たらら~んとしたブログ

歌舞伎・演劇・映画などの感想やら、非日常な日常やら、たらら~んと書いてるブログ。
MENU

三月大歌舞伎/昼の部

本日の歌舞伎座。

相変わらず賑々しい中村屋さんの襲名興行。
売店で、勘三郎さんの声が聞けるプロマイドが新たに発売されてました。
前回はありませんでした。

口上ですが、左團次さんがまた弾けておりました。勘九郎さん時代に、前後ろに座って
演じていたときに、オナラしちゃって・・・っていう面白トーク。
「のりちゃん、ごめんね」と言ったら、笑いを堪えるのが必死だったという勘九郎さん。
そんな挨拶のみですよ、左團次さん(笑)
玉三郎さんは、昔は一生勘九郎でいると言ってたのに・・・というお話。9から6つも数が
減ってとからかったら、「でも、同じ○三郎になるじゃない」と返してくれたという・・・。
なんだか仲良しなお二人で微笑ましかったです。
初日と違い、新・勘三郎さんもリラックスしていまして、途中笑いを堪えてウフウフして
おりました。楽しい口上でした。

昼の部、いちばんの出色は「俊寛」かもしれません。
幸四郎さんスゴイな~。秀太郎さんや、東蔵さんも良かったです。
近松芝居は好きじゃないですが、感動的な俊寛でした。前後の人は泣いてましたよ……。

一條大蔵は、勘三郎さんが公家に見えてこないのが寂しいです。
愛嬌がありすぎるのかも知れません。
そのかわり、作り阿呆のところは、とてもチャーミングで良いです。
大蔵卿、難しいですね~。前回観たのは猿之助さんの大蔵卿なんですが、同じ勘三郎型の
大蔵卿でやっていて、とても良かったんです。(体調は悪そうでしたが)
私はあまり歌舞伎通ではないので、己の感性のみで観劇していますが、勘三郎さんの
大蔵卿はまたもう一度挑戦してもらいたいです。
簾が上がって、正気の公家として出てくる場面で、もっとうわ~ってゾクゾクできるような
大蔵卿が観てみたいのです。今回はスイッチの差がイマイチはっきりせずに、そのせいで
面白さが少々減っているような気がしました。(偉そうですみません……)

しかし、この一條大蔵譚、雀右衛門さんの常盤御前が素晴らしいです!!
姫様です。やっぱり、姫をやらせるなら雀右衛門さんが一番イイ!
あと、大蔵卿に仕えている鳴瀬の小山三さん、夫の悪事に自害するところが良かったな~。
もう一つ足すと、鬼次郎の仁左さん。常盤御前の心変わりや不貞を疑って姫様を弓で殴って
しまうのですが、姫様の弓遊び(稽古)は、平家を滅ぼすためのものとわかる弓の的が
落ちる場面、あそこがすごく良かった!!(→大興奮)

今月歌舞伎座、勘三郎さんで言うと、夜の部の盛綱陣屋が一番良いかもしれません。
また終わりごろにもう一度観るので楽しみにしています。


banner_02.gif



スポンサーサイト

該当の記事は見つかりませんでした。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://airen.blog5.fc2.com/tb.php/7-a0e24aa8
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。