たらら~んとしたブログ

歌舞伎・演劇・映画などの感想やら、非日常な日常やら、たらら~んと書いてるブログ。
MENU

誕生日に中村座Aプロ

000na1.jpg

浅草*浅草寺境内に特設された中村座。久し振りです。5年ぶりくらい?
今回は「仮名手本忠臣蔵」おふざけなしで時代物の大曲を上演中ですよ。
誕生日ということで取ったAプロでしたが、考えてみたら誕生日のお祝いが判官
の切腹(大序~四段目)って合ってないよ!

今日は桜席(幕内の上に作られてる特別席。格安な上に幕が上がる前の役者
のスタンバイや、舞台転換が見られるマニア向のお席)で観劇。
コレ正解! 忠臣蔵の大序って、歌舞伎の中でも厳かな空気があって大好きな
のですが、スタンバイ中から全出演者、精神統一じゃないけど人形化してるの。
なんかOH~!と感動したわ。普段はウロウロしてたり、雑談したりしてるのに
大序だと違うんだねー。判官:勘三郎、高師直:橋之助(初役ですが素敵だった)、
若狭之助:勘太郎、足利直義:七之助。この中では直義がいちばんエライ人です
が、気品がないとダメなお役なのにセブンが超ハマってた。元が文楽だからか、
最初は人形の体で存在してる歌舞伎役者が、義太夫+セリフ切っ掛けで人間に
なる瞬間がやっぱり面白いし、カッコイイ! 勘太郎の若狭之助がよかったで
すよ! 血気盛んな感じでねー☆ 

今回三段目、足利館裏門の場を珍しく上演してくれてるのが、Aプロの見どころ?
お軽&勘平の線を中心に見るなら、裏門の場があった方がわかりやすいと思った。
色に耽ったばかりに、主人の大事に居り合わさず・・・なところ、その嘆きと、
お軽が「私のせいだから、勘平さんが責任(自害)取るなんて言わないで、一緒
に私の田舎に逃げましょう~」の流れがわかるのです。たいていは五段目の前に
やる、「道行旅路の花聟(落人)」で説明する部分を芝居で見れる感じ。
Aプロのお軽&勘平は、七之助&勘太郎なので、Aプロのあとに、Dプロを観る
と、お軽&勘平好きは最高だと思います! はじめて観たけど裏門の場いいよ!

そして、今日は雨。平成中村座はテント小屋みたいなものなので雨音がめっちゃ
聞こえてしまいます。そんな中での「四段目・判官切腹」は雰囲気があっていい。
かなりの大雨だったので、雨音まで自然のBGMだ! 47士の涙雨みたいよ!
勘三郎の判官も素敵だったわ~。またね!素晴らしいのが仁左衛門の由良之助。
切腹にかけつけて、愛、愛、愛です 主従愛ですよ!
四段目・表門城明渡しの場で、由良之助は判官が腹を切った刀の血を舐めちゃっ
たりするのです。「大好き御主人さま、敵は必ず討ちまする」っていう感じ?
仁左さんだから上手くて泣ける。最後、判官の屋敷が没収されて、主の思い出の
詰まった屋敷をひとり去って行く由良之助。すごくよかった!

しかし、ぶっちゃけ、判官の「短気はイカンよ」って感じなので、わたしは高師直
がそんなに嫌な奴に見えないわ。だって、顔世御前に手を出したわけじゃないし。
性格悪いけどね。それより、たかだが「フナ侍」と馬鹿にされたくらいで、お家が
取り潰しになるとわかってる刃物を抜いてはいけないよ、判官。スルーしようぜ!
と思いました。お前の短気で47人の家臣がたいへんな目に遭うんだ!
七之助くんが「高師直派」って言ってたのわかる~

・・・ともあれ面白かった。中村座で忠臣蔵。意外にいいわ。お江戸気分満喫!
芝居が終わる頃には雨も上がっていて、奥山風景(屋台村みたいなの)で遊んで、
浅草寺にお参りして帰って来ました。

00na4.jpg
↑牛すじ煮込み500円。美味しかった~☆

しかし、帰宅した頃から体調不良。誕生日の半分はベッドで寝てました。

スポンサーサイト

該当の記事は見つかりませんでした。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://airen.blog5.fc2.com/tb.php/450-c7e5096f
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。