たらら~んとしたブログ

歌舞伎・演劇・映画などの感想やら、非日常な日常やら、たらら~んと書いてるブログ。
MENU

西遊記ワールドプレミア

00kai.jpg

↑当たった葉書。2通当てたので友達4名で参加することに

行って来たよ~
15時半~座席指定券に交換なので、14時過ぎ頃に行きました。
貰った席は、真正面のセンターブロックだったけど、後ろが撮影カメラという
最後尾!!! 私は本当に最後尾を当てるのが上手いよ(泣) スマや慎吾だと
いつも運がない。でもまあ、ドームとかに比べれば、どこでも見やすい国際
フォーラムAなので、入れただけで良しとする。贅沢は言っちゃイカン。

舞台挨拶。まずは主題歌を歌った新人歌手が1曲歌います。ステージはお金を
かけて、セット組んでた。ワールドプレミアだから、派手にってことでしょう。
そして、歌のあと御一行様+今回のヒロイン・多部未華子、監督が登場~~♪
司会進行は、CXの笠井アナです。
慎吾は、ゴクウの扮装かと思ったら、カーキ色のスーツに、キンコジ+如意棒を
持って登場。顔小さくて、超かばいい!! かばいい~~!!!
ちなみに、キンコジは純金+ダイヤ、如意棒も純金仕様で5900万円だそう
です。豪華だぜ。でも、痛そうだったよ。キンコジ。
キラキラした安っぽいキンコジが可愛い~と思ってたら、本物だった!!
コメントは「とにかくスゴイです。面白いです」ばかりだったな~~
気になる方は、ワイドショーやスポーツ新聞を見てねん。
慎吾は最高に可愛いですので!!! 超可愛いですので!!!

しかし、映画。

微妙かも…。多くは語るまい。ニセ御一行様(剛、南原、倖田、猫ひろし)の
カメオ出演の他に、三谷さんも出ております。三谷さん、超ウケた。

今回の映画は多分、「ブレイブストーリー」「ゲド戦記」的な失敗をしてます。
テーマは悟空の台詞じゃなく、エピソードで描き出すべきである。
そして、ターゲット層をどこに絞ったのかが曖昧で、見ていて気持ちが悪い。
子供が対象なら、ヒロインはもっと幼い子役の方がいい。子供が悟空と一緒に
悪い妖怪と戦って、なにかしら成長する物語に描くべきだった。
NIN×NINは、いじめられっ子(ハブんちょ)の子供が、ハットリ君と
出会い、事件に巻き込まれ、その末に自分から1人でも友達の輪に入れるよう
になる・・・その勇気をもらった映画だから感動した。ジュブナイルも子供達
がテトラと一緒に夏休みに冒険することで成長し、爽やかな感動が生まれた。
先日見た鬼太郎も、父子家庭の子供が、パパのために鬼太郎と頑張るから
感動できた。そういう大事な部分が、劇場版「西遊記」にはないのです。

御一行の友情(なまかの絆)、猿とお師匠様の師弟愛なども、まったくといって
描いてないのも、いかがなものか?
アクションやギャグ要素はあるけれど、ドラマが弱い。
私はほんとうに落ち込んでしまいました。

慎吾が可哀相だーー!!

要らないシーンが多いせいで、2時間もあるのも子供向けには長過ぎる。
このストーリーなら、1時間半に編集し直せるからしろ!!
もし、これが大人向けであるならば、恋愛要素を足して、悟空の生い立ちや、
孤独な部分をクローズアップしたような切ないエピソードを描け~~!!

あ、長く語っちゃった。

追伸:管理人、慎吾ファンにつき、慎吾さんに甘い発言ですが、正直言うと、
慎吾さんの芝居もイマイチです
あと、上から目線ですみません。まあ、感想は自由だから。これだけは言える。
こんな酷い脚本でいいなら、私でも書けます。仕事下さい!!

スポンサーサイト

該当の記事は見つかりませんでした。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://airen.blog5.fc2.com/tb.php/437-2de4a5a5
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。