たらら~んとしたブログ

歌舞伎・演劇・映画などの感想やら、非日常な日常やら、たらら~んと書いてるブログ。
MENU

河童のクゥと夏休み

00akyu.jpg

●公式サイト→http://www.kappa-coo.com/
今日は近くの会場でやってる試写会に行ってきました。
「河童のクゥと夏休み」というアニメ映画でございます。妖怪好きなので観た
のですが、なんだこれ、面白い。予備知識0、何の期待も先入観もなく観たの
がよかったのか、たいへん感動しました

話はドラえもんの「のび太の恐竜」と近い感じ。よくある設定の話なんです。
夏休み、少年が河原で見つけた<河童の化石?>を拾って家に持ち帰る。
水で洗っているうちに河童がよみがえり、クゥ~と鳴くので「クゥ」と名付け
飼うことにする。やがて、河童の存在が世にバレてしまいマスコミなどが家に
押しかけてくる。興味本位で、可愛い~☆みたいなよくある反応……。しかし、
河童の持つ能力に恐怖を感じたのか手の平返し。少年は河童を在るべき住処へ
と返すことにする・・・流れはほんとうに「のび太の恐竜」なんですが、違う
のは、とても日常や社会がリアルに描かれており、たぶん子供より大人の方が
胸にズキズキくるような作りです。

まず、脚本がいいですよ。子供向けだからそういう(※お笑い、皆まで見せる
わかりやすさ)サービスもあるけれど、テーマの描き方がとてもシビアで鋭利な
感じです。最後はお約束のお別れでお涙頂戴もあるけれど、それ以外の部分で
私はとても心打たれましたよ。ホロリ。
犬のオッサンっていうキャラが秀逸。その他、キャラクターの造詣も深いです。
ちょっと生意気な妹・瞳とか、河童に浮かれるパパとか、とてもいいですよ。
そして、いじめ、親の勝手による離婚、家族・親子の在り方、自然の大切さ、
ペット問題、悪辣過ぎるマスコミ・・・こういう要素も何気なく織り込まれて
いるのです。ちゃんと問題提議してくれている。考えろ~っていう。けれども、
近年のジブリ作品ほど説教臭くないのがいい。
私は妖怪好きなので、マスコミや自分勝手な人間たちにエレファントマン的な
怒りをとても感じました。

作画は地味ですが、丁寧・綺麗なアニメーションは好感が持てます。河童のクゥ
ちゃんも、最初はあんまり可愛くなく感じるかもですが、見てるととても好き
になります。良い映画だったわ。じんわり。難点もあるけど、監督の作品への
愛情がひしひし伝わってくるので大目に見れます。
河童のクゥは妖怪ですが、本来の人間のあるべき姿を映しているようでした。
謙虚で、感謝の心を忘れない、可愛い河童ちゃんです。江戸弁なのもグー!!
何度か観ても、新しい発見がありそうな本当に良い作品です。

この夏休み、親子で観る映画NO.1だと思います。大人だけで観ても良い!
こういう良作もちゃんとあるのに、西遊記は何故あんなことになってしまった
のかしら? 伝えたいことがあって、それが観客の心に届く映画は、見ていて
とても気持ちがいい。こういうことだよ!とクゥを観ながら、西遊記に思いを
巡らせてしまいました。クゥのような映画こそ、人が入ればいいのにな~。
あ、クゥも長いです。2時間ちょっと。でも、全然耐えられる。試写会の子供
も笑ったり、泣いたりしながら見ておりました。

劇場でもう1回観よう。ついでに、大嫌いだけどクレヨンしんちゃんの映画も
今度観てみます。ずっと、友人に薦められてたのに、しんちゃんが嫌いで観て
なかったのよね。原恵一監督にファンが多い理由がなんとなく分かったので、
ちゃんと観るよ~~。

●映画のお薦め度→★★★★☆(5段階評価)
今年1番お薦めの親子で観る夏休み映画だと思います! 最後の河童ちゃんの台詞
は、使い捨て、飽食な現代社会にピュアな一石を投じてると思う! いろんなこと
を改めて考え直させてくれる、大人と子供が観た後に話し合える映画です。


【観た場所】日比谷東商ホールで、7/21に観ました。

河童のクゥと夏休み 河童のクゥと夏休み
木暮 正夫 (2007/05)
岩崎書店

この商品の詳細を見る
↑原作もあったらしい。読んで見たいな!!

banner_02.gif   にほんブログ村 演劇ブログへ

↑ポチっと、ブログランキング 検索にもどうぞ!

スポンサーサイト

該当の記事は見つかりませんでした。

-2 Comments

京都に住む男子大学生 says...""
私が河童のクゥで一番感動したのがラストでクゥが「父ちゃん、ごめん、俺人間の友達ができたよ」と言って涙を流すシーンです。
涙を流した理由ですが、管理人さんは何故だと思いますか?

私は、殺されたお父さんのことや康一一家や菊池のことなどさまざまなおもいがこみ上げてきたからだと思います。

その後川面を風が吹きます。
これは、僕の推測なのですが、クゥのお父さんが吹かせたのではないかと思います(龍を呼んだのと同じように)。
「クゥ、人間の友達ができてよかったね」という意味を込めて。そう信じたいです。
そして、クゥと康一が再び会えることを信じたいです

「父ちゃん、ごめん、俺人間の友達ができたよ」
この台詞は、映画のストーリー全体を総括しているように思えました。
お父さんを人間に殺されたクゥがそう思ってくれたことが本当に私は嬉しかったです。
2008.02.06 18:26 | URL | #TQfDrAoI [edit]
京都に住む男子大学生 says...""
私が一番感動したのは「父ちゃん、ごめん 俺人間の友達ができたよ」というシーンです。その後、風が川面を吹きます。これは僕の推測なのですが、この風はきっとクゥのお父さんが吹かせたのではないかと思います(龍を呼んだ時と同じように)。「謝ることなんか無いんだよ。 人間の友達ができてよかったね」という意味を込めて。そう信じたいです。

お父さんを人間に殺されたクゥが「人間の友達ができたよ」と言ってくれて本当に嬉しかったです。
2008.04.24 21:12 | URL | #TQfDrAoI [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://airen.blog5.fc2.com/tb.php/436-6bd48f43
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。