たらら~んとしたブログ

歌舞伎・演劇・映画などの感想やら、非日常な日常やら、たらら~んと書いてるブログ。
MENU

「THE有頂天ホテル」試写会感想

三谷幸喜さん作・監督作品「THE有頂天ホテル」を21日、試写会で観て来ました!
会場は、霞ヶ関イイノホール。→見やすい客席で良い会場でした。

【内容】

ホテルの威信がかかったカウントダウンパーティーまで、あと2時間。
訳あり客たちなどが次から次へと巻き起こす珍ハプニングに、右往左往するホテルの従業員
たち。はたして、無事にパーティーは開催できるのか? ……というと、ちょっと違います
が、パーティーまでの2時間を畳み掛けるような小ネタ満載で、笑わせ続けてくれる三谷流
シチュエーションコメディーの最高傑作!(→※映画作品内)

【感想】

面白かった!!
2時間10分と、コメディーにしては長丁場の邦画でしたが、延々と笑えて楽しく、飽きない
良質の作品でした。とにかく面白いので、これは観に行くべし! 期待を裏切らない作品だと
思います。観終わった後も爽快というか、いい気分。エンディングロールの後には、思わず
拍手したくなっちゃいました。

登場人物は三谷さんらしく、皆いろいろ抱えていて、悩んだり、うろたえたり、落ち込んだり
している困ったちゃんたちなのですが、悪い人間は一人もいない。愛すべき人たち。
そんな彼らが、ホテルAVANTIという空間に共に滞在し、いろんな偶然の出来事に遭う。
そして、それぞれがふたたび愛や希望を取り戻すという大団円な結末。
観終わった後に思い出したのは、フランク・キャプラ監督の名作「「素晴らしき哉、人生! 
(原題:It's a wonderful life)」でした。こちらは大晦日ではなく、クリスマスの日のお話
ですが、昔、この映画を観てとても感動した、あの時の感動が蘇ったのであります。
最後に「HAPPY NEW YEAR!」とみんなで浮かれ騒ぐ光景は、「素晴らしき哉、
人生」における「蛍の光」の大合唱に匹敵するくらいの良さがあった。
わかりにくい表現ですが、和製フランク・キャプラ映画と言ったら、三谷さんは恐縮しながら
喜んでくれると、私は勝手に思っております(笑)。

日本映画で、こういう温かく、観た後に前向きになれて、笑える映画ってあまりないと思う
ので、今回の三谷映画は絶賛されていいと思います。みんな、誉めて、誉めて、誉めまくって
あのおじさんを有頂天にさせてあげてください。タイトルの「THE有頂天ホテル」という
のは、そういう狙いじゃないかと? 違うってのはわかっていますが・・・(笑)。
いや、本当、「ラジオの時間」「みんなのいえ」と三谷さんが本を書き、監督までした映画
は過去にもありますが、今回がいちばん面白いです! すごいよ! そして、ありがとう。

観た後に「明日からも頑張って生きていこう」的な気持ちになれる。しかも、説教臭くない
ので、私を含む駄目人間だと自分のことを思っている人たちには、とくにお勧めです。

登場人物というか、役者さんですが、どの人も良いので感想を書くには3日連続で長文をUP
しなきゃイカンって感じなのですが、とくに良かったのは佐藤浩市さん! カッコイイ!
そして今回は可愛らしいところもあって、たまりません。悪い議員の筈なのに、本当は「日本
を変えたい」と思っちゃっていたり、小度胸だったり。
あと、出番は少ないですが、筆耕係のオダギリジョー。妙なヅラがおかしいよ。キャラもおか
しいですが。普段は小さな文字しか書いてないから、大きな文字がなかなか書けない。地味
なのに美味しい役でした。慎吾ちゃんも良かったです! 合言葉は勇気で演じた役と似てます
が、シンガーソングライターになりたいと夢を見つつも、もう28歳。そろそろ地に足をつけ
て頑張らないと…といったベルボーイ青年(アルバイト)。慎吾ちゃんが演じた憲二が路上
LIVEでいつも身に着けていた小物の「小物回し」は、この映画のポイントになっています。
要注目。コールガールの篠原涼子さんもチャーミングだったなぁ。不幸な歌手のYOUさんも
最後ですごく美味しいところを持って行き・・・、本当、書き出したら切りがないです。
みんなそれぞれ個性的で、愛すべき人物なので、皆さんもきっと誰かに肩入れしてしまう筈!

すごい大勢の豪華キャストでしたが、無駄な人物がいないのもこの映画の良いところかな?
大河「新選組!」の時も思いましたが、どんなに小さな役であっても、三谷さんの愛がたくさん
詰まっています。だから、2時間後には全出演者の人生がピカピカと光り始める。

だんだん、なにを書いているのかわからなくなりましたが、素晴らしき哉、人生!、生きてる
だけでまるもうけ、やっぱり、生きていなきゃ駄目!! っていう気持ちになった素敵な映画
でございました。この映画が年末公開ではなく、来年14日から公開というのが残念でならない
ですよ。これは大晦日に友達と観て、映画のLASTに合わせて「HAPPY NEW YEAR」
と乾杯したい。う~ん、そういうところも、「素晴らしき哉、人生!」と一緒だなー。

●オマケ●

クリスマスの日に観る映画として、本日、話題に出した「素晴らしき哉、人生!」は本当に
お薦めです。観れば自然と大切な人に「メリークリスマス」と言いたくなると思うので!
主人公を演じるジェームズ・スチュワートの演技も最高です! 泣けます。
00s.jpg

詳細はこちら→「素晴らしき哉、人生!」

banner_02.gif

にほんブログ村 演劇ブログへ

↑ブログ検索はこちらから。

スポンサーサイト

該当の記事は見つかりませんでした。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://airen.blog5.fc2.com/tb.php/93-02e6968d
THE有頂天ホテル面白いよっ☆
今日は「THE有頂天ホテル」を見ました。想像以上におもしろかったです見てよかったぁ~。見終わってフツーに拍手しそうになりました。(まわりがねぇ・・・。)うちの父も拍手しそうになったってあんなに豪華な出演者で大人数なんだけど一人一人が光ってるし...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。