たらら~んとしたブログ

歌舞伎・演劇・映画などの感想やら、非日常な日常やら、たらら~んと書いてるブログ。
MENU

殿のちょんまげを切る女

tono.jpg


観て来ましたよ~。「殿のちょんまげを切る女」。本日は最前列センターという超良席。
やっぱり、月に一度は中村屋を観ないと体調崩します。生き返った~。面白かった!!
なんだろう、この安心感。芸達者な勘三郎&藤山直美コンビに至福の時間を頂きました。
2月といえば、この二人。いよいよ気持ちも春めいてきたぞ!!

【内容】
中島淳彦作、ラサール石井演出による、その名も『殿のちょんまげを切る女』!
九州の、とある藩に実在した殿様の逸話を題材に、幕末から明治維新にかけての時代を
縦横無尽に繰り広げる抱腹絶倒の人情喜劇をご覧にいれます。(松竹より)

とにかく面白い。時事ネタ満載でオバチャン向けの笑いでも、面白いもんは面白い!!
そして、しめるところはしめて、グッとこさせる。上手い!! 
ちょいエロだけど心優しい殿様(勘三郎)と、ほんとうは貧乏大工の娘なのに秀吉の
末裔と名乗って殿の正室に納まっている姫様(直美)。世継ぎが生まれなくて困って
いるところに、それどころではない事態(戦)が! 
大政奉還~文明開化と時代は動いていって、殿様はちょんまげを切って農民になるの
ですが・・・ってな流れのお芝居ですが、予想以上にいいお話でした。ネタバレに
なるので控えますが、終盤の山場である殿の演説はほんとうに説得力があって、グッ
ときました。

(くわしいことは、千穐楽も観に行くので、そのあとに・・・♪)

なんなのだろう? 勘三郎も、藤山直美も小さいし、たぐいなき美貌があるわけでも
ないのに、存在感と説得力がありすぎる。そして、パワフルだ!! 新橋演舞場は大きい
小屋ですが、会場中が楽しんでいる空気がちゃんと生まれる。ホンワカ春の陽だまりの
中にでもいるような気分。人にああいうホンワカ感を与えられるのってすごいな~。
やっぱり、こいつらはすご過ぎる。(→失礼な言い方ですが)

今回、急遽というか小山三さんも出てます。ちょっとですが、見所ですので要チェック。
あと、もう齢70過ぎた大村崑さんも素晴らしい。懐かしいネタも惜しみなく披露して
ますし、殺陣もお見事!! 老人力に頭が下がります!!

七之助くんも可愛かったですよー。

ほんとうに楽しいお芝居ですので、ぜひ若い人にも見てもらいたい。
演舞場にかかる芝居は、わりと中高年向けですが質のいい中高年向けのお芝居なので、
ギャルと呼ばれる世代の子にも見てもらいたいなーと、いつも思います。
久里子さんとか、直美さんとか魅力溢れる舞台女優さんを若いうちから見ておくと絶対
いいですよー。あー面白かった! 大満足です。やっぱり、芝居はこの満足感がないと
スッキリしないなー。今月の大当たり。

banner_02.gif   にほんブログ村 演劇ブログへ

↑ポチっと、ブログランキング 検索にもどうぞ!



スポンサーサイト

該当の記事は見つかりませんでした。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://airen.blog5.fc2.com/tb.php/420-5c6c4b3f
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。