たらら~んとしたブログ

歌舞伎・演劇・映画などの感想やら、非日常な日常やら、たらら~んと書いてるブログ。
MENU

浅草歌舞伎 第二部

今年の『浅草歌舞伎』は、第二部(夜の部)の方がお薦めかもしれません。

身替座禅対決だったら、第一部の~獅童の玉の井~が強面な顔がプラスに働き、楽しく
ていい。しかし、身替座禅のヤキモチ焼きの奥方・玉の井は不細工という設定なのかな?
いろんな人がやった玉の井を見ていますが、わざと不細工メイクにしているんですよ。
私は歌舞伎に不勉強ですから、どうしてブスにするのか、いつからそうなのか等の理由は
知らないのですが、たいがいブスのヤキモチ奮闘ぶりに客は笑うようになっている。
ブスでも憎めない。チャーミングさが必要なのは当然ですが、あれを笑うのは、考えて
みたらちょっと残酷な気もします(笑) 玉の井が玉三郎のような美人でも、面白いと思う
のですが、ブスのヤキモチがいいんだろうな~。

・・・なんてことをモヤモヤ考えながら観ていた『身替座禅』。愛之助の玉の井は、表情で
作っていますが、普通に見たらわりと綺麗。愛之助さん、最近はあまりやりませんが女形
も素敵でしたものね。うっすらと記憶が蘇えりました。

浅草歌舞伎の「身替座禅」は右京を勘太郎がやっているせいで、新婚夫婦の痴話喧嘩に
見えて、微笑ましくてなりません。勘三郎、菊五郎などのお父さん世代の右京とは違う味。
お父さん世代は、役者本人たちの過去の浮き名も手伝って、浮気者っぷりがハマって、
どこかリアリティーがあるのですが、勘太郎だと若くて、可愛い右京なので、そこまでの
色気がないと言いますか・・・。あっても、FANとしては微妙だからいいんですが。
新鮮な右京です。若くて、可愛い旦那様だから、四六時中傍にいたいっていう玉の井の
気持ちがわかる。本当、新婚ラブラブ期間の夫婦って感じなのです。

そうそう、右京は玉の井のことも大好きですよね。浮気な男ではありますが、玉の井の
こともちゃんと好き。ただの恐妻家ではない気もしました。
若い二人の身替座禅・・・。いろいろ新しい発見ができて面白いです。

話がそれましたが、第二部の『渡海屋、大物浦』がなかなかに良い仕上がりです。
浅草メンバー内ですが適所適材。典侍の局をやった七之助がとくに頑張っていたように
思います。成長してます。感動しました。
第一部の『すし屋』は男女蔵の鮓屋弥左衛門が年齢的に無理がありすぎたり、失礼です
が亀鶴の若葉の内侍が似合わなすぎたり、私的に違和感ばかりで詰まらなかったのです
が、『渡海屋、大物浦』は楽しめました。そうだろう、亀鶴は相模五郎のような役の方
が適役だろう・・・みたいに、配役がしっくりきて義経千本桜の夢世界へ入って行けました。

今回、男女蔵の弥左衛門を見て、若い役者が老け役をやるのは、老いた役者が若者の役
をやるのと違って、厳しいのだということに気付きました。歌舞伎って不思議だな~。

まだ感想は纏まっていません。時間があったら、浅草歌舞伎の総括を後日したいです。
今日は思ったことだけ書いておきました。

banner_02.gif   にほんブログ村 演劇ブログへ

↑ポチっと、ブログランキング 検索にもどうぞ!

スポンサーサイト

該当の記事は見つかりませんでした。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://airen.blog5.fc2.com/tb.php/405-53099f9f
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。