たらら~んとしたブログ

歌舞伎・演劇・映画などの感想やら、非日常な日常やら、たらら~んと書いてるブログ。
MENU

今年映画館で観た映画を振り返る

今年、映画館&試写会で観た映画を振り返っておく。
近所にレンタルSHOPがないので、映画館でばかり新作は観るようになった。
う~ん。近くにTUTAYAとか出来ないかなぁ。お陰で観た映画が少ない気がします。

04’年末~1月  オペラ座の怪人
(かなり嵌った作品。ジェラルド・バトラーのセクシー&ハンサムなファントムに攫われたい
と思った女性は多いはず。しかし、素顔は普通のオッサンなのよね。)


3月        ブリジット・ジョーンズ・ダイアリー2~きれそうな私の12ヶ月~
(30代冴えない独身女性のための御伽話。レニー嬢は好きだけど、現実で考えると
ありえない話で、かえって空しくなりました・笑)

           コーラス
(映像・音楽(コーラス)ともに素晴らしい名画の小品。主役を演じたジェラール・
ジュニョの名演技に泣かされました。)

           シャーク・テイル
(娯楽作品。安心して家族で見れるアニメです。気弱で優しいサメが可愛かったな~。
大切なのは富や名声ではなく、日常の何気ない幸せ、友人、恋人なのです。)


4月        真夜中の弥次さん喜多さん
(面白かった! ただのお笑いサブカル映画で終わらず、自分探しをしながら、人類最後
のテーマである「生死」、何のために生きているの?ってところまで描けていたのが凄い)

           阿修羅城の瞳
(染五郎と宮沢りえは美しかったのですが、新感線の舞台に比べると邪空などのキャラ
が死んでしまい詰まらない。CGやカメラワークも微妙。イマイチすぎて驚いた)


5月        交渉人真下正義
(和製エンタメ! 地下鉄を舞台にしたパニック映画の要素もあり、最後まで飽きずに
楽しめました。踊る~FANなら観て損はないです。が、脚本が少々難ありだったかな?)

          イン・ザ・プール
(試写会で観ました。面白かった! 持続性勃起症のオダギリジョーってだけで愉快
です。三木聡のセンスの良さが映画に生かされていました♪)
 

6月        ラヴェンダーの咲く庭で
(大人の女性のためのファンタジー。老後、あんな綺麗な青年と一時でも共に暮らせたら
幸せだと思います。大好きな作品。映像も美しかった・涙)

          砂の器 デジタル・リマスター版
(加藤嘉の名演技は何度観ても泣かされる。古き良き日本の風景にのせて綴られる
親子の情愛。邦画の傑作です。劇場で観られて良かったです。野村芳太郎監督はいい
ですね・涙)


7月        皇帝ペンギン
(愛くるしいペンギンに人生を教わる映画。人間なんてペンギン以下だわ~なんて思い
ながら観てました。フランス語のペンギンというのがなんとも良かったです。)

          ダディ・フライ・ダディ
(V6の岡田くんが可愛く、カッコイイ。堤さんの走る姿もイイ! SABU監督の映画のよう
ではありましたが・・・。夏休みの娯楽邦画として素直に楽しみました。EDはミスチル)

          獲姑鳥の夏
(原作FANには辛い映画ですが、長い原作を2時間に纏めたのは凄いと思った。キャスト
は宮迫博之(木場)以外わりとすんなり受け入れられました。が、監督が最悪でした)


8月        妖怪大戦争
(妖怪会議の試写会で観ました。妖怪(水木しげる)FANが集まって作った大人のお祭り
映画です。小豆は体にいいんだ! 神木隆之介くんの演技が光ってました。天才子役!)


9月        容疑者室井慎次
(室井さんが素敵! でもストーリーは散漫に感じました。とくに田中麗奈が演じた新米
弁護士が昇華されてない。内容も想像の範囲内で意外性がなかったな~。残念でした)

          メゾン・ド・ヒミコ
(テーマは重いのにファンタジックなお陰で辛くならない映画でした。真性ゲイの主人公
が、女と寝ようと頑張ってみるとかのエピは不自然だから要らなかった気がしますよ。)


10月       シン・シティ
(アメコミをそのまま実写映画に・・・。ラブ&バイオレンスなのですが、ラブ要素は薄い
ので、殿方向け。女優陣のセクシーさに私は夢中になりました。)

          ルパン
(素晴らしい! 衣装・美術・映像が美しく、ウットリです。原作とは違う人間臭いルパン
もいいな~と思いました。ドキドキ・ワクワクが続き飽きさせないのも魅力です!!)

          ブラザーズ・グリム
(映像が綺麗でした。テリー・ギリアム監督のわりにまとも♪ らしい、カメラワーク
も効果的でした。娯楽大作としてお薦めできる作品です。グリム好きにもお薦めですよ!)

          乱歩地獄
(糞映画。とくに鏡地獄が酷い。実相寺監督が素晴らしいのは名前の語感だけだという
のを証明してくれてます。乱歩大好きなのに、また期待を悪く裏切られました。)

          カーテンコール(長谷部清監督)
(しみじみとできる良質の邦画です。日本版ニューシネマパラダイス。昭和という時代へ
の讃歌でもあります。タイトル通りの映画でした。)


11月       ダーク・ウォーター
(来週試写会で観ます。恐いといいな~)


これから年内~新春に観たい映画

ハリー・ポッター炎のゴブレット、ベニスの商人、理想の女(間に合うのか?)、
ポビーとディンガン、僕の恋・彼の秘密、THE有頂天ホテル、ミラクルバナナ。

観たかったのに観忘れた映画(かなり悔やまれる)

2月        君によむ物語
3月        カナリア(塩田明彦監督)
4月        コーヒー&シガレッツ
6月        DEARフランキー
7月        ライフ・イズ・ミラクル
8月        愛についてのギンゼイ・レポート
9月        シンデレラマン
10月       蝉しぐれ  

今年観た映画で、当たりハズレもありましたが、結局、好きなのは「ラヴェンダーの咲く
庭で」と「ルパン」がダントツかな~。
邦画は「メゾン・ド・ヒミコ」「真夜中の弥次さん喜多さん」が良かったな♪
それにしても、あまり映画を観ないまま1年が終わってしまった。
昔は毎週観てたのにな~。


banner_02.gif


スポンサーサイト

該当の記事は見つかりませんでした。

-2 Comments

夕タン says..."いやいや"
たくさん観てる方ですよ~。私は今年は、シン・シティだけです(涙)。私はまあまあ楽しめたのが救いです。
でも、あの映画館はイイですね!また映画行きましょう!

※リンクありがとうございます。コチラからもリンクしました。
あ、あとマカロンうまかったです。ご馳走様!
2005.11.07 23:20 | URL | #- [edit]
管理人A says...""
なんで始まる前に、シャンデリアがしまわれるのか?
そもそも映画館に、あんな華美な飾りは必要なのか?

丸の内ルーブルは面白かったですね。
また行きましょう~
2005.11.28 18:43 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://airen.blog5.fc2.com/tb.php/30-480ba8e9
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。