たらら~んとしたブログ

歌舞伎・演劇・映画などの感想やら、非日常な日常やら、たらら~んと書いてるブログ。
MENU

十二月大歌舞伎~昼の部~

12月10日に観劇してきました。

【弁慶上使(べんけいじょうし)】

また弁慶! 今年は義経+弁慶関連の歌舞伎をたくさん見すぎて食傷気味です。
このお話は、平家出身である卿の君の首を討てと命じられた弁慶が、その身替りに自分の
実の娘を殺して差し出すというモノ。あの弁慶が大泣きしたことがあるのはこの時くらい
でっていう・・・。「弁慶の唯一つの恋」。そして、昔、相手が弁慶とは知らず一夜を共に
して子を身ごもった おわさ の一途な恋心と、我が子への情愛を描いています。
しかし、やっぱり歌舞伎。わけがわからないところも。
弁慶に刺されて瀕死の娘が脇で苦しんでいるというのに、その弁慶こそが長い間忘れられず
にいた一夜の恋人と知った おわさ は、その当時の若い娘気分になって、その頃の思い出
をウキウキ、しっとりと語り始める。なんで?
娘の首が欲しい……と言われた時は、悲嘆にくれ我を忘れるほど反対したのに、昔の男が
そんなに大事か! 娘、瀕死なのに。途中で、はっと気付いて泣きくれるのですが、
え~っていう感じがしました。歌舞伎ってとんでもない。そこが良いのですがね・・・。

弁慶は橋之助。おわさは福助。おわさの娘・腰元しのぶに坂東新悟。
橋之助さんの弁慶は立派でした。体格がよくなったってのも+αの効果を上げていましたが、
動きの一つ一つに大きさが出ていました。
福助さんは夜の部と同じく、子を思う母の情がひしひし伝わってくる良いお芝居をしていた
のですが、動きすぎるところも。義太夫狂言のどっちりした世界では、あまり動きがすぎる
と、軽くなってしまう気がしました。難しいなぁ。
坂東新悟くんは、以前見た平成中村座「文七元結のお久」の時と比べて、声が出るように
なっていてよかったなぁと思いました。お久の時は、変声期で辛そうで可哀相だったので。
余談ですが、弁慶上使の弁慶は、登場の時、鬘の毬栗のような部分(後ろ頭)に烏帽子を
被って出てくるのですが、あれがなんとも可笑しくて、歌舞伎の鬘って変・・・と思いました。

【猩々(しょうじょう)・三社祭】

中村屋の勘太郎・七之助兄弟による踊り2本立て! 良かった!!
「猩々」は酒売りが感謝の気持ちで捧げた酒樽のお酒を、二匹の猩々が飲みにくる。お酒が
大好きな猩々は、嬉々としてそれを飲み、舞い踊る。・・・若いご兄弟で踊ると、ほんとう
に可愛らしい。猩々は中国の伝説の赤い顔をした動物で、お酒が大好物。いわゆる聖獣か
妖怪かっていう存在です。水中に生息。(能では潯陽の海中となってます)なので、水中から
出てきたということを表すために、赤い長毛の鬘をプルプルと振って、水気を払うのを見せる
動きがあるのですが、ケモノっぽくて可愛い。お酒を前にニコニコしちゃうのも可愛い。
ニコニコしてるのは猩々兄(勘太郎)だけですが・・・。
踊りも立派でしたよ! とくに勘太郎がしっかりと、余裕を見せて踊っていました。
襲名興行、納涼歌舞伎といろんな舞台をつとめ、ここのところ成長が目覚ましいです。
七之助は、いっぱいいっぱいな感もありましたが、真剣そのもの。兄・勘太郎に合わせて
頑張っていました。感動しました。
「三社祭」はとにかく元気溌剌。若いって素晴らしい。勢いのある踊りでした。スピーディー
なので、あっという間に終わっちゃった感じで、もっと長く見ていたかった!!
兄弟なので息がピッタリなのも微笑ましかったです。
「三社祭」は衣装が、茶色い半天のようなものなので、丈が短く太腿がバッチリ拝見できる
のですが、勘太郎の太腿の立派なこと! 太いってことではなく、踊り込んで出来上がった足
です。登場は後ろ姿なんですが、足の太さでご兄弟の区別がすぐにつきました(笑)
悪玉=勘太郎、善玉=七之助。

【盲目物語】

※これについては、単独でのちほどUPします。すごい良かった! 泣きました!!

・・・十二月大歌舞伎。個人的に今月は昼の部の方が好きです。

banner_02.gif

にほんブログ村 演劇ブログへ

↑ブログ検索はこちらから。

スポンサーサイト

該当の記事は見つかりませんでした。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://airen.blog5.fc2.com/tb.php/83-09dc30ac
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。