たらら~んとしたブログ

歌舞伎・演劇・映画などの感想やら、非日常な日常やら、たらら~んと書いてるブログ。
MENU

勘三郎襲名*名古屋御園座*夜の部

待ってました! 中村屋さんの襲名興行「名古屋御園座*吉例顔見世」。
管理人Aは、中村屋贔屓ですので貯金を下ろして(笑)行ってきましたよ!!
ここだけの話ってわけでもないですが、私は襲名が平成十七年に行われると決まった時から、
地道に「襲名貯金」をしていたのであります。歌舞伎は幕見や三階席で見ればお手頃ですが、
一等席のチケットは高価なので、貯めておかないと急に出せる金額ではありません。
とくに襲名興行はご祝儀込みなのか、一等席が2万円もするのです。諭吉2枚ですよ!!
その上、大阪松竹座、名古屋御園座・・・と遠征するには交通費+宿泊費もかかるので、
私は前もってコツコツ貯めておいたのです。良かった、そうしておいて・・・(涙)

ともあれ、初めて行った「御園座」ですが、新しい感じの綺麗な劇場でした。
顔見世なので外(東玄関)にはまねきが27枚も上がり、なんだかまねきにある役者さん
たちのお名前を見るだけでワクワクしました。この日に観たのは「白波五人男」の通し。
久しぶりの勘三郎さんの弁天小僧です!! 好き。もう、好きすぎる!!
菊五郎さんや他の方がやる弁天小僧も好きですが、私は勘三郎さんの弁天小僧が大好き
なんです。信田小太郎と偽っている時の若衆姿、浜松屋での黒い振袖姿~赤い襦袢から
のぞく刺青の姿・・・、もういろいろテンコ盛りなのでファンにはたまらないのです!!
鼻息荒くなりますよ(笑) たぶん、江戸時代の娘さんたちも弁天小僧にはキャーキャー
しながら見ていたのだろうな~。まさに「萌え」です! 
かっこよくって、色っぽくって、可愛らしい。花形役者のための、華のあるお役ですよ。

弁天大好き!(感涙)

中村屋さんになると、かなりミーハー精神を発揮する管理人なので、ほんとうに大興奮、
終始楽しく観劇致しました。
南郷力丸の三津五郎さんもスッキリとした二枚目でかっこよく、日本駄衛門の仁左さんも
貫禄があり素敵で、たまらなかったなぁ・・・。

弁天小僧は黙阿弥さんの娯楽大作だと思っているので、しゃちほこばって観るよりも、
ややミーハーに、楽しく観劇するのが私は良いと思います。
今でいったら、堂本光一くんのSHOCK!を帝劇で観ているようなものだと思うし。
そういえば、勘三郎さんは「白波五人男は今だったらSMAPだ」みたいなことを雑誌で
語っていましたよね。江戸時代のSMAP=白波五人男。やはり、ミーハーに観てもよい
ものなのです。(※昔、SMAPも新春かくし芸大会で白波五人男をやってくれました。
が! 配役は覚えておりません。残念。)

襲名興行なので、千寿姫=七之助、浜松屋倅宗之助=勘太郎も出演。千寿姫は若くて綺麗、
宗之助は蔵前の場の「とと様~」が感動的で良かったです。

お話や芝居の感想は今回は省略します。
ただただ、楽しく観てきただけですので。一つ書くなら、「しらざあいって きかせやしょう~」
の、弁天の名場面。勘三郎さんの器用さが炸裂しておりました。あのキセルの使い方、見事
すぎます。私だったら何度も落としちゃいますよ。髪結新三の時も思いましたが、役者に器用さ
っていうのは大事ですよね。勘三郎さんはほんとうに器用です(涙)

【御園座・ご注意】
客席内飲食禁止です。歌舞伎座のように中でお弁当やお菓子が食べられないので、観劇前に
食事は済ませておいた方がベターです。


●お気に召したらポチッとどうぞ。↓

banner_02.gif


スポンサーサイト

該当の記事は見つかりませんでした。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://airen.blog5.fc2.com/tb.php/55-c863516e
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。