たらら~んとしたブログ

歌舞伎・演劇・映画などの感想やら、非日常な日常やら、たらら~んと書いてるブログ。
MENU

ブレイブストーリー

bureivu.jpg
ブレイブ ストーリー

【作品紹介】宮部みゆきのベストセラー小説をアニメ映画化した冒険ファンタジー。
不幸のどん底に突き落とされた少年ワタルが、運命を変えるために飛び込んだ異世界での
冒険を描く。


宮部みゆきさんの大FANなので、やっと文庫化になった「ブレイブ ストーリー」を全巻購入。
原作を読む前に映画を観ることになった。

つまんない。

映画はつまんなかった。両親の離婚→母の危篤?(ガス自殺未遂?)という大ショックな
ことが起こり、少年はそんな不幸な運命を変えるために異世界への冒険へと旅立つ。
映画で観てしまうと、親の離婚等の現実での辛い出来事もありきたりに感じてしまうし、
少年の心の成長もふーんってくらいで感動できなかった。
運命(現実)は変えられない。それでも頑張って生きていくしかないのだ。
他を犠牲にした上での幸福は間違っている。
そんなところを描いたアニメなのですが、ほんとうにつまんなかった(笑)

「映画を梯子しよう!」と急遽友達と選んだ映画なのですが、選択したのは私だったりして、
申し訳ない気分になりました。「宮部みゆきさんの原作なら絶対面白い筈、最後は泣ける
んじゃないかな~。」と、そそのかしたので本当に申し訳ない。
原作の内容は、文庫裏表紙のあらすじ程度に知っていて、宮部さんは少年を書かしたら
上手だし、SFも時代物もミステリも何を書かれても面白いので、間違いないと思ったのだ。
私の脳内イメージは、「蒲生邸事件」でした。主人公がひょんなことで違う世界へ行き、
そこでの体験を通して少し大人になる。「蒲生邸事件」はタイムトラベル物で、主人公の少年
(※受験生)は2.26事件の渦中へとタイムスリップ。いわゆる歴史SFなのですが、
私は読んで最後のあたりでダラダラ泣いた。
その他、少年が主人公の「パーフェクトブルー」や、「龍は眠る」「魔術はささやく」なども
大好きで、「ブレイブストーリー」の主人公は小学生だけれど、かなり期待していた。
いや、今も期待している。映画はつまんなかったけど原作にはちっとも失望していない。

間違いなく、未読ですが確信を持って言える。

原作を越える映画はなし。

たいがい、原作を越える映画ってないので「ブレイブストーリー」も例に漏れずなんだと
思います。映像やCGはとても綺麗でした。そういうのを楽しみたいアニメファンには薦め
ますが、それ以外の方は映画の日などに観るか、原作だけ買って読んだ方がいいかな?
と、ここでお知らせしておきます。
アニメ映画って、それなりに楽しめると思うのですが、「ブレイブ~」は退屈に感じたな。
早送りしたくなった(笑) 

そんなわけですが、気を取り直して原作を読もうと思います。
原作読んだら、あらためて感想書きますね。

最後に映画版でいちばん納得いかないことを一つだけ。主人公の少年は、両親の離婚を
なかったことにしたいというよりも、お母さんの命を助けたいという気持ちで、ビジョン
(別世界)へ旅立った。そこでいろんな人と出会い、その人たちの住む世界を救うため
に、現実世界の問題(母の命)は諦める。家庭がいちばんの楽園である筈の小さな子供が、
それよりもビジョンの平和を選ぶだろうか? アニメなんだから選んでもいい。
だったら、もっとビジョンの人たちとの結びつきや、どうしてそんな境地に辿り着けたの
かを説得力あるストーリーで見せて欲しかった。
なんだかね、主人公の少年はお母さんはどうでもいいのかな?って風にも見えてしまう。
そこがいちばん腑に落ちない映画だった。

●映画のお薦め度→★☆☆☆☆(5段階評価)
映画代に1800円払うなら、そのお金を持って本屋に行こう!が推奨です。 

【観た場所】新宿TOKYU MILANOビルで、7/12に観ました。

banner_02.gif   にほんブログ村 演劇ブログへ

↑ポチっと、ブログランキング 検索にもどうぞ!

スポンサーサイト

該当の記事は見つかりませんでした。

-5 Comments

amn says..."No Subject"
たしかにあんまり面白くなかったですね。
物語や人物描写が薄っぺらかったし。

ただ、技術的には結構面白かったです。
セルやCG部分など、けっこうきちんと作っていました。
まぁセル部分ではジブリには及んでなかった気もしますが・・・

「原作を超える映画は無し」
と言いますが、指輪物語は結構成功したんじゃないですかね?
原作は子供の頃に読みましたが、映画版はものの見事にハマり
公開中は同じ映画を5~6回劇場に観に行ったりしてました(笑
未公開シーンを追加したDVDスペシャルエディションも3部作全て
買って何度も観ましたし。

ゲドが不安です・・・(^^;
2006.07.16 09:53 | URL | #E6kBkVdo [edit]
mika says..."面白くないのか・・・。"
はじめまして。

私も、宮部みゆきさんが好きで、文庫になるのを待って買いました。
映画になることは後で知ったのですが、原作がとてもよかったので、映画も見たいな~なんて思っていたのですが・・・。
先に原作を読んでから映画を見ると、自分の中で膨らんでいたイメージと違ったりして、がっかりすることが多いのですが、原作を読む前に見たのに、面白くなかったというのは、宮部ファンにとってはかなりダメってことですよね~?
やめておいたほうがいいみたいですね。
でも、原作は面白かったですよ!

2006.07.16 15:56 | URL | #- [edit]
管理人A says..."コメントありがとうございます!"
amn様

指輪物語。実は私、1作品も観ておりません・・・。
第一作を劇場で見逃したので、以降乗り遅れ続けております。指輪~は評判良いので、
原作FANも納得の作品なんでしょうね♪
原作と引け劣らない映画・・・、たしかにあります。
邦画でしたら最近の「博士の愛した数式」、古いですが「砂の器」など・・・。
洋画でも昨年の「ルパン」は良かったかも。

ブレイブ~、原作読み始めましたが、原作の方が吸引力あります。
映画はダイジェストなのかも? CGとか映像は綺麗でしたよね。

★★★★★★☆☆☆☆☆☆★★★★★★☆☆☆☆☆☆

mika様

映画はかなり駄目だと思います。私は原作を読み始めて、まずキャラクターデザインの
時点から違和感を感じています。純日本人なデザインでいいのにな~。地味でも。

原作、まだ上巻ですが面白いです。続きが気になる吸引力がものすごくあって、流石
宮部さんとホクホクです。一気に読みたい~。(→時間がない)

映画ですが、全部読んでから観ると、ここをこういう風に描いたのか~等、違う視点で
楽しめる気もするので、レディースデイなどに見ると良いように思います。
2006.07.17 00:21 | URL | #- [edit]
きたむー says..."No Subject"
ブレイブ、観ようと思ってましたけど、ちょっと二の足を踏みますね。
本は発売されてから図書館で借りたのが1回と、文庫化してすぐに買ってもう1回読みました。
あの長さをどうやって映画に収めるのか気になっていましたが、ダイジェスト版と思われる位に短かったのなら、話の中身がスカスカなんだろうなと思います。
A様のレポ読んで、いまかなり悩んでます。
それにしても宮部みゆきは映画化に恵まれませんね。
模倣犯のときは作ったヤツをグーで殴りたくなりましたよ。
2006.07.17 00:38 | URL | #pKHacpgQ [edit]
管理人A says..."模倣犯"
アレは私が中居くん好きでも、製作者をグーでパンチした上で、ミンチにしたいくらい
怒りましたよ。変なCGを使ったピース大爆発はまだしも、あの赤ん坊はなに?
未だに怒ってますが、中居くんは好きなのでDVDは持っていたりして・・・(笑)
宮部作品は、ほんとうに映像化が悲しい結果になりますね。TV版のもイマイチ
でしたし・・・。ブレイブ~は月イチゴローの映画評でも、「伏線はるならオチつけろ」
と辛口でしたよ。そうなんですよね、消化不良というか中途半端な感じで。

でも、原作を何度も読んで好きなら、一応観てみるのも良いかと思います。
観てプンプンするのも、ちょっと楽しい気がします。
私は京極夏彦FANでもありますが、「姑獲鳥の夏」は観てプンプンするために
劇場で観ました(笑)
2006.07.18 01:49 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://airen.blog5.fc2.com/tb.php/301-c8dfed85
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。