たらら~んとしたブログ

歌舞伎・演劇・映画などの感想やら、非日常な日常やら、たらら~んと書いてるブログ。
MENU

エジプト*マルタ旅行①

▲5月31日 成田発

▲6月 1日 早朝にカイロ着。ナイルヒルトンにcheck in!! ホテルの入り口
では空港のような荷物検査があり、治安悪いのかなーと思った。飛行機の中
で寝たので、4時間くらい寝て起きる。まずは、隣接のカイロ考古学博物館へ。
ミイラとか、ツタンカーメンがある博物館。ロゼッタストーンは何故か、英国
が略奪したままのので、エジプトにはない。カイロの博物館も見応えあるけど、
同じぐらい見応えあった大英博物館ってなんだろう? 
夜は、日本で言うアメ横、香港で言う女人街のような「ハーン・ハリーリ」を探索。
日本人は金持ちだと思われているので呼び込みがすごい。「カワイイ」の他
に、「儲かりまっか? ぼちぼちでんな(→一人でこう喋る・笑)」、「山本山」、
「ちょっと、ちょっと、ちょっと」が、どうやら現エジプトの日本人を見たら発する
言葉である。誰が教えるのか?
nailtower.jpg
↑ヒルトンから見えたカイロタワー。しょぼい。

▲6月2日
マルギルギス(オールドカイロ)にて、コプト教の教会・博物館などを見学。
イエスの家族が難を逃れるためにエジプトに渡ったという伝承の、その隠れ
ていた場所があるところ。エジプトといえば、イスラム教オンリーという感じ
だが、コプト教徒も多い。なので、他のイスラム圏に比べたら、アルコールを
出す店が多かったりもする。
あと、エジプトは野良猫・野良犬(要注意:狂犬病)が多い。これもイスラム
教が殺生を禁止しているからだと思う。あと、犬も猫もピラミッドに描かれた
りするくらいだから、古から可愛がられていたのかも。
ただ、ニャーもワンも痩せていて覇気がない。暑すぎるから仕方がないか……。
午後はアマディ(高級住宅街)にある世界でもベスト10に入る超素敵なアメ
リカンスクールを見学。すごいよ! 綺麗だし洒落てる。そこで、従妹も出る
バレエの発表会を見た。1時間くらいのミニ発表会。従妹は海賊とドンキ
ホーテのキトリのバリエーションなどを踊っていました。ちゃんとした発表
会というよりは、「クラシック・バレエ部」って感じで、みんな楽しそうで
良かった。従妹のお友達の中に、CXや日テレの特派員も居て、あー見た
ことあるぞって感じで面白かった。異国に暮らすと、日本人というだけで輪
が広がるのがいいな~と思う。年齢・職業・性別関係ない。日本人というだけ
で仲良くなれたりするのだ(笑) でも、日本人が多いロンドンやパリでは、
あまりコミュは生まれないかも。日本人、多すぎるもん。

reikoc.jpg
↑バレエの発表会。これは、ドンキホーテだな。

夕飯は、大きな会社の御宅にお呼ばれをした。庶民の私はびっくりのディナー
タイムだった。しかしなから、敬謙なイスラム教徒の御宅なので酒はなし。
eri.jpg
↑お呼ばれした家の待合室。豪華です。広いし。

▲6月3日
piramid.jpg

ギザでピラミッド&スフィンクス見物。いよいよエジプトに来た気分が満開に!
中にも入ったよ。狭いし、暑いしで半死半生。でも、流石に世界遺産。見る
と圧倒されます。すごいよー、ピラミッド。
エジプトにはピラミッドや古代遺跡が山ほどありますが、正直そんなに興味が
ないので、私はハイライトの「クフ王のピラミッド」&「スフィンクス」のみ
でいいことにした。本気で好きな人だったら、カイロから出て南下して、いろ
んな遺跡を見るのだろう。そうするべき。私も暑くなければ考えたわ。

昼はコプト教徒の御宅のランチにお呼ばれ。日本にあるエジプト大使館に勤務
してる、エジプト人のおっさん家だ。彼は変わっていて、にぎやかなのが好き
だからと、高級住宅街じゃなく庶民の街に住んでいる。高級住宅街にも家があ
るのにだ(笑) しかも、イスラム教地区に住んでいる。だから、この街では
「コプティックの●●さん」と尋ねただけで、彼の家がわかるという。レア
なのだ。奥さんの手料理は美味しかった。エジプト風ラザニヤ、モロヘイヤの
スープ、チキン、ハンバーグのような食感のコフタなど。ビールも出て愉快な
ランチでした。私は飲めないが。
夜はナイル川クルーズ。ベリーダンスを見ながら食事。ベリーダンス、凄い
ですね。お腹があんなに動くとは!! ちなみにベリーダンスはお腹の表情を
楽しむダンスなので太い腹のダンサーが主流。痩せっぽちはイカンらしい。
それを知って、ベリーダンスなら習ってみてもいいかもと思った。デブに優し
いダンスですよ。→カンチガイ。
beridance.jpg
↑ベリーダンス。衣装がイマイチだったなぁ。

▲6月4日
叔母たちは一足先にミラノに出発。私はカイロに残り、ホテルから従妹の
住むマンションに移動。この日はだるいので、大きなショッピングモール
をぶらぶらしたくらいで終了。夜は従妹の友達N君もマンションに呼んで、
チャーハンで夕飯。エジプト料理は美味しいけど、毎日だと飽きるから
丁度いい夕飯でした。

▲6月5日
N君も連れて、シタデル地区を探索。1176年、サラディンが対十字軍用
に建てた城壁。カイロのシンボルらしい。そして、ちょっと行くとガーマ・
ムハンマド・アリというオスマン朝時代の立派な建築物が! イスタンブ
ール風だと聞いたが、イスタンブールに行ったことがないのでわからん。
とにかく豪華である。中には大きなシャンデリアも。
この日は探索前に、メトロを出たところにあった薄汚い(笑)コシャリの
店に入った。2エジプシャン$。40円だ。コシャリは、ライスと砕いた
パスタ&マカロニなどで作ったおじや的なエジプト料理。見た目は一瞬は
嘔吐物のようにも見えるけど、美味しい。日本でも街角で売って欲しいよ。
500円してもいいから!!
koshari.jpg
↑コシャリ。美味しいよ。見た目は悪いけど。

昼は再びハン・ハリーリへ。現地人はあまり入らない高級レストランで、お茶だけ
飲む。ジュースが16エジ$。主食が2$で食べれる国なのだ。旅行客以外
で、こんなにバカ高いジュースを飲むヤツはいない。といっても、日本円
では300円くらい。何が違うって、冷房が効いた小洒落た空間か、冷房
なしのカフェかという点。私は冷房が欲しかった。とにかく暑くて茹だる
寸前だったからさ~。

夜は従妹の家で、冷やしサラダうどん。そして、この日の深夜のフライト
でミラノ(→マルタ)へ・・・。
出発は朝4時発なんだが、海外便は2時間前集合だから深夜2時に空港。
だるそうに見えるけど、エジプトやマルタなどの暑い国は宵っ張りの天国。
深夜2時なんて、みんな普通に遊んでます(笑)

以上海外滞在日記。前半。

スポンサーサイト

該当の記事は見つかりませんでした。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://airen.blog5.fc2.com/tb.php/433-63d2a86c
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。