たらら~んとしたブログ

歌舞伎・演劇・映画などの感想やら、非日常な日常やら、たらら~んと書いてるブログ。
MENU

12人の優しい日本人 ●初日観劇感想●

「12人の優しい日本人」がいよいよ始まりました。本日初日!!
(その前にプレビュー公演もあったので、初日という感は薄れてますが・・・)

公演日程: 11月30日(水)~12月30日(金) <11/27(日)プレヴュー・オープニング>
作/演出: 三谷幸喜
出演: 浅野和之、石田ゆり子、伊藤正之、江口洋介、小日向文世、鈴木砂羽、
筒井道隆、生瀬勝久、温水洋一、堀内敬子、堀部圭亮、山寺宏一



「もし、日本にも陪審員制度があったら・・・。有罪か無罪か? 12人の陪審員たちが
繰り広げる緊迫の社会派ドラマ。」という触れ込みの、このお芝居は、東京サンシャイン
ボーイズ時代に三度上演され、今回は4度目。2005年版としてリニューアルされました。
キャストも新しくなって、時事ネタが入るので主軸となるストーリの流れは変わらないですが、
新作として楽しめます!!

私は初演~を見られずに、映画や映像でしか見ていなかったので、観劇としては今回が初!!
すごく面白かったです。キャストも良かった。

このお芝居は、陪審員たちがとある事件を「有罪」か「無罪」か話し合い、決めるというお話
の流れ自体を楽しむ以上に、「日本人らしい人間関係」を楽しむものなんだなぁと思いました。
12人それぞれ個性があって、かといって滅多にお目にかかれないエキセントリックな人たち
というわけではなく、誰にでも「身近に似たような人いるよなぁ~」と思わせる小市民たち。
皆さんも1~12号の陪審員の中に、きっと自分の近くにいるタイプの人を見つけられると
思います。もしくは、自分自身に近い人がいるかもしれない。

私がいちばん共感できたのは鈴木砂羽さんの演じた8号。陪審員になったものの、家で留守番
している子供のことが気になって携帯メールをしたり、話し合いでも流れ次第で有利な方に
うま~くのっちゃったりして、実は「早く家に帰りたい」って思っている。
落ち着きのないところも含め、自分が陪審員になったら8号タイプになるんだろうな~なんて
思いながら見ておりました。
他の陪審員たちもそれぞれに共感できるところがあり、わかる、わかるそういう風になっちゃう
時あるよね、と納得しつつ、時々笑いながら見ていました。

あまり話の内容を書くとネタバレになるので控えますが、「12人の優しい日本人」は、そう
いう日本人の典型のような12人を観察して楽しむっていうお芝居です。
そして、三谷さんはそういうどこにでもいる長所・短所のある日本人たちを優しい、あたたかい
目で見ていることに気付かされ、最後には観客も三谷さんと同じく、優しい気持ちで12人を
見ている。(→これが仕組み?) 年の瀬に見るには、良いお芝居です。心温まりました。

たぶん、観ている人は、融通がきかず、すぐに熱くなる2号(生瀬勝久)にムカムカすると
思うんですが、やっぱり最後には優しい気持ちで、「2号さんも頑張って」と見方が変わる筈。
う~ん、三谷さんは人間に優しいなぁ。しみじみ。こういう視点で身近にいる人のことを見られ
れば、世の中から争いとか、いじめとか、そういう醜いものがなくなるのに・・・と思う。

ともあれ、2時間15分ノンストップ。中だるみのない緊迫感のある、そして笑いも多い芝居
でした。

★★★★★★☆☆☆☆☆☆

役者さんのこと。

生瀬さんが良かった~。みなさん、上手い方ばかりで安心して見られるのですが、中でも
私は生瀬さんに自然に目がいっちゃいました。嫌なヤツなのに、だんだん可哀相になってくる。
あと、江口洋介さんもミステリアスな感じで良かったです。はじめて舞台の上の江口さんを
見ましたが、スタイル良くて、顔もかっこよくて、ドラマで見る以上に素敵な人だと思いました。
小日向さんも、温水さんも、石田ゆり子さんも、みんなみんな魅力的な役者さんで、本日は
12人に心から魅せられてしまいました。
いい芝居だった。いい芝居は、いい役者さんが揃ってこそいい芝居なんだな~。大満足。
DVDになるといいな~。

【これから観に行く方へ】

●休憩がないので、トイレは先に済ませておいた方がいいです。
●パンフレットは1800円。他に、ポスターなどのグッズあり。
●今月発売の「なにわバタフライDVD(三谷作品/戸田恵子一人芝居)」の会場予約あり。
会場で予約すると、送料無料、クリアファイルのオマケがついてきます。6300円。
私は昨年の「なにわバタフライ」にすごく感動したので、さっそく予約しました。
●会場で3月のPARCO歌舞伎の宣伝映像を流しています。染五郎さんが渋谷の街を走る!
カッコイイので、宣伝だけで期待が高まりました!!


●参加してるブログランキング↓

にほんブログ村 演劇ブログへ

banner_02.gif

↑お気に召したらポチッとお願いします。

スポンサーサイト
該当の記事は見つかりませんでした。

-2 Comments

みずは says..."TB&コメントありがとうございました。"
はじめまして。TBとコメントをありがとうございました。
『いい芝居は、いい役者さんが揃ってこそ…』
まさにその通りですよね(^^)
そして、脚本が面白ければ言うことナシ!という訳で。

ざっとですが、ブログを拝見しましたところ、
今年観に行ったお芝居が結構被っています。
中村屋さんご贔屓さんなのですね。
私、去年、NYまで『夏祭~』を追っかけていきました(笑)。
来年のコクーン歌舞伎も楽しみです。

今後ともよろしくお願い致します♪
2005.12.03 23:08 | URL | #AyfVEHZk [edit]
管理人A says..."こんばんは!"
12人~は面白かったですね。
なかなかチケットが取れず苦労はしましたが……。

みずはさんは、NY行かれたんですね。
羨ましいです~。私は中継で見ましたが、最後の
NYポリスが団七たちを取り囲む図は生で見たかった
です(涙)
本当に芝居の好みが似ているようなので、ブログ
の更新楽しみにしています!
よろしくお願いします。
2005.12.06 17:23 | URL | #EB29KFfw [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://airen.blog5.fc2.com/tb.php/69-9811ca9f
-
管理人の承認後に表示されます
2005.12.03 13:48
『12人の優しい日本人』 12/10夜公演
ようやく完成(爆) 『THE有頂天ホテル』完成披露試写会@六本木ヒルズと順番が前後しちゃった『12人の優しい日本人』「日本にもし、陪審員制度があったら」というテーマで、東京サンシャインボーイズ時代の1990年に三谷幸喜が「十二人の怒れる男」をパロった?オマージュ
12人の優しい日本人
発売初日に気合で奇跡的に入手したチケット・・・『12人の優しい日本人』を本日観に行ってまいりましたっっ。先行に全て外れたときは本当に諦めていたので、劇場で生でこの作品を観れ
12人の優しい日本人・トルコ料理アンカラ
昼はお芝居を見に。三谷幸喜 作.演出「12人の優しい日本人」日本に裁判における陪審員制度が、存在している事を仮定して、12人の陪審員達が評決を下すまでの、審議を描いたもの。笑ったー。宣伝ではコメディーでは無いと、公言しているのだけれど、いや・・笑えたなー。
12人の優しい日本人
駄洒落の合唱が爆笑と感動を生む ~ ストーリー ~一般市民から無作為に選ばれた12人の陪審員。名前や職業、年齢もわからない初対面同士がある事件の審議を始める。被告が有罪か無罪かを決める結論は全員の意見が一致したうえで出すという条件のもと、
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。