たらら~んとしたブログ

歌舞伎・演劇・映画などの感想やら、非日常な日常やら、たらら~んと書いてるブログ。
MENU

十一月大歌舞伎~夜の部~

十一月大歌舞伎/夜の部。三階A席から観て来ました。
記憶メモがわりに感想を書いておきます。

【嬢景清八嶋日記*日向嶋景清(ひにむかうしまのかげきよ)】

父と娘の情愛を描いた一幕。昼の部の一幕目「息子」が父と息子の情愛モノだったので対
のよう。
平家最後の生き残り・悪七兵衛景清(吉右衛門)は、自らの手で両目を潰し、盲目となって
日向国で生きながらえています。目を潰したのは厭世のため。繁栄する源氏を見たくない
のです。
そこへ、生き別れとなった娘・糸滝(芝雀)が、肝煎佐治太夫(歌昇)に伴われて会いにきます。
娘は自らの身を廓に売ったお金を、父に渡したい、親孝行がしたいといじましく健気なのですが、
景清は武士であったプライドを捨てきれず、娘に優しい言葉をかけてあげることもできないまま
追い返してしまいます。残されたお金と、書き置き(手紙)。その手紙で娘が自分のために身を
売ったと知った景清は、「その子は売るまじ・・・」と泣き狂う。
最後は娘を助けるために、平家方の最後の生き残りとして源氏にその身を引き渡して幕。
なんか辛い話だったなぁ。「俊寛」みたいでした(舞台も雰囲気も・・・)。
しかし、吉右衛門さんは巧い。ちょっと泣けてしまいました。自分が平家の将であったことから
今は追われる身、そんな父親がいたら娘は幸せになれないと思い、あえて辛くあたる、その心の
葛藤がなんとも切なく、胸に伝わってきました。じんわり。

【鞍馬山誉鷹(くらまやまほまれのわかたか)中村大改め初代中村鷹之資披露狂言】

富十郎さんのご長男・大ちゃんが、初代鷹之資と改名する披露演目。とにかく豪華! 可愛い!
すごく癒されました。
祝幕が開くと、舞台は紅葉が美しい鞍馬の山。そこに長唄連中の方々が並んでます。華やか!
話は幼少の牛若丸の強さをアピールするだけって感じなのですが、もう、ほんとうに大ちゃん
が可愛くて、一生懸命で良かったです。まだ6歳なのにしっかりつとめておりました。
口上も兼ねていましたが、富十郎さん、ほんとうに大ちゃんが大好きで、目に入れても痛く
ないくらい可愛がっているんだな~と、またまたじんわり。心配そうに息子の口上挨拶を
見守っておりました。このお祝いに華を添えてくれた役者さんは、雀右衛門、仁左衛門、梅玉、
吉右衛門。後見は信二郎さんがやっていました。大ちゃんはほんとうに幸せ者です!
将来が楽しみ。歌舞伎はこうやって受け継がれていく芸を観る楽しみもあるので、これからも
ずっと観ていきたいです。

【連獅子(れんじし】

高麗屋親子(幸四郎&染五郎)の連獅子。・・・なんだろうか、いまひとつでした。
毛振りとかのタイミングなどが合っていないんですよ。う~ん。
体調不良だったのかな? 

【おさん*茂兵衛  大経師昔暦(だいきょうじむかしごよみ】

梅玉&時蔵のおさん・茂兵衛。近松芝居です。実際にあった事件を元にしたものだそうです。
なんか後味が悪い世話物で、私はあまり好きじゃない話でした。
旦那の不貞をとっちめようと、女中と口裏を合わせて女中部屋で待つ女房おさん。
しかし、その寝所に入ってきたのは手代・茂兵衛。二人はお互いを確認しないまま不義密通の
罪を犯してしまい、死を覚悟して逃げて行く。月夜の塀に浮かび上がる二人の影は、まるで
ハリツケにされた姿のようで・・・って、なんで感じの悪いエロ亭主のせいで、おさんや真面目に
生きてきた茂兵衛がそんなことにっていう理不尽極まりない話なんだもの!!
あ~、すっきりしない。最後の幕がアンハッピーだと歌舞伎座を出る時の足取りが重くなるのは
何故だろう。
時蔵さんは相変わらず美しく、ウットリだったのですが、内容が切ないので凹みました。
個人的に、最後の幕は「文七元結」とか「鰯売恋引網」みたいな明るい世話物の方が好きです。
楽しい気分で劇場を出たい。

十一月の夜の部は、大ちゃんの可愛らしい姿がいちばん印象に残っています。
毎月1~2枚舞台写真を買うことにしているのですが、今月は昼の部の熊谷陣屋の仁左衛門丈
1枚と、大ちゃんの晴れ姿1枚にしました。筋書だと溜まってしまうので、写真にしています。


●お気に召したらポチッとどうぞ。↓

banner_02.gif



スポンサーサイト

該当の記事は見つかりませんでした。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://airen.blog5.fc2.com/tb.php/43-a1026cb1
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。