FC2ブログ

歌舞伎・演劇・映画などの感想やら、非日常な日常やら、たらら~んと書いてるブログ。

『桂吉弥のお仕事です。番外編』お江戸日本橋亭

こちらも感想を書くのが遅くなりやした。
吉弥さんの突発的?落語会 IN お江戸日本橋亭
家から歩いて行ける小屋での落語会。ちょくちょく遊びに行きたい小屋なんですが、
近くて遠いのですね。忙しくてなかなか足を運べません。

この日は、銀座の成増で美味しい会席膳を食べてから行きました。
贅沢なお盆の昼下がりです。会席膳なんてしばらくぶりでした。御食事券をくれた友人に
感謝です。ありがちゅー

でもって、15日のネタ↓。

桂佐ん吉/「狸の賽」
桂まん我/「胴切り」
桂 吉弥/「蛇含草」

~中入り~

桂 吉弥/「遊山船」

左ん吉さんの「狸の賽」を聞くのは2度目。3月の「師 桂吉朝に捧げる吉朝一門会」
ぶりでございました。楽しい。
ちょっとテンポが速いかな~とも思うのですが、コレは左ん吉さんの個性なのかもしれ
ません。あっという間にさげまで流れて行ってしまう感じですが、良い所もあって飽き
させない。日本橋亭は座椅子のようなお席なので、うっかり飽きてしまうと体勢がつらい
と思うのですが、ポンポン進むのでつらいとか感じる間もない。
「狸の賽」は好きなネタです。子狸ちゃんの間抜けな恩返し。微笑ましくていいですよね。

お次は、まん我さんの「胴斬り」。この噺ってSFというか、シュールで面白い。
辻斬りにあって、上半身と下半身が切り離されちゃったというのに、死にもせず、おのおの
で生き続ける。上半身は湯屋の番台に、下半身は麩を踏む職に・・・。
ありえないのに、リアルで可笑しい。不思議なネタです。
まん我さんの落語は、浅草見番にて「桜の宮」を聞いて以来でした。好きな噺家さんです。
勢いがあって、面白い。パワフルともいいますか・・・。
この日、夕方からはまん我さんの会だったのですが、私は仕事だったので参加できず
残念。せっかくの落語会だったんですが・・・。

そして、吉弥さん。「蛇含草」です。暑い夏の日の噺なので、季節にぴったりでした。
・・・吉弥さん、大きくなった気がしました。なんか肥え育ってます。しかし、噺家さんは
細いよりも、体格が良い方が風格が出るというか、立派に見えるので良いですね。
枕では、お盆の送電線損傷による大停電の話や、SMAPコンサートに今年は呼んでもらえ
ないかもってな話や、いまだに新選組!ネタをしつこくやってますみたいな話が出ました。
それよりも、「お盆なのに・・・」との頭の挨拶で、「お晩なのに・・・」といきなり噛んでしまった
のが可笑しかったです。
本題の落語ですが、相変わらず食べる所作がお上手というか、見ていて食べたくなる感じ。
七厘で焼いた餅をハフハフ食べる姿に、お餅好きの私は「餅食べたい~」ってなりました。
時うどんや、かぜうどん他、食べる噺は聞くと必ずといって食べたくなるのが困ります。

中入りを挟んで、ふたたび吉弥さん。締め括りのネタ「遊山船」も、夏という季節に
マッチしたネタ。夕涼みの遊山船を橋から見ている喜六さん&清八さん。この二人の
やりとりがとても可愛い。愉快。
しかし、落語とは素晴らしい演芸だな~と思う。しみじみ思った。
座布団に体ひとつ。扇子に手拭いくらいが小道具。なのに、たくさんの人が舞台にいる
ように感じられるし、美術がなくても情景が浮かぶ。
関西の、しかも江戸時代の夕涼みの光景なんて見たことないのに、見えてくるのが凄い。
これには見る側の想像力も必要なのでしょうが、上手な噺家さんの高座だと気合いを入れ
て聞かなくても、その世界が目の前(脳内)にひらける。
これが落語の面白さなんだと近頃思います。お高い芝居(演劇)を観るよりも、お手頃で
楽しめる落語。断然お得。お薦めです!!

次は、チケットが取れたら9月23日の「桂吉弥独演会」が私の落語観賞予定日。
談志さんの会はチケット争奪戦で討死しましたので、23日が次になりました(涙)
そして、9月30日の渋谷繁昌亭。あああ、上方落語ばかりじゃないか!
そろそろ、江戸の噺も聞きたいぞ。久しぶりに、さん喬さんの噺が聞きたいな~。

banner_02.gif   にほんブログ村 演劇ブログへ

↑ポチっと、ブログランキング 検索にもどうぞ!
スポンサーサイト



2 Comments

まだコメントはありません

三浦家権太郎  

あの客席の空気には面喰らいましたが楽しめました(笑)

さん喬さんは寄席の常連なので、たいがいはどこかの寄席の高座に上がってます。
落語協会のHPをチェックしてみて下さいませ。

2006/08/26 (Sat) 00:32 | EDIT | REPLY |   

管理人A  

スカパーで、さん喬さんの高座が見られました~♪
まんきんたん。
ナマじゃないのが淋しいですが、今月は仕事のシフト上、寄席に
行く余裕がもうないので、T

2006/09/04 (Mon) 03:48 | REPLY |   

Leave a comment

1 Trackbacks

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
  •  桂吉弥のお仕事です 番外編
  • 8月15日(火)お江戸日本橋亭出 演 者 演   題桂 さん吉 狸   賽桂 まん我 胴 斬 り桂  吉弥 蛇 含 草桂  吉弥 遊 山 船『何じゃぁ~こりゃぁ~!!』(松田優作風に言うと効果的)会場の客席に着いた瞬間に思ったことだ。....
  • 2006.08.26 (Sat) 12:49 | 三浦家権太郎落語日記