翫型の方が荒武者・直実といった感じ
がします。荒々しく、力強い。
目で見えるところでは、衣装の色や隈取が違う。團十郎型でよく見る衣装はミドリ色ですが、
こちらは黒びろうどの着付+赤地錦の裃。
とにかくいろいろ違うので、それが興味深かったですね。いちばん有名な見得だと思われる
「制札の見得」も、團十郎型は高札を逆さに持ちますが、こちらは正しい(札が上の)持ち方。
あと、最後の名台詞「十六年はひと昔、夢であったなァ」も陣屋内で言います。
花道の引っ込み、七三で止まって言うのが印象的だったし、素敵だったので、これは少し
勿体無い感じがしました。

個人的な感想を言えば、芝翫型の方が荒々しく豪快な武者・熊谷直実が、最後は出家
するという差というかメリハリが出ていいように思います。しかし、戦のせいで我子を
手にかけるしかなかった直実の悲哀がたっぷり出るのは團十郎型のような気がします。
こればっかりは好き好きだったり、役者のタイプによって合う合わないがあったりなので
しょうが、橋之助が芝翫型というのはとても合っていたし、良かった。
成駒屋の未来を考えても、着々と芸道を探求・精進して行っているのだなぁと頼もしく感じ
られ、感動しました。しかし、脇が残念。扇雀の相模は、ちょっとキツイです。あの時代の
女房は、もっと抑えるべきだと思う。愛する息子を知らないうちに夫に殺された悲しみ、
悔しさは痛いほどわかりますが、義経(主)の前ですから、ぐっと堪える方がいいし、
そこに相模の悲劇性があると思うのです。扇雀の相模は感情が出すぎのような気がしたな。
目力があるせいかもしれませんが、大きな目でキッって直実を睨むのは嫌だ……。
芝翫型はあのように演じるものなのでしょうか? 不勉強なのでわかりません。
あと、襲名興行だからこその大役ですが、七之助の藤の方は時期尚早。綺麗でしたが、まだ
無理です。「熊谷陣屋」だから仕方がないですが、一谷嫩軍記だったら玉織姫をやった方が
いいんじゃないかな~とか思ってみたり。
勘太郎の義経もしかり。勘太郎の義経は品があって、若々しいのは良かったのですが、直実
が仕える「主」という大きさ(格)はまだない。足りない。
地方公演+襲名興行ということでご兄弟に大役が回ってくるのは嬉しいし、勉強になるから
良いのですが、A席20000円ですから、それが適正価格になるような芝居が観たかった
というのも本音だったりします。まあ、ご兄弟は勉強、勉強。若いからこれからですしね♪
もう一度、脇の配役を変えた橋之助の芝翫型・熊谷陣屋をいつか観てみたいです。
歌舞伎座でやりそうな気もしますがね・・・。博多はその序盤なのかしら?

【連獅子】

何度も観ている中村屋親子の三人連獅子。
息の合った、家族の絆を感じさせる踊り+毛振りは何度観ても心温まりますね。
感動します。家族っていいな~って。
すみません。宗論は完璧ダウンでした。(→最初からここは休むと決めていた)

【人情噺文七元結】

昼の部いちばんのお薦めというか、見物は「文七元結」だと思います。
やっぱり、勘三郎の左官屋長兵衛はイイ! ぴったり。大好きです。
こちらは配役も適所適材だと思いました。文七=勘太郎、おまさ=中村芝のぶ、女房お兼
=扇雀、鳶頭伊兵衛=左團次、和泉屋清兵衛=富十郎、角海老女房お駒=芝翫。
とくに、本役だと言える和泉屋清兵衛の富十郎、角海老女房の芝翫が素晴らしく、襲名披露
の「文七元結」だな~という豪華な配役で嬉しかった。
筋書にありましたが、この噺には悪い人が一人も出てこない。それでいて、面白いし、泣ける
しという人情噺の傑作です
その噺の主人公・長兵衛そのもののように演じる勘三郎。落語で聞いても、頭には勘三郎の
長兵衛が浮かびそうです。昼・夜通して観てもこの演目がいちばんの大当たり。
博多に近い方、幕見でもいいので是非これだけは見てみて下さい。

「連獅子」も初見の方には良いと思うのですが、私の場合、見すぎているので、今更書くこと
がない感じです。次に「連獅子」を見るなら、海岸とかグランドキャニオンとかで見てみたい。
贅沢言ってますね・・・。

★★★★★★☆☆☆☆☆☆★★★★★★☆☆☆☆☆☆★★★★★★☆☆☆☆☆☆

博多座遠征最終日。終演後は、リバレイン内で食事(軽く打ち上げ)をしてから空港へ。
福岡空港は博多中心部(天神)に近いし、交通の便もよくて大阪や京都遠征よりも楽だと
思いました。旅費もあまり変わりません。安いくらいです。
博多座だったら、また観たい歌舞伎や芝居があった時にふらっと行こうかな~。気に入った!
博多いいですね。食事にハズレがありませんでした。1度もハズレなかったのは初めてかも。
体調の悪さでヘタレていたのは一生の後悔ですが。次の京都南座遠征の時は事前から仕事
は入れないようにして、万全の体調で行きたいです。それが何より大事だと思いました。
せっかくの最前列が逆に困った昼の部だったし。宗論の時とか本当に申し訳なかったです。

0ohana.jpg
↑スマステーションから花が来てました。香取慎吾個人からないのが淋しいです(笑)

banner_02.gif   にほんブログ村 演劇ブログへ

↑ポチっと、ブログランキング 検索にもどうぞ!
 

スポンサーサイト

該当の記事は見つかりませんでした。

-3 Comments

aroma姉 says..."早く元気になると良いですね。。。"
芝居の為の地方遠征はさすがに難しいので、博多座遠征羨ましいです。。。

文七元結はワタシも大好きな狂言のひとつです。
同じ配役で歌舞伎座でもやって欲しいな。

体調は如何ですか?
発熱は身体からの注意信号といいます。
軽視せず、身体を労わってあげて下さいね!
2006.06.21 15:06 | URL | #- [edit]
nona says..."文七良かったです!"
勘三郎さんの絶妙の間、いいです。笑えるし、時にはうるっとくるし。。
博多座オリジナルの勘三郎襲名記念ワイン買ってしまいました!(~o~)
http://www.hakataza.co.jp/kouen/memorial_h1806.html
2006.06.21 20:33 | URL | #- [edit]
管理人A says..."コメントありがとうございます!"
aroma姉さんへ

文七はとても良かったので、私も歌舞伎座にかかるといいなぁと思ってます。
でも、このあいだ高麗屋さんがやったばかりなので難しいかな?
体調はまだあまり改善されません。安静第一なのですが、仕事に復帰?した
ので、まだ時間がかかりそうです。
次の休みは歌舞伎座予定なので、その日を目標に治してみせます!!
気合いです!!

★★★★★★☆☆☆☆☆☆★★★★★★☆☆☆☆☆☆
nona様

文七は面白かったですよね~。勘三郎さんの起用さが活きてます。
足が痺れてうまく立てないところとか、長い裾の着物をうまく誤魔化しながら
にじり寄るところとか・・・。
襲名ワイン買ったのですね!! 勿体無くて飲めなそうな気もします。
お味はいかがでしたか?
2006.06.22 00:35 | URL | #EB29KFfw [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://airen.blog5.fc2.com/tb.php/287-6f82cfa0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。