たらら~んとしたブログ

歌舞伎・演劇・映画などの感想やら、非日常な日常やら、たらら~んと書いてるブログ。
MENU

十月大歌舞伎 昼の部(追加)

【廓三番叟(くるわさんばそう】

華やかな幕開け。あっという間に終わるので、飽きなくていいです。
芝雀さんがとても綺麗+亀治郎さんの若々しさが印象に残ってます。
三番叟は、人形振りで見たのと、最近では中村屋さんの襲名行事で素踊りで見たのと……と、
幾度も見ていますが、どちらかというと奉納舞のような厳かなイメージがあったので、
廓を舞台に三番叟というのは意外で新鮮でした。

【加賀見山旧錦絵(かがみやまこきょうのにしきえ)】

(序幕・試合の場/二幕目・草履打の場)

尾上様(玉三郎)のために、剣術の立会いの場に出て、獅子奮迅とばかりに頑張る召使お初
(菊之助)。いじましくて可愛かったです。
しかし、岩藤の菊五郎さんがそれほど意地悪く見えなかったのが、物足りなかった点。
なので、せっかくの草履打の見せ場も、大奥(CXドラマ)コントを見ているような錯覚に
陥り・・・(笑)
菊五郎さんは滲み出る愛嬌というか、楽しそうなオーラがあるので、意地悪さが薄れてしまう
のかもしれません。

(三幕目・尾上部屋の場・烏啼きの場・元の尾上部屋の場)

草履で打たれたくらいで自害を決意してしまう尾上様。自尊心が高すぎるのです。
尾上=玉三郎さんはピッタリでした。もう、一人ですべてを背負ってるような大きさというか、
存在感があり、演技も本当に素晴らしかった・・・(涙)。
お初を気遣う思いやり深い尾上様にジンワリと泣けてしまいました。

(大詰・仕返しの場)

お初が岩藤の悪事を暴き、仕返しする場。大好きな尾上様の敵を見事に討つのです。
この演目が人気なのは、この場があるからな気がしました。勧善懲悪モノというか、最後が
めでたし、めでたしで終わると観客は良い気分で劇場を出られますから・・・。
意地の悪い岩藤の策略で、生き恥をかき耐え切れず命まで断つ尾上。しかし、主人思いの
お初が、とっちめてくれたらスッキリするじゃないですか!?

加賀見山は、先にも書きましたが歌舞伎版「大奥」のような感じで、丁度、CXで第三章の
「大奥」も始まったところだったので、そんな感じに楽しみました。

玉三郎さん綺麗だった・・・。(→感想はこれに尽きます)


banner_02.gif


スポンサーサイト

該当の記事は見つかりませんでした。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://airen.blog5.fc2.com/tb.php/53-d090167b
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。