たらら~んとしたブログ

歌舞伎・演劇・映画などの感想やら、非日常な日常やら、たらら~んと書いてるブログ。
MENU

ヘドウィグ・アンド・アングリーインチ (27日)

とても良くなっていた「ヘドウィグ・アンド・アングリーインチ」。
初日は緊張なのかなんなのかいっぱいいっぱい、20日もいまひとつでしたが、27日
は客のノリがとても良かったのと、ビデオ撮り(何用か不明)だったこともあり、
私比較では三度目にして、やっといい舞台が観られました~~。
良席だったし

変わったな~と思ったこと。
初日はジョンへド様リスペクトなのか、物真似入った感じの山本ヘドでしたが、リス
ペクトは変わらないものの、消化されたのかいい具合の山本ヘドウィグが誕生して
おりました。ヘンに真似するよりは、こっちの方がいいな~と思いましたよ。
だって、日本のヘドウィグだし、演者によって解釈や表現は違って当然だから。

TEAR ME DOWN……。ヘドウィグの内容を踏まえれば、ワアァ~と盛り上がっては
駄目なのかもしれませんが、音楽的にはノリノリになりたい曲なんで、27日はここ
から客が盛り上がってスタンディングで、すごく楽しかった。私も席的に立つと悪い
かな~とは思っていたけれど、終盤の週だし、好きに見ちゃえと思っていきましたよ!
だって、ロックミュージカルじゃん♪ 後ろをちょろっと見たら、みんな立ってた。
壮観だ! 山本へドウィグも楽しそうだ。演出家の意図なんて関係ないよ、もう。

MCの部分も前2回よりは集中力があると言いますか、台詞を飛ばすとかそういうミス
もなく、良くなってました。この日はトマトが客席の遠く(L列に上がる舞台よりの
階段のところ)まで飛んで行ってしまい、山本ヘドウィグはどこへ行った~って感じに
舞台から降りて拾いに来ました。このトマト、私が行った日では成功してないので、
もはやワザとじゃないか? アドリブの入れどころ?って感じになっております。

The 0rigin of love・・・ここで気付いたんですが、山本ヘドウィグは喉の調子が悪い
様子です。風邪引いた? 掠れ気味。しかしまあ、ハスキーな歌声の方が好みって
人にはかえって素敵に聞こえるかもって感じで、遜色ない歌でしたので、普段の
山本さんの歌声を知らなければ、不調かどうかもわからなかったと思います。
見た目が可愛い、ヘドの青春Verのような山本ヘドウィグなので、私はハスキーなくらい
でもいいんじゃない?って印象でした。

Suger Daddy・・・やっぱりこの曲は可愛くて、エロくて好きです。27日はここの手拍子
もバッチリ。一体感ってこうよね~と、ちょっと感動してしまいました。前2回は、
あまりにまばらで一緒に同行した友人が「ワルツ?」と突っ込んでたくらいだったので。

Angry Inch・・・スタンディング! やっぱり、ここも立ってノリたくなるところなので。
27日は会場も熱くて、楽しかったな~。3回目にして、やっと満足感がありました。
鈴カツさんの演出がとか、台詞の訳がとか、どうでもよくなっちゃう。原曲がいいので、
それを上手に歌ってくれるヘド様さえいれば、ぜんぜん楽しめる。
会場(客)と舞台(演出)の間にあった壁が、この夜は壊れました。演劇的なヘドとか
いっても、説明不足で中途半端な今回の舞台。せめて、心熱くなる様な一体感があれば
と、私は思っていたので27日は良かったです。演劇的~なのが好きな人には災難でし
たが、ホント、山本ヘドウィグも喉の調子は悪くとも、客のパワーにのせられる感じで
前2回よりも弾けてました。元々、バンド少年の山本さんなので、スタンディングで、
ノリノリな方が火がつくんじゃないのかな~?

Wig in the Box・・・これも好きな曲。今日は周囲から一緒に歌ってる声がちょっと
聞こえてきて、これまたいい感じ。やっぱり、OK!エブリワンってヘドが言ってるの
だもの。ワンフレーズくらい一緒に歌ってあげてもね♪ 私は最近というか、映画でも
Midnight Radioと並ぶくらい好きな曲なのです。私はもう振り返らない。過去をもう
嘆かないのって感じでグッときます。

Wicked Little Town・・・私は最初に歌うVerの方が好き。トミーと出会って、恋に
落ちていく感じといいますか、山本ヘドウィグの場合、ここを本当に心を込めて、時折
微笑みながら歌うので、ヘドの純粋な部分が覗いていい。愛おしいヘドウィグになって
おります。山本ヘドウィグ、MCはもう少し頑張って~と思うけど、歌はいいですよね。 

そして、いつものことですがHedwig's Lament~Midnight Radioまではいい仕上がり。
この日は手もいっぱい挙がって感動的でした。良い日に当たったな~と思います。
Midnight Radioは、何度聴いても良い曲だ。ジョン・ヘド様の舞台版CDでも、いっぱい
聴きましたが、何度聴いても感動する。この日、一緒に観ていた友人が見終わった後に
飲み屋で、この曲の彼女的解釈を語ってくれまして、そうなのよ~だから心打たれるの
だと、皆でちょっと熱くなっていました。私的には、完全じゃない人間=駄目人間でも
いいじゃないか、と励まされるから好きな歌なんですが(笑)
みんなで手を上げて、それでも生きていこうみたいな。→ケラさん的? 大槻的?
結局、私はこの手のものに弱い。負け犬以下だから(笑)

27日は本当に席が良かったので、山本さんの女優泣きも堪能させて頂きました。
大きな双眸から、見事というほど綺麗に、良いタイミングで涙が溢れ出る。特技です。
前2日と泣き所を変えてきました。堪えて、堪えて・・・。うん、こっちの方がより感動
的でいいよ。と、帰りに友人と話しました。

たくさん観ている友人に、初日・20日はアンハッピーじゃなく、アンラッキーDAY
だったと聞き、27日にして、本当にやっと完成されたモノが見れた気がします。
舞台上で日々成長する山本ヘドウィグに期待したいと、前回書きましたが、それを裏切
らない最後の週の休演明けの舞台でありました。次は千穐楽です。きっと、千穐楽だし、
盛り上がるだろう+山本ヘドウィグも頑張るだろうと思うので、楽しみになりました。
カーテンコールはいらないから、アンコールで1曲歌ってくれるといいですね~。

27日は、舞台の難を忘れるくらい楽しい観劇ができました。
この日は、偶然友人もたくさん観に来ていたので、アフターも楽しかったです。

0bear2ok.jpg

↑戦利品? ベアグミ。よく見ると怖い顔してます。

banner_02.gif   にほんブログ村 演劇ブログへ

↑ポチっと、ブログランキング 検索にもどうぞ!

スポンサーサイト

該当の記事は見つかりませんでした。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://airen.blog5.fc2.com/tb.php/425-2b4f860f
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。